弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

口内炎未経験、相当痛いらしい

蜜柑食べてたら、舌噛みました。……そう、ガリって……いって……痛いんです……。

今日は調理実習なるもんがありました。
作るものは、お雑煮。お正月なんて貴重な行事は、受験勉強の波に流され、日本海溝の底で深海魚とお友達になってます。
今ごろか。

時間がなんと給食の直後という、あんまし適さない時間帯。しかも、その次が英語だ。睡眠タイムですか。
調理室なんて、高校入ったら立ち入らないつもりなので、実質今日が最後だったのかもねー、と今更ながら思います。
雑煮といえば、餅。それと他の具。
まな板を召還して、包丁でネギを適当に切って(俺に任せたら、本当に適当になった。後悔はしていない)、にんじん大根を投入して、時間を置いて蒟蒻投入して、最後にネギを投入。その最中に餅を焼く。予め出汁が用意してあるんだから、二十分で終わるわな……って
なんで大根が白いんだ? 煮込んでるのに。
「えー! 下ごしらえしてくるの!?」
と、喚きはじめる大根担当。俺、ネギで本当に良かったと思ってる。頭巾は借物だが。確かに、下ごしらえ無しで二十分は無理だ。
「大丈夫か食ってみろ」
といわれて、渋々鍋から大根を摘出して、口に放り込むそいつ。
熱そうにじたばたしてから、飲み込んで「あー、全然大丈夫だよっ」と意味の分からんグッジョブ。
「信用できねぇwww」
と、もう一つ大根を摘出して、口に放り込むもう一人の男班員。
「全然、生じゃねえかww」
「えぇーうそぉ!どうかしてるよ!」
どっちがどうかしてるんだか。と、首を竦める俺に、生派の彼が俺に菜ばしを突きつけて、「最後にお前だ!」とかなんとか。
えぇ……いつかも話したとおり、僕ですねぇ……猫舌なんですよ。ちょっと、この時間帯、しかも冷却水が無い今、そんな危ない橋──それこそシロアリだらけで足の踏み場も無いつり橋を渡るようなもので……
「おらぁ、手ぇ出せぇっ!」
問答無用。仕方ねえな、と手を突き出すと、高温の澱粉の塊(違)が掌に!
どうにかなるさ! と脳内でグッジョブしてる誰かさんを信じて、その白い物質を口に投入、その後さっさと飲み込んでしまおうと噛み砕き……
固ぁぁあああっ!
しかもわたくし、鬼畜非ベジタリアン。野菜を単独で口腔に長時間潜ませておくなど、裸身を駅のホームに呈すようなものなのです。
襲いくる熱波と口の中に広がる意味の分からん(ママチャリに自動車のエンジン取り付ける意味不さに匹敵する)味に目を白黒させ、かつて体験したことの無い顎の動きに身を任せ、粉砕したと思ったら、そのまま華麗なる舌技で食堂に押し込む!
「どう?」「……ばっきゃろ……もろ生煮えじゃねえか……」「うっそーん!」
一番最後のセリフ言った奴、フルボッコにしていおいた。ざまぁ。

ま、色々といざこざはあったけど、美味しく頂きましたとさ。

笑うわ

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ

スポンサーサイト
  1. 2009/01/30(金) 22:26:31|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

えぇー、こちらがラグナロクです。本番も忘れないようご注意を

高く、跳んで、空を掴んで、脚を振り、風を浴びて、青い靄を視界に捉える。
そんな快楽も刹那。重力に五臓六腑を支配され、心の色を具現した光の屈折も手から離れていく。
落ちて、落ちて、落ちて、落ちて…………。
──人思いににそろそろ地面についてもいいと思うよ?
きっと、後悔するまで落ちつづける、哀れな甲殻類。日本海溝の底まで行くと、マントルはすぐそこです。
毎日が黒歴史、霞弐です。

ぬわんと。
北辰なるみょうちくりんな金稼ぎとも揶揄できる試験が行われ、それを基に私立高校が確約等といった剣を賜与してくれるのは、埼玉だけらしい。公立の数学が難しいだけに、滑り止めに関しては最高の武器屋さんです……なんとも、いい場所に生まれたものだ。
しかも、四十点満点だから、過去問解いた時、丸つけ及び採点が楽だという……。
ちょっと、そこの来年受験控えてるキミ、埼玉に引っ越してこないか?

前期試験の倍率が出ました。
いやー、何処も高いね……。ほら、あの『日本で一番駅から近い高校(X先輩曰く)』なんて、五倍とか行ってるじゃん……五人に一人だぜ!
そんでも、小生が受ける高校は、さして高くもないので、今結構真面目に前期合格狙ってます。だって、そっちの方が楽なんだもーん。
とはいっても、既に一週間切っているので、結構マズイんじゃね? いいえ、ケフ(ry
そーでもないんですねー。ぶっちゃけ、作文できれば半割越します。……?
面接ももちろん、評価の一環にあります。
そんで、他の項目(将来の夢以外)は結構テンポ良く埋まったんですが……最近読んだ本に苦戦している……。
なんかラノベって感想言いにくいね。なんとなく思ったけど。何回も読めば、深いとこにある真意みたいなのに気づけるのかも知れんけど。

朝型になろうとして、見事に失敗して二度寝の虜となった屍がお送りいたしましたとさ。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ

  1. 2009/01/29(木) 18:46:18|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんだこの縦書きアラビア語は、下から読むのか?

いいえ、それは僕の絵です。穴あけパンチです。

──塾でここんとこ忙しいのに、そんでもって公立受験までに一本書き上げなきゃならんのに、早く寝ろだと……!? 手榴弾二つで米軍基地を乗っ取れと? 気違いだ。無謀だ。
どーいうことか、心の負担が三割増。ちょっと自分に試練を課せ過ぎたかも知れん。

さーて、さてまぁ。今日は理科社会と、熟睡のためにあるような時間が二時間も続いていたモンですから、結構疲れてます。ハハ……。
その時間を使って、誰かさんは長門書いてるし(しかもめっちゃ上手いのね)、誰かさんはうろ覚えでモナリザ書いてるし(どう考えてもこれは違うだろう)、前の奴はオリジナリティの高すぎる人間書いてるし。なんだあの児童向けの絵は。
それらを見ていると、どうにも自分に自信がなくなってくる。……というか、俺の周囲に絵が上手い奴が多すぎるんじゃい。なきたくなってくるよ、俺は。棒人間でさえ満足に書けないんだぞ……俺は。
そういう時間が目まぐるしく過ぎていく環境では、やっぱり即効性のあるイラストっていうのは、やっぱり需要が高いんだね。こんな辛気臭い辛辣な文字の羅列しかかけないような輩は、学校には要らんのね、分かってるよ、それくらい。
これでも昔は絵を書くのが好きだったんよ。カービィの四コマとか書いてたし。
こーれがまた可愛いの。足地面についてないし、目は黒く塗り潰しただけだし、わどるでぃはどう見ても目玉オヤ●だし……ま、今は埋立地になってるだろうけどね。
ただ、この年代になってくると、そんなんじゃ駄目なんだよ。
美術の作品を主に戻す作業を手伝わされたことがあるんだが、なんかめっちゃ上手い奴居るし、「え……これ、普通に通用する……」ってのもあったし。
それに比べて、俺のは手が異様に長くて脚が異常に細いクレイジーボーイ。美麗を通り越して気持ち悪い。怖い。やだ。
はぁ……というわけで、鬱なんですよ。結構長門が強烈で惨めな傷跡を残したのかもしれんが……。

とはいっても、別に絵が上手くなりたい! と羨望しているわけではないんだな、これが。
冒頭にも記したとおり、最近忙しいんだこれが。今日は十時に寝て朝型になろうと思ってるんだが。
やっぱり、二次元として新しい世界を構築できるイラストレーションってスキルはすごいと思うよ、うん。脳内に存在する虚像を具現できるんだもの。三次元は哀れにも限界が存在するけど、縦横の因果に縛られた二次元は無限に縦横の長さが存在するんだからね。まさに無限大な夢ですね。その後の何も無い世の中は、四次元のことですか……。懐疑するつもりはありませんがね。
でも、こうして小説として樹立させたこれらの文字の羅列はあくまで読者と作者の脳内にしか住まわないのですよ。これが昨今の懊悩でありまして。
……何が言いたいのか分からなくなってきたぞ、大丈夫か屍ぇ……。

というわけで、文字全ての具現化する漫画家という仕事は崇拝の域に達する職業です。すごい技術を要するというのに、その代償が凄まじいという、なんとも因果な職業。
そー考えると、自分の歩んでるこの道の安寧さに理不尽さを感じます。
もっと灼熱してもいいんじゃない? とね。
何のためにこうしてやってんだか知らんけど、少なくとも自分のため。所詮果てには滅亡しかないんだから、煩悩に左右されて人生を棒に振るようなことは嫌なんですよ。だからこうして、指針を立てて至極単純な将来設計をしてるんです。
何がいいたいか? ですねぇ。
まぁ、単純に言えば、応援してくれってことですねー(笑) なんという身勝手利己的自己中心的な主張(笑)
まー、活字で人の涙腺を破壊できるだけの攻撃力があるかが問題ですけどね。今は無くともこれから培っていければ……なんて、またまた楽観的。

超上から目線ですがね。やっぱり、上は見るべきですね。人間は欲求に赴かれるがままに生きていく哀れなマリオネットですから。したくないことして悔恨を懐いたまま地震が来て、タンスでドーン! なんて死んでも死にきれませんよ。霊魂となってこの世にとどまって靴に憑依して使用者にドジっ子のレッテルを貼り付けてやる……!

何故かイラストレーションの話からここまで逸れました\(^o^)/
まー、確かに挿絵をつけてくれる人を求めていないというと嘘にはなりますよ。
それでも脳内だけでの繁栄であるならば、それもまた華である、と解釈します。
とやまぁ、授業中に独自の妄想を作り上げて過ごすのも、別に悪くはないと思いますよ。気持ち悪いですけどね^^

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/27(火) 21:58:33|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大豆が原料とされていて、健康によろしいとの定評があるSOYJOYですが、今日なんとなく食べてみました。いや、薬局行った時、レジの横で売れなさそうに山積みにされてたから、つい……。
スナックかと思ったら、パイみたいな感じでしたねー。……確かに、美味いとはいえませんでしたが。なんというか、湿ったパイの実のチョコが大豆になったみたいな……そんな感じ。
SOYJOYといやぁ、彷彿されるのは家庭科のテスト。
大豆の製品を三つ挙げなさい、という問題で、醤油、味噌、と簡単に二つ出たんですが、もう一つがどうしても出てこない……! 
仕方ない、SOYJOYでいいや、と思って書いてみたら、見事に×を喰らったという伝説。

さて、今日は私立の結果が届きました。速達で。
家に帰ったら即、ほれ、と渡されて、ちょっとしたドキドキ感を味わえたら……なんてワクワクしつつその封筒を受け取って開こうとしたら……あれ、もう開いてる。親に先に見られてたらしい。
結果は合格でした。ご、ご、合格。
滑り止めですから……ね。本命より偏差値高いけど、何故か。
まぁ、これで高校浪人はありえなくなったので、僥倖だったとハイテンションになった次第でございますよ。というか、落ちてたら、多分今ここにいない。

……そろそろお年玉の残りが心細くなってきたので、ちょいと自重タイム入らないとなぁ。
SOYJOYボリュームの割には高かった(・ω・`)
受験後に大放出したら、一気に無くなるかも知れんな。あぁー、お金って怖いなー。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/26(月) 21:10:54|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとしたリニゅ告知

僕さー、思うんだ。
このブログのカテゴリをさ。小説から日記にしちゃっても良いんじゃないかなーって。
もう最近じゃ、専ら日記になってきてるし、肝心の小説は思うように捗らないし。
折角「小説家になろう!」さんという、公開の場があるんなら、そこに全部UPしてこっからリンク張って、そっちに小説を掲載してこっちはその作者の愚痴零れ話、とかそういう感じで良いように思えてきちゃってるんだ。なんというか、双方に載せてたらどっちかの存在意義が無いような気がして……、
そんでもって、存在意義が重なるなら小さいほうが消えるのが必然ってなわけで、その役割を分担させようかなー、と、ね。今日電車に揺られながら思ったわけ。

はい、そういうわけで、公立受験が終わったら、そういう方向でいきたいと思います。
このブログは日記!小説は「小説家になろう!」さんで。餅は餅屋、武器は武器屋です。
一応、そんだけじゃこのブログはただの意味の無い言葉の羅列になっちまうんで、短編は定期的に載せたいと思ってます。
ついでに、小説の方のランキングの行き先は「弐つの屍兎」ということにしてみる。統合して、という意味合いで。……卑怯かな。
まぁ、そちらのほうがこちらの士気もあがりますし、多くの人に小説を露見できそうなんで、そういうことで……。
ちなみに、公立受験が終わるのは二月二十七日。
こんな時期に指定したのは、「小説家になろう!」さんに暴風雨のUPが完了していないからであり、それを一定間隔でUPしつつ、またアサルトアームズの完結ができる範疇で、という指定なので、その頃が適任、というわけであります。

というわけで、ちょっとしたリニューアルですね^^
まぁ、機能的にはほとんど変わらないと思います。更新したら、告知するくらいでしょうか?
とりあえず、三月までに、アサルトアームズを完結させなければ……加速させないと。

ちなみに、文始めの見苦しいモンは、只今執筆中の新人賞投稿予定のヒロインの口調を擬似させてみたもの。
……あくまで、霞弐の本来の姿だとか、イメチェンしたんだ、とかそんな野暮なことは考えん様に。

それじゃっ。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/25(日) 23:28:08|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【お前ら】2000HIT御礼短編小説 休日模擬診療<前編>【待たせたな!】

にほんブログ村 小説ブログへ
応援(クリック)お願いします!><

置き逃げ。
↓ ↓ ↓
[【お前ら】2000HIT御礼短編小説 休日模擬診療<前編>【待たせたな!】]の続きを読む
  1. 2009/01/25(日) 22:06:02|
  2. 明日は明日で暴風雨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A:トムはいますか?

全国的に、兵庫県の作家の比率がぶっちりぎらしい。
考えてみると、ちょいとばかし頷けるような気がする。だって、谷川大先生だって兵庫出身。ハルヒの舞台は兵庫県らしいし……? 北高といい東中といい憂鬱といい、どうしてもこう、名前に頓着しないんだろー、なんて友人が会話しているのを耳にするが、なんというか、アレだ。ハルヒなんて名前そうそう出てこないと思うよ。キョンにしろ、みくるにしろいつきにしろ。妹はアレがいいらしい。分からん。

こんばんは。
今日は宣告した通り、滑り止めっぽい私立の試験日でした。
国語数学英語の三教科。数学を最後に回してくるとはタチの悪い。
ちなみに、今月の第二日曜に開催された学力水準試験最終章の結果が返されてきたんですが、理科が限界突破しました。偏差値71だと……!
おまけに数学が国語に勝っちゃったもんだから(作文-1された)、「やっぱ、どう考えても理数でしょ……」と親に揶揄されたんですが(・ω・`)
ま、志望校90%だから良いんだけどね。前期で受かりたいけど、無理でしょうね。万が一、前期で受かったら、トゥークした塾の時間が勿体無さそうなので、小説の案を練る時間にさせてもらおうと思います。──厭味と思われたらやだな……、俺の戦いの舞台は高校受験じゃないのに……。
さてまぁまぁ、話が随分と逸れましたが、とにかく、あったんです。バスは阿鼻叫喚でしたが、こちらは優先席に座って単語帳のチェックです。酔ったけど。
開始時間の三十分前について、教室に赴いてやると、まぁ、中学校にも負けず劣らずの机椅子が。
指定されたところに座って、周囲を見渡すと、なんか単語帳やら過去問やらを広げて見てる人が多いわけでわい。まぁ、突っ伏していびきかいてるのもいたけど。
単語帳は友人のもの。過去問は残念ながら買ってない。
というわけで、読書開始。
ちなみに、昨日は私立試験集中日ということで、授業はなしでALL自習だったんですけど、その四分の三をずっと読書に充ててました。「自分の勉強」といわれたもんだから、あぁ、自分の勉強。Yes, it's my studying! というわけで、最前列で先生のレーズン入りの白い視線をべたべたに浴びながら読書に没してたわけでありますが。
試験開始までずっと読んでいたわけですが、別に余裕だとか、小指をひねればこんなところ……なんて超人的な思考の陰謀によってそんな行動に走ったわけではないことを黙認していただきたい。
国語は小論文と随筆? だったかな。 漢字が随分と手ぬるかったけど……?
英語は長文が三つだと。聞いてないぞ。終わらんかったよ……orz
数学はいいや。別に。知らん。
あー、そうそう。長無駄知識ですが、無量大数よりも大きな数が存在するらしい。
不可説不可説転といって、10の37218383881977644441306597687849648128乗の数字らしい。
──おいこら、誰だそんなの見つけた暇人は。
試験が終わったら、友人に連れ添ってDVDショップを見に……。
カラオケで他の人が歌ってるのに匹敵するほど、他の人の買い物を見るのはつまらないのは仕様ですね……俺もしょっちゅう急かされてたりする。「めっちゃかかるよ?」って了解は取ってあるのに、「んじゃ、俺が選ぶ」とか最終的に言いやがる。あ、ごめん、それ持ってるよ。

さて、問題なのは帰ってきてから。
もぅ、やばいのなんのって、やる気がでない。軽く鬱に入りかけてた。
ただもう、溜飲が喉で駐屯地を作ってくるような不快感が全身を奔流していてですね、取るもの手につかず、ただひたすらに「FPSやりてえええええ……」と呻いてました。なんかの病気か?
「化石PCでも稼動」と定評のあるらしいハーフライフをググって見たら、ゲーセンのアーケード物だったり、ハンゲでチョコットでもやるかと思ったら、ログインできないし。寝ようにも布団がない。持ってるゲームは全部飽きた。お気に入りにも大したものは入っていない。
なんだこの泥沼は。
とりあえず、実況プレイ動画を見ていたんですが、更にどうしようもなく斬新なゲームがやりたくなってきて、こりゃマズイと布団がないのは無視して硬い床に倒れ仮眠をとったところ、これが冷えるのなんのって……。ストーブはありますが、ハロゲンヒーターで融通が利かないときた。マイッタナコリャ。
というわけで、仮眠も一時間強で終了。
飯喰って風呂入ったら正常値まで回復したので、こうして記事を書いてるんですが。
こりゃ、公立後期の直後は、ヤバイだろうね。

今日はここまで。明日からは公立まで一直線だぜ、いやっほぅ!


応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/23(金) 21:17:09|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日が作戦決行日だ。最善を尽くして

登録していた小説ランキングサイトで、アサルトアームズが総合八位になってました。
な、なんとも怠惰期があったというのに、なんでこんなに……? と、訝る今日この頃。
きっと、受験勉強に気疲れして、その影響で見た幻覚だと思います。塾教師さんにも「やつれた」とか言われましたし。あー、四時間半は疲れたなー。

さて、どーしたもこーしたも、泣こうが喚こうが日本が分断されようがバイオハザードが発生しようがオッサンが妄想が具現された世界に迷い込もうが存在しない技術が蔓延していようが核兵器が実用段階に入ろうが小柄なタイガーが世界のどっかで暴れようがどっかの閉鎖空間で神人が暴れていようが、明日は私立入学試験です。
まぁ、確約はエクスカリバーと謳われるほど、確約の効目はばっちしなので、多分落ちるということはないでしょう。最悪スライド。
というわけで、今日は安心して床につくとします。ねむねむ。

二十五日に、褒美として映画見に行きます。はは、なんでしょーねー。
睡眠よりも007が大好き、という友人につれそって、慰めの報酬を見に行きます。前売り券とっといてくれい、とかいわれたけど、とってねえや。ま、当日早目に行けばいいでしょ。
無論、コクーンのMOVIXに見に行きます。どこかのポケモンの縛りプレイの動画で、コクーンに「しんとしん」って名前を与えていたのは、コクーンをかけていたのか……orz と今気がついた。
実際のところ、コクーンに内臓されている本屋が目当てだったり。あそこが一番近い本屋で最大級の規模をもってます。
オオカミは懐かない4が発売されてそろそろ二ヶ月。いまだに最寄の本屋に並ばず、さっさと手に入れたいと思っていましたが……これはいいご褒美。お年玉が火を噴くぜ。

腹痛い。あ、Fc2の方にAA(アサルトアームズってこうなる。突撃腕! 突撃銃!)UPしてねえや……。結構、受験サボっているように見えますが、意外と暇じゃない……。

まぁ、いいや、そんでは。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/22(木) 21:31:28|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

part of Rainstorm !Attention!

ネタバレあるけど、多分気づかないでしょう(・ω・`)
ぶっちゃけ、アレを全部読む人は相当の猛者だと思う。

 あれからちょいとばかし経ったある梅雨に入りかけた、六月の初頭。
 梅雨前線が日本周辺にテントを張りに来ているようで、ここんとこ毎日じめじめとしていやがる。小学生の頃は、単にプールに入れないから嫌いだったという、可愛い理由で梅雨が嫌いだったが、昨今の俺の事情は高度経済成長を凌駕する程の急激な変貌を遂げたがゆえ、そんな単純な理由でこの時期を嫌悪しているわけではない。
 四月から同居人が二人増えたことが目下の理由だ。
 まず一人がご存知、俺の実姉である美里なのだが、 あの日以来、電気の通った+極と-極の端子が突っ込まれた水に塩を溶かしたかの様に、美里はハイテンションになった。
 そしてもう一人が非常に問題。某国際組織が知ったら、TK温暖化そっちのけで議論してくれると嬉しい問題である。──あくまで希望だが。
 ちなみに、あの呑んだくれにしか見えない親父ではない。親父は相変わらず犬小屋が巨大化したような質素な工場で賃貸業をして暮らしている。あんなのでも、仮にでもオーナーであり、汚れた足を突き出せばすぐさまカビキラーでぴっかぴかにしてくれる暇人がいるほどの地位に立っているのである。
 話が逸れた。
 俺的には、お茶っ葉をくれてやるのも勿体無いくらい馬鹿らしい茶番劇に終焉が見えて、ようやく平穏──にアレグロが追加された日々が待っている、と安堵していたところだった。


続編になるか、短編になるか(・ω・`)
こんばんは。昨日といい、今日といい、学校から帰ってすぐに塾行っての、比較的鬼畜と言い表されても「あ、う…………ん……」としか言い返せないような忙しさです。帰ってきたのは一時間前。
気が付いたら、2000HIT突破していたわけで、あー、短編書かねぇーとなぁー、とかと思いつつ、塾や師匠さんの熱血比喩講座の授業料の返済に追われ、脳内にとどまる小さな虚構を具現化するだけにとどまってしまいました。
うーん、これをこのまま長編にも短編にも発展させることができる。短編前提なんだけど、まぁ、ぬこは欲しいから^^

ちなみに、うちの近藤の投げやり度は、作者が意識しだしたので、ニ割増(従来比)になるでしょう。
親父? あぁ、呑んだ暮れ……誰だっけ?

──とりあえず、多忙だったわけで、こういう『宣伝』っぽくなっちまったわけですが、まぁ、とりゃあぁえず置いとくことにします。
多分このままいくと、短編としての来週になるかと。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/21(水) 22:59:24|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

──────応答なし

「ねー」
「ん?」
「とらドラって何?」
「──(逡巡)、虎と竜の話」
「へー、ファンタジー?」
「お、おぅ、めっちゃファンタジー」

もはや日記としての役割しか持っていない昨今であります。相変わらずやります。霞弐です。
最近スルメに嵌ってる。ガムよりも燃費がいい上に、美味い。でも、かなり部屋が臭くなる。だから、塾で食べるという知恵……。

先ほどパソコンの電源を入れたところ、スイッチのあたりからグォォォォォォッォオオオオオオオンとかいう音がして、え、マジ、寿命!? この時期に? 空気読みすぎだろwww と結構パニくってたら、OSが立ち上がった瞬間にその呻き声が途絶えて、ちょっとホッとしてます。
とりあえず、癌のようなものに蝕まれているのは必須なので、今まで書いてきた(2008年10月以降)小説ファイルをUSBメモリにバックアップを取り、今こうして遺書を書いている次第であります。もしかしたら、春先までブログの更新がストップするかもしれんが、その時は逝っちゃったってことで、ヨロシク!
とりあえず、もう一台共有のパソコン(Vistaだよ……USB入るのかな)があるので、その時はその時でそっちで上手くやります。小説は難しいかもしれないけどねん。あわよくば、進学先の学校の文芸部オンリーになるかも。その場合、ここはただの日記サイトと化しますが、まぁ、はい。うん。はぁorz

しかし、受験が終わると一気に忙しくなるて、どゆこと。
何故か部活が再発し、同時に何かが本格的に始まる上、PSPの購入による遊戯時間の拡張など、いろいろとwktkなことが目白押しです。
──とりあえず、私立の過去問で、ギリギリ合格最低ラインを超えたので、私立受験はそこそこのんびりして受けるつもりです。三教科だし。マークテストだし。100点満点だし。埼玉の公立は何故か40点満点。来年から100点満点になるらしい(・ω・`)
説明会で、「偏差値による加点で落ちた人は過去一人もいません!」といっていて、その加点も貰ってますので、多分、その初めて落ちる人になるんじゃないかなぁ……、と思ってます。名誉ではありませんが、ご愁傷様、と教職員様一同の哀愁の対象になるんじゃないかと……。

今日は忙しいし、PCに認知症の症状がみられるようになったので、控えめに。
ではー。
応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/19(月) 21:05:24|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キレが足りない!

昨日言った通り、一番テンションの高いこの時間帯にキーボードたたいてます。霞弐さんです。年賀状に霞弐という字が難しかったか、カタカナで「カニ」とデカデカと書いて送ってきた輩がいたのがちょっとばかし嬉しかったり。

小説を書いている人には分かるかも知れませんが、コメディ小説で、一人称「俺」視点で進めるにあたって、その主人公の投げやり度が急なのに比例して、その文体も乱暴になっていくものでありますよねー。
更に、その個性的な文体に華を添えるために、みょうちくりんな比喩表現を塗すのが、私の使う常套手段であるわけなんですが、その比喩なんですが、友人曰く「キレが足りない!」だとか。
彼の友人曰く、キレが足りない!と叫ぶその方、その道一筋うん年、比喩のプロフェッショナルだそうです。
本人の論によりゃぁ、メールだの手紙だのといった文体ではすんごい効果を発揮するらしい。
水鉄砲でヤクザのアジトを占領したいだとか、水風船で不良の頭を叩き割るだとか、使いとこのいまいち分からんが、発想の斜め上を行く斬新(意味不)なその比喩の馬鹿らしさには素直にけんそ……尊敬の意を顕さざるを得ないわけです、あんだーすたん?
とりゃぁ、まぁ、意味不明な文字の羅列を表せば、それっぽく見える、というわけですよ。
試しに、「あいつが走ってる光景を比喩してみ?」といってみたら、「あぁ、いいとも」といった後、一時間。
結論、「新山(仮名)が逆立ちで落ちてくるような」だそうです。
わ、総毛逆立ちですわぃ。
──新山さんは架空の人物です。いや、実際言った名前は違うんですが、本人の栄誉のために控えさせていただきます。ごめんなさい。全国の新山さんごめんなさい。

というわけで、そんな師匠の特別レッスン(お手本だけで七千円!)を一時間(99%が師匠のシンキングタイム)受けて、ちょっとだけ自信がついたわけが無いので、Fc2バトンに蔓延する大量のバトンの中から、適当に面白そうなもんをチョイスしてチーズバーガー片手に死闘(練習)を繰り広げていた次第であります。
実際、比喩で表せ!というような鬼畜な内容ではないんですが、まぁ似たようなもんだからいいでしょっ! とやってみた。後悔はしていない(・ω・`)

そんでは、追記からどぞ

[キレが足りない!]の続きを読む
  1. 2009/01/18(日) 14:27:11|
  2. ばとん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MGSではない

「ん、お前何読んでんの」
「とらドラ」
「何それ?」
「た」
「あ、分かった! 山んなか突っ立ってる洋館の中で、そのふっくら体型の館の主が惨殺されて、それを髭をはやした老紳士が鮮やかにそのトリックをかいめ」

こんばんは。
昨日は塾から帰ってきたと思ったら、すぐに意識が途絶えて気がついたら十二時になっていました。
──疲労が集ったからかな……と。

なんというか、最近テンションが低いような気がする。
まー、私立入試一週間切ったからなのかも知れませんが。こんなに悠長にPCと向き合ってる場合じゃないんですが、それはご愛嬌。

最近テンション低め。
理由としては、冬休みが終り、睡眠時間が著しく減少したためです。至極簡単です。
お陰で学校から帰ってくれば頭がぼぉっとしていて、昼寝したら寝たで夜寝れなくなって、親の催促を受けるし、寝なかったら寝なかったで結局うやむやに意識がフェードアウトするし……。
どうすりゃいいじゃい!

Amazonで「面白すぎる!」とレビューされていたゲームを中古屋で三千円で仕入れてきて(Wiiソフト)、早速意気揚揚とディスクを入れてみたら、「ディスクが読み込めません」とかでてきて、それでも必死に「絶対出来る!」を脳内で連呼して二時間ほど頑張ってみたら、読み込めました。
「よっしゃww」と思い馳せつつ早速やってみたら、おぉ、これは面白い……と、結構没頭してました。
そして、今二週間経ちましたが、えぇー、一週間前に飽きました。
なんというか、ワンパターンで詰まんない。内容量が少なすぎるというか……ストーリーいまいち分からないし、セリフ棒読みだし口とあってないしWiiリモの反応は悪いし、血の色が薄いし流血少ないし……こんなことなら、三千円高くても新品のFPS買っておくんだった……。
こんな感じ。三千は惜しかったですが、これで深い教訓を被ったと思えば、安い買い物です。──と思わないと、やってけない……。
とやまぁ、ネットに蔓延っている意見を鵜呑みしてはいけない、という立派なことを学べたので、良かった良かった……所詮匿名の盾を隔てたところから発信されてる主観的意見ですから、信用できなくて当たり前ですよねー……。

投票数ゼロだけど、次連載の準備をしている負の意味で健気な霞弐でした。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2009/01/17(土) 19:58:16|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中5

昨日は颯爽と「へっへ、ざまぁww」と思いながら書いてましたが、今日またここにきて、思いました。
プロフ画像、滅茶苦茶恥ずかしい。
ノリの抑揚の激しさの裏をついた、見事なバツゲーム指定でございましたとさ。

今日、本屋に行きました。
理由としては、図書館から借りた本が気づいたら、返却期限から一週間も逸していて、それを返しに図書館に行ったついで、ということになります。
ストックが七冊になりました。
さて、今日は二冊買ったわけなんですが(とらドラとフルメタ(・ω・`))、それらをレジに持っていって、金を差し出したまでは良かったんですが、どーいうことか、釣りセンと表示された画面を見ると、9919という文字が躍っているではありませんか。
お、故障か? と思ったら、単なる店員さんの打ち間違え。お釣りは十九円だけ帰ってきました。

……その程度しかネタが無い毎日。そろそろブログに飽きてきたのかもしれないな……。それとも、相次ぐ受験勉強で疲れているのか。休養が欲しいよ。
いつもなら、ここまで書いてやっぱ駄目だー、なんて言ってウィンドウを閉じていますが、今日はあえて保存してみる攻撃。どうだ、参ったか。
さて、入浴剤の効能を疑いつつも、疲れを蒸散させるために風呂にでも入ってきましょうか。入浴後は、60%の確率で強烈な眠気が襲ってきます。一回、机に突っ伏して意識を連れ去られた記憶あり。
そんなもんです。今日は。これで。では。はい。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/15(木) 20:21:32|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強制バトン

おおよそ変化に無縁の毎日でも、刹那の一節一節に趣があるものです。
体育のソフトテニスで惨敗したり、高校に関する書類を食っちまう奴がいたり、テストで泣き目になったりと、色々とドラマチックなことの連鎖で人生は構成されていくものです。
ちなみに、書類を食った奴が居るのは本当です。ん、マジです。
しかし、女性が書いてるライトノベルは良いよねーって話をしてたりもしてました。誰とか? 知らん。
男性が書いてると、どーしてもそーいう裏心がはみ出てくるものなんですが、女性の書いているものだと、別のところに歯止めが掛かってないだけで、なんとも新鮮なものです。──そういうジャンルしか読まないのが悪いと思うんですが。今日読んだのなんて酷かったし……。
しかも、2008年のラノベの総合ランキングみたいなもので、一位二位と女性作家のものですから、そういう風潮もあるのかもしれません。女々しい文でも書いてみようかな──だなんて、思ったことは一度も無かったりする。

さて、前置きがひどく長くなって、話も全く関係ない方向に彷徨していきましたが、今回の御題は六日前に提出された、というかまわされてきたバトンに答えてやろうと思います。やれやれ……。
なんと期限を守らないとバツゲームとかいう、鬼畜っぷり。そして、あえてその地雷を踏んでやったノリのよろしい俺。
バツゲームの内容は、


[強制バトン]の続きを読む
  1. 2009/01/14(水) 21:47:12|
  2. ばとん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

叶わない夢を見るのもまた人間なのさ←そう言うのは野望という

こんばんは。
友人から借りた本の過激さに呆れ圧倒され半ば鬱状態で臨んだ体育で、球広いとして散々酷使され、ちょいと意気消沈していた霞弐の再臨です。こんばんは。

小説掲載終了──否、完結から五日たちましたね。
──はい。なんでもないです、ごめんなさい。

意外と読み返してみると、回収しきれていない伏線があるようですね。というか、あからさまにこれは拾わないとまずいだろうと思われる未回収伏線もありましたが、あれは仕様です。続編を書くときに考えようかと思って敷いたんですが……。
その続編。続けるか否か、かなり迷ってます。
ぶっちゃけ、ここで開始すると抱えている長編小説が三本となり、かなり多忙な状態に陥ります。いえ、休日にやっほっほーいとやるのは良いんですが、学校から帰って即行で塾に行き返ってきた不完全燃焼の炭の様な状態で、そこまで良いものができるとは思えないんですよねー……
とはいえ、ネタは上がっているので、従来と同じ方法でやっていけばいいと思うんですが、これがまた……あぁ……。

というわけで、アンケとります。一杯来るとなんて思ってませんが、一応置いておきます。締め切りは一月一杯とさせてもらいますー。
←プライグインの投票からどうぞ~。

──それと、一応、暴風雨はラノベを想定して書いたものなんですが……。
なーんか、味気が足りないなぁ……なんて思ってしまったりします……カテキンの含まれていないかぼちゃみたいな、衣の無いエビフライみたいな……。
そんな風に、自分の書いた小説のキャラが二次絵となって具現することを夢見ている日々でございます。万が一、共鳴してしまった人は、本当にご足労ですが、プロフィールに記してあるメルアドに送ってくれれば、と思います──。
とはいっても、そこまで親切な人が居るかも分かりませんがね。一日一話読んでいっても、二十三日掛かりますから、相当な根性が必要かも……。

そんな戯言でした。ありがとうございます。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/13(火) 20:07:28|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下4

……あれから早四日ほど。
小説が完結して、平凡な生活が待っていると思ったら、なんとまた平凡すぎて張り合いの無い、記録を残すでもない、たいした事の無い日常が続き、どうすりゃいいのか分からなくなってきた霞弐です。

気が付けば私立入試まで二週間切りました。来週からは毎日腹痛に見舞われそうです。
そこで受験が終わって、卒業まで暇人とかいうパターンの人も居ますし、三月初頭まで長引く人も居ます。ちなみに、私めは一番長引くタイプ。さっさと終わって欲しいものです。

最近、目下の悩みといえば、自分の書く文章に以前までの馬鹿らしさがなくなってきたことです。
書いている小説のジャンルや環境も影響してるんでしょうが、随分と色が浅くなりました。
それとも、公立入試の国語に付属されている作文問題の練習のし過ぎだったり。
自己PR書を書くに当たって、『上から目線過ぎwwww』と塾教師さんから窘められまして、色々苦悶してみたものの、それが改善されることは無く、公務員の反応を見ろと指示されました。
というわけで、多少表現を緩和した下書きを提出したところ、未だ帰ってこず。
そんで、国語の過去問を悶々と解いていたのですが、作文ばかりは自分で採点するのもまずいかと思い、塾教師さんに見せたところ、大爆笑の挙句零点を喰らって、点数が涙目に。
それから、極力表現の誇張を避けるように努力してきたんですが、その努力が裏目に出て、文章を書く力が激減してしまったような気がします(・ω・`)

最近じゃ、二、三行書いたら詰み、布団に包まって瞑想した挙句そのまま意識が冥王星の裏までフェードダウンして、気が付いたら朝という悪循環が毎日のように横行されていたりしていなかったりで、結構スランプといっても過言ではないような状況に追い込まれてます。
ちなみに、これは二回目。
一回目の時は、あえなく小説を途中で断念し、真面目に暴風雨を書き始めるきっかけとなったものです。ただ単に複雑な迷路を作戦なしに突っ切っていって、最悪な泥沼に嵌った挙句天井が落ちてくるという狼藉に遭ったが為のことだったんですが、それ以来小説を書くときはプロットを書くことにしてます。
しかし、入魂できないということは、結構緊張してるんでしょうかね。そんな自覚は一切無いんですが。こうして悠長にキーボードを叩いているのがその証拠。
……まぁ、時間が解決してくれるでしょうということで、毎日そのまま諦めていますが、どういう形で解決してくれるのかは、そこら辺で屯している猫達にでも訊ねてみればいいのです。きちんとした答えが返ってきたら、ろくな毎日が待っていないでしょう。

というわけで、単に生存報告をしたいがために意味不明な愚痴もどきの駄文を晒しました。
それでは。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/12(月) 19:09:44|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上3

──すみません、泣かせてもらってもよろしいでしょうか?

今日は南部云々とか意味の分からん単語の羅列を題としたテストが行われまして。
国語は一つだけ空白を残し、一つだけ問題を読み違え、作文は自己満足で書いて、そこそこだったんですが、その次の数学がなんともう難しいこと。半分近く真っ白で提出しました。
その後、休み時間に「難しかったよなー」だなんて戯れ始めますよね。常識的に考えて。
今回はバカに難しく感じたので、皆も同様かと思い込んでいたんですが……
霞「あの証明めっちゃ難しくてわかんなかったよねー」
友人「え?そうでもなくね?」
証明を変数に置き換えると、これが三パターンくらい。
……決めた。志望校の授業は、選択制なんだけど、数学は一切とらないよ。嫌いだ。あんなの……。いいもん、できなくたって……
いじけていじけて今日もつらつらと書いています。

一月学校も始まりスケジュールが鬼畜化してきて、帰って十分で即行塾行って帰って飯食って風呂は行ったら九時の生活が続きます。これが二月末まで……しかも昨日を規準として過ぎた日をxとすると、その二乗に比例してどんどん過酷になっていきます──ってなんで二次関数で喩えるんだバカ。数学が頭から離れん……誰か助けて。
というわけで、体を壊さぬように適度に頑張っていきます。それでは今日はここでー……orz

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/09(金) 22:01:00|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

明日は明日で暴風雨 エピローグ

にほんブログ村 小説ブログへ
応援(クリック)お願いします!

続きからどうぞ
↓  ↓  ↓
[明日は明日で暴風雨 エピローグ]の続きを読む
  1. 2009/01/08(木) 22:30:06|
  2. 明日は明日で暴風雨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は明日で暴風雨 第二十三話 明日晴天なり

にほんブログ村 小説ブログへ
応援(クリック)お願いします!

続きからどうぞ
↓  ↓  ↓
[明日は明日で暴風雨 第二十三話 明日晴天なり]の続きを読む
  1. 2009/01/08(木) 22:30:00|
  2. 明日は明日で暴風雨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺……この戦いが終わったら、叶わない夢を追いかけるんだ

もはや小説ブログではなく、単純な日記としてのブログになりつつある弐つの屍兎。なんとなく、小説オンリーだと単調で味気ないから、と始めたこの日記もどきですが、結構恒常化してきて、今ではほぼメインのカテゴリに。そろそろ100記事行きますし。

さて、そろそろ不安になってくるのは受験……じゃない、小説の方です。
個人的な猶予期間は、大学卒業までの七年間。それまでに、一番下の賞でも取れるかどうかの瀬戸際です。
今の多忙な世の中で、持込なんてしても門前払い、こうしてほのぼのとブログやってても編集者の方は着てくれないでしょうし、来たところでそのまま次のサイトへGO!がオチ。
となると、やはり狭くても新人賞という道を選ぶほか無いんですが……これまた狭いんだ。とはいえ、二、三人でも多いほうだと思えるのは、不思議な錯覚。
とはいえ、作家以外になりたい職業なんてありませんし、どっちにしろ文章で生計を立てる人間になることは間違い在りません。ちなみに、公務員にはなりません……国立大学って数学も試験科目に入ってるんだって……やだやだ……。
というわけで、大学卒する七年後……といっても、それだけで生計がたてていけるとは毛頭思っておりませんので、なんらかのバイトをしてでも生きていきたいと思います……。
豪胆な生活は憧れますが、安定しているとやがてそれが趣とは思えなくなり、変化を求めます。そんな、形容しがたいなにかに誘われて生きるよりは、苦労してでも自分のしたいことをしたいがままに流浪していける人生を望みます。かのハリー・ポッターの作者も、それを書く前はコーヒー一杯飲めるか否かの貧乏人だったようですから、どう跳ね上がるかはその人次第です。ま……安定した人がそんな不安定な土地に投げ出されて、屈強に生きていけるかどうかは分かりませんが。

というわけで、人生で一番輝いている高校生活まで三ヶ月を切ったわけですが、それに踏まえて、小説の原案をいくつか考えておこうと思います。一つ上がってますが、SFもファンタジーもない、平和な学園モノなので、相当凝らせないと愉快な作品は出来ないと思われます。今必死で考えてる……。
それと、アサルトアームズについてですが、戦闘モノの欠点として、そこまで長く続けられないという致命的な点が浮き彫りになってきたので、高校進学時までには完結します。暴風雨が完結するので、それは不可能ではないかと。
そして……、友人どもと考えている小説ですが、プロット原案を原案者に送ってみたところ、──返事が来ない……まぁ、あいつは結構追い込みの時期だからな……こうして悠長にキーボードたたいてる奴よりは、よっぽど真面目で堅実な奴なんだろうなぁ……。
勉強するのは将来のため、と何度諭されて何度納得して泪を落としはべりども、自分にそれは本当に必要なのか、という疑懼がいつも心の隅に引っ掛かって残って溜まり仲間を増やし、PCのスイッチに手を伸ばしてエディターを開く今の段階で、徹頭徹尾勉強に没頭するなんてことは、無理なんです……ただ、牛丼とマックのクォーターバウンダーと目薬があれば、一日PCに向かって小説を書ける自信がある……十二時間ね。質は問うな。
とはいえ、かの大賞作品キーリの作者さんは、一日五時間向かっていたとか……正に雲泥の差がありますね、根性に。
そんなお慈悲に甘えているような奴です。
そんな馬鹿の極みを歩いている霞弐ですが、そんなお馬鹿を支えるのは、皆さんの暖かい視線……です……うぅ……んん……。
妙に感傷的になりましたが、そういうことです。ナイテルワケジャナイヨ。こうしてデジタルでFc2ブログサーバーに焼き付けておくことで、折れた自分への布石になると思います。
そうして、皆さんがこのブログの存在を忘れ……るよな、常識的に考えて。まぁ、いいです。それは仕方が無い。

というわけで、遅滞しましたが、2009年(一年目)の抱負。
『一次に名前を載せるッ!』
滅茶苦茶無茶な抱負ですが、一応、これで。
夢は叶った瞬間の高揚感の後、その先にあるのはその感動が色あせていく喪失感と、行き詰まったときの虚脱感。
それならば、夢は大きく構えておき、一生をかけてじっくりと追随していくのも一つの生き方……
とはいえ、タイムリミットは七年ですから、そうのんびりともしてられない。
長くなりましたが、付き合わせてゴメンナサイです。七年後といえば、2016年。それまでには関東大震災が再び起こることでしょう。

それでは、今日はこれでっ!

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/07(水) 21:20:44|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日は明日で暴風雨 第二十二話 ここは何処だ

にほんブログ村 小説ブログへ
応援(クリック)お願いします!

続きからどうぞ
↓   ↓  ↓
[明日は明日で暴風雨 第二十二話 ここは何処だ]の続きを読む

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/01/06(火) 21:48:35|
  2. 明日は明日で暴風雨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上2

今日はお早めに書き書きしたいと思われます。眠いので。
今日は二十二章のUP……実質、この章で終わらせてしまっても良かったんですが、それではあまりにも不明瞭な点を星の数ほど残す結果に成る上に、第二シーズンを続行するときは、大分行動が制限されてしまうので、一応、ここはこれで……ちょっと、状況を失敗したかもしれないなぁん……だなんて。
それと、今回はプロットを書いたうえでの始めての作品だったわけですが、──これは仕様なのでしょうか、プロットに騙されましてね……、当初企画していた段階とは大きな齟齬が発生する展開となり慌てて補整を加えていったら、ふと変案が頭に浮かんで、それを基にすると、なんとも物語が凄まじい展開を見せるという事で__結局、行き当たりばったと変わらん状態になってしまいました……。
というわけで、二十三章は謎解き章となるでしょうと予想されます。ちょっと真治が空気になるのはご愛嬌。ちょっと歪なのもご愛嬌。風景が見えないのは……不覚orz

さて、今日は冬休み唯一の課題である、書初めをしました。
……十時に起きて、誰も居ない部屋で餅を焼き、適当にネットを彷徨した挙句、渋々と始めたわけなんですが、あー……一応、この狼藉者、書道初段を持っていたわけですね。信じられないでしょうが。というか、自分でも信じちゃいません。
しかし、結果を見ると、猫の尻尾に筆を括り付けて、流浪させたようなモノに……あぁ、酷い。
とはいえ、二枚以上かくきにもなれないので、そのまま片付け。
──所要時間、10分の快挙。

やっぱり、人間やらねば廃れますね。身をもって実感しましたが、書道は大嫌いなのでいい気味だと鼻を鳴らした霞弐でしたとさ。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/06(火) 18:54:54|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ネタが無いけど、↓の記事を下げたいので、適当にこれからの目標でも書いていきたいと思います。

まず、明日は明日で暴風雨は明日二十二話の更新ですね。──ややこしいな。
一応、完結できましたが、二十三話に無理矢理全部押し込んだような形になってしまったので、感動が半減。もともと百点満点中(新人賞大賞レベルを100とする)二十もいくかどうかも分からない稚作ですから、そこまで感動があっちゃたまらんと思いますが。
今せっせと推敲している最中ですが、やっぱり歪だ。一人称でこういう盛り場は難しいね。キョンくんと違って、どこまでも投げやりな人ですから、尚のこと。
首を傾げるようなことが多数あります。よ。

エピローグがありますが、最終章と別々にするのはちょっとアレかと思われたので、最終章と同時にUPします。そっちの方が自然で良いでしょ?
それと、新連載が始まったら──それは皆さんの反応と霞弐のやる気次第ですが、明日特設記事を立てます。
というか、毎回完結させたら、それ専用のページを作成するつもりです。
個人的には、明日2とかそんな感じでいこうかと思っていますが──ネタも上がってます。
まぁ、一作目がどうしようもないんじゃあ、次回作なんて作っても蛇足なだけなんですけどねー。

はい、それだけです。感想煽ぎっぽいですが、今日はこれで。


応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/05(月) 20:17:38|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二番煎じの巻

んー、公立の前期募集と一部の私立高校に出願するにあたって、自己PR書及び同もどきの書類を作成することが義務付けられているわけですね。全国一律かは知りませんが。
これがまた難しいんだ。ちょっと書き方を誤ると、自分が超ちっちゃくなってたり、逆にかなり倣岸な文章になっていたりと、犬の心理よりも奇々怪々な書類なんですね。しかもそれで将来が決まるとなると、悠長に書いていられませんよ。核ミサイルの発射ボタンを起動させないように狙撃するのと難易度は匹敵するでしょうね。まぁ、その役割の重さは宇宙衛星と頑張ったで賞を受賞した夏休みの工作並に違うでしょうけどね。クオリティも、質量も。
さーて、別に晒すわけじゃないけど、全国のこういう面倒で億劫で鬱陶しく禍々しい響きがコカコーラの炭酸の弾ける音をマイクで拾ったときの様に喧しい書類を書く予定の受験生にアドバイス。そんな大義な地位にいるわけじゃないけどね。参考になれば、俺はこのまま無限ジャンプで大気圏に突入して、O3を大量に持ってきてくれる。着地が上手くいくかは知らないけど。
いんばいてっどばい塾講師Uてぃーちゃー
まず、布石を蒔く。
御社は貴校は~~という目標生徒を欲していますが、それはわたくしの目指す人間像と類似しており、貴校のーーーーと繋いでいく明朗さ。そんな感じ。
次に、蒔いた布石で上手く誘導していく。
わたくしの夢は看護関係の仕事につくことで、貴校で貴重な体験を学びながらその夢に向かって地道に努力していくことをーーーーーーとな感じ。自分でも、よくわからないけど、とりあえず、誘導できてるんじゃない?
そして、詰める。
その将来への道として、貴校が掲げているその求める生徒像に準ずるよう、誠心誠意今日まで生きてきた次第です。

蒔く導く詰める。この三点です。──これで、理解できたらその人は相当の読解力をもっていらっしゃる方だと思いますが。
まーあれですね。小説を書くにあたっての原則の起承転結の簡易ばーじょん。承が無いバージョンですね。作文の場合は、蒔いて詰めるだけでOk。
更に、メモを取るのが重要。何を書きたいか、どういう風に攻めていくか。そんなメモです。

最後に最大の留意点。
それは、今の自分を書くこと。
将来弁護士になって、様々な分野で活躍できるよう、貴校で様々な経験を学んで繋げていきたいとおもったからです。
こりゃもうタブー。今の自分には全く触れていない、ここで露見されているのは、自分が作り上げた理想像、言ってしまえば虚構の自分にしか過ぎないのです。
というわけだから、今の自分を基にして、書いていく……んですが、いまいちここのところは分かっていない筆者であります。上の例文も本当に駄目なのかどうか分かりません。
まぁ、とりあえず、一人称が『己』の僕よりはいいほうだと思いますよ。落書きですが。
以上です。自論と他者の意見ミックスでお送りしました。

さて、皆さん、よーやく来ました。
明日は明日で暴風雨 見事に書き終わりましたっ!
ははは、まさか書き終えるとは思わなかった。この根性なしの甲斐性なしが、寿司も作れないようなドアホウの所帯無しが、遥か彼方にある途方も無い超人たちの基本となる、長編を一本完成させたのですから……。明日の関東は大雪だぬ。
エピローグを書きながら、「へぇー……そうだったんだ……」と感心していたのは秘密。言葉って深いですね。後、プロットを完全に無視した結末に、舌を巻いた作者。「な……お前ら……マジで?」てなかんじ。

えぇー、二十三話+エピローグです。
要領はプロットを含め、326KB……重いッ! 2GBのUSBは、文書ファイルだけで1,5MBあります。大体文庫本七冊相当。そーとー書いてます。暇だったんですね。

ということです。今日はこの辺で。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/04(日) 22:58:49|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は明日で暴風雨 第二十一話 不可解連鎖

にほんブログ村 小説ブログへ
応援(クリック)お願いします!

続きからどうぞ
↓  ↓  ↓
[明日は明日で暴風雨 第二十一話 不可解連鎖]の続きを読む
  1. 2009/01/03(土) 21:58:26|
  2. 明日は明日で暴風雨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みかん箱……ダンボールか

今日はいろいろとすることが多いので(小説三本UP)、早めに書きますねん。はは、もう冬眠じゃねえや。

丸い、みかん箱大の大きさの頭部に、禍々しく尖った顎、そして、その頭部の側部に二つと中央に一つある、赤い目。絶え間なくぎょろぎょろと蠢いている。そしてその頭部に、少し太めだが柔軟性がある長い首が繋がっており、その先に胴体と思しき管の集合体があった。そこから、鋭い鉤爪を備えた四肢が伸びている。そして、その全身は動物の皮を剥いだ時露出される筋肉の色と酷似していた。
精神衛生上、良くない生物が今、目の前に居る。エイリアンと揶揄されてもおかしくない、グロテスクな容貌を持つ、手足が無闇に長くなったトカゲの様な生物が……。



引用してみた。出展はアサルトアームズから、一部改変。
ここにちょーっと首を傾げるべき誤字があります。んー、まだ正確に意味を把握していなかった時代のものですね。
んーなんというか、あれですね。突発的な思いつきでやってるような感じですね。サイレントヒルとかにいそうですね。はい。
はい……そんだけ。
誤表現については、クイズ形式にしちゃったり? どれでしょーみたいな感じで……。
まぁ、精神衛生上芳しくない表記ですので、別にスルーしてもかまいません、というか、スルー推奨。あんまり付き合ってると、精神が持ちませんよ、この霞弐君と真面目に話そうとすると。

さーて、今日は昼飯を買いにM字のファーストフードに買いに行く途中で、年賀状を出していない友人二人と会いしましてね。あぁー、そういえば、年賀状まだ六枚しか来てないんだよなーと思い馳せつつ帰還してチェックしてみたら、一通だけ来てた。
そしたら、牛じゃなくておにぎりが書いてあって、親が苦笑してました。いや、同じ白黒だけどさ。明らかに別のトコ狙ってるだろ? これ。誤字が多すぎだ、鉛筆で下書きしてからかけよww とか思いつつ、灼眼のシャナの栞に使ってる俺。

さて、お年玉の用途でも練りますか。
まず、受験が終わるまで待つ……いや、待て。
まず、一月は二千円小出しにする。二月は三千円。三月はデッドラとFFCCの新作で、更に三千円で三ヶ月で一万削れる。
四月五月~で三千円ずつつかっていって八ヶ月で二万四千……あ、駄目だ。全然足りねえや。
面倒になった。例年どおり、使いたいときに使えばいいやーっ! とか考えて、結局三ヶ月で使い切るオチですね、これは。まぁ……これでもこれでいいですよね。

では、そういうことで。
ノシ

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/03(土) 17:18:23|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は何人俺の下の名前の読み方を訊いてくるのだろうか

ポテトチップスの破片が目に入って死ぬ思いを初めて実感した霞弐が通りますよ。
正月といえば、昔から凧駒お年玉と思ってたけど、凧は上げるだけの環境が整ってないところが多いし、駒は今時遊ぶ子供なんていないし、お年玉も不景気な世の中ですから金額も年々右肩下がりです。──せめて、受験が終わるまでに四桁残ってれば、いいほうかなって。
とりあえず、欲しいゲームは全部定めてあるので、残りはすべてラノベに消えます。なんか文句ある?

さーて、今年は起きるのが面倒だったので、初詣は辞退しておきました。そしたら、起きたのが十時半くらい。うーん、爽やかな朝だった。
といってもすることがないから、ぼけーっとテレビ見て、お年玉貰って云々──とやってきたわけなんですが、やっぱりおみくじは外せなかったりする。ん、どこでそんなのやったんだ、なんて訊いちゃだめですよ。成り行きです。成り行き。
しかし、漢字で書いて御神籤と書くだけあって、値段も安いですねぇ。福を招く金の……ヤツが入ってるのに、百円とは。百円で福が買えるなら、神様は大赤字ですよ。
2009年は勝負年ですが、末吉でした。まぁ、大凶よりはマシ。というか、大凶なんて見たこと無い。誰か引いたことある?

待ち人 来るときは来る。
商売 損もせず利も得ず
恋愛 深入りするな
学問 雑念多し全力を尽くせ
旅先 思い立ったら

こんな感じ。当たり前のように微妙なんだけど、そこんとこどうなんよ?
学問が危ないこと書いてあるなぁ、とは思いましたねん。いや、雑念多しとか、雑念の塊ですよ? 特に、こうしてキーボードを叩いてる今……あ、もう私立三週間じゃまいかッ!

そーいえば、年賀状なんですが、二日時点で六枚。昨日なんて三枚しか来てなかったもんだから、四千二十億枚とかいう数字を疑ったのは秘密。
やれやれ。例年はただ単にワープロで印刷して確認して手も加えずに送っていたので、コメントを書いたのは今年が初めてだったりするんです。
──コメントと言っても、皆意外と単純というか、普通なのが多かったり(三割例外がある)。今年も遊ぼうねッ、だとか、受験頑張ろう、だとか。そういうの。
そういうのを見ると、「俺が書いたのあんなんでよかったのか?」だなんて思えてきたりこなかったり。
いや、確かに新年の挨拶に「待たせたなっ!」は無いと思うよ?jk
でもあけおめメールだとかが蔓延っている現代の世の中で、そんな些細な乱れが指摘されるのはおかしいと思うわけですよ。
というわけで、嫌だったら、修正テープかなにかで補整しておいてねん♪

しかし、一月二日という今日の日。馬鹿みたいに暇だったから、勉強をちょっとして、ゲームを適当にして(飽きたけど)、昼寝をしたら、今になってた罠。意義をもたないと、十二時間というのはあっという間です。中学校時代はさっさと終わってくれと懇願する今日この頃ですが、一日一日に意義があるとするのであれば、さっさと終わるのは相当の労を要するのかなぁ、と不安に明け暮れてます。はい。
昨日のは疲れてたんです。赦してやって下さい。それではっ。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/02(金) 20:31:36|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あんはっぴにゅーいやー

はっぴにゅ~いやーっ。
どうもこんばんは。正月の帰省が大嫌いな霞弐です。今年は受験だったから当日に帰ってこれたけど、いつもなら明後日くらいまでいるんだよなぁ……はぁ……。
というわけで、帰還したのがたったさっき。したがって、お疲れなのです。お疲れッ。
暴風雨を去年のうちに終わらせられなかったのが、気がかりですが、まぁ今月中には完結予定なので、大丈夫でッしょう。

……書くこと無いよ。

以前からFc2小説なるもののサービス提供が始まっている様です。
うほっ、と思って利用してみたものの、面倒臭いのなんのって……バックアップと同時に作成はメモ帳もどきのストーリーエディターを流用しているものですから、一ページ1000文字以内はキツイし、面倒。しかも、ランキングがアクセス順と、なんともまぁ暇人向けな仕様な訳ですね。
というわけで、UPが面倒になって放置状態にありますが、一応投下。
アサルトアームズ!
なんか、こうリンク張らないと、完結しても永劫に誰にも読んでもらえないような気がする……まぁ、繋いでも同じかも知れませんが。
ま、別にここで読まなくても、目次にあるリンクから行っても構いません。つか、そっちの方がオススメですが。
とやまぁ、暇だったら、Fc2の方で感想よろしくお願いします、ということです。──暇だったら、ですが。いや、暇人推奨ですが。……暇な方推奨なのです。

はい、こんなグダグダな宣伝の新年の挨拶でしたーッ。

応援(クリック)お願いします!
にほんブログ村 小説ブログへ
  1. 2009/01/01(木) 20:41:25|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

明日は明日で暴風雨 第二十話 失敗からスタートへ

にほんブログ村 小説ブログへ
応援(クリック)お願いします!

続きからどうぞ
↓  ↓  ↓
[明日は明日で暴風雨 第二十話 失敗からスタートへ]の続きを読む
  1. 2009/01/01(木) 01:01:01|
  2. 明日は明日で暴風雨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。