弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日はとても憂鬱な日なんだけど、きっと乗り越えれば一つ成長できると信じて、明日望みます。
っつか、明日終われば、楽しい楽しいGWがやってくるんだよ。
新入生歓迎会とかカラオケとか動物園にデートだとか、予定がぎっちり入った黄金週間なのですよ。
マジで頑張ろう。いつもの虚勢じゃなくて、ガチで。


[]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/04/29(木) 21:29:33|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨日は、余興の劇中に使う歌のドラムのMIDI打ちをひたすら。
今日それを持っていって、ギターと合わせて見たら、予想以上にクオリティが高かった。
んで、俺のベースと合わせて良いかと訊いたら、あっさりOKが来た。マジ神。
ボーカルギターベースドラムという、バンドの要を揃えた初の模擬ライブができるというのだ。これほど、貴重な体験はそう無いだろう。
で、今日からその曲の練習を始めたわけだが、二時間ちょいで暗譜はできそうだ。後は、集中力。
まぁ、それで配役はちょいと変わったけど、許容範囲。
別の一時間掛けて書いた脚本も、綺麗に生まれ変わって後は、個人が頑張ってくれるのを祈るのみ、
ただ、それの披露が日曜で、金曜には鬱が蔓延る話合いなんだよー……。
まぁ、岩石を砕く作業だと思って頑張る。

楽器ってできると楽しいだろ?
  1. 2010/04/28(水) 22:55:32|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連日、余興のネタを家に持ち帰り進化させて次の日、それの繰り返し。
余興っていうのは、ネタみたいなもんで、主に客を笑わせるもの。
まぁ、つまり忙しいんだ。
色々見通しが暗いが、先を思うよりも目の前のことだな。
頑張る。
  1. 2010/04/27(火) 21:18:53|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

髪切っても、「髪切った?」って言われないことあるあるwww
まぁ、俺もあんま言われたか無いけどね。きった、って言うのもなんかつまらんから、「朝起きたらこうなってた」っていう発展ネタをやったりしてたけど。

さて、小説を書こう。
ネタは上がってるんだ。インデックスに嵌りまくってる中二病で声優志望のイケメンを見てたら、なんか創意が沸いてきた。
まぁ、中二って書くのは楽しいよね。

問 中二的文章を作りなさい。

     ダークパラドックス              オーダーパワー
封じられし黒の非平行線に触れた者は最後、逃れられぬ束縛の命題に身を蝕まれるのだ。

意味不明。これ作るのに三分掛かったマジ氏ね。


  1. 2010/04/26(月) 21:31:06|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今日は定演の打ち上げだったよ。
調理実習の強化版みたいなもんで、学校敷地内にあるバーベキュー施設的な場所で、焼きそばおよびお好み焼きを作り、その出来を競い合うものだった。
で、実際問題、調理よりも火のほうが大変だった。
燃料の木が湿気を含んでるらしく、全く火がつかない。着火剤を用いてみても、頭打ち。
仕方ないから、周りから情報を仕入れて、付近の乾いた小枝とかをかっさらい、ひたすら火に放り込んでいった。
面白いくらい火力が出て、面白いくらい焼けたが、火の調節が異様に難しく、お好み焼きの表面だけがこげて中身が残念なことになってたりしたが、まぁ、ドンマイだ。
なんだかんだで出来上がり、いただきますをして各々の班のを喰い終わった後、他の班に赴いてちょくちょくもらうことになるらしい。←日本語が変だな、眠いからだ。
俺は自他共に認める偏食人なので、ピーマソとかが混入してるもんは喰えず、無難な焼きソバばっか喰ってたんだけど、なんとまぁ、俺に匹敵する野菜嫌いが居るというと、なんとも安心した。そういう偏食家が嫌うのは「好き嫌いはいけません」という言葉で、小学校の給食で苦しめられた人も多いだろう。
まー、その後は洗物やらをして、先生の歓迎会をして終了。



[]の続きを読む
  1. 2010/04/25(日) 22:26:12|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日、初めて美容室?に行った。もしかしたら、理容室だったのかも知れないが。
親から仕入れた情報によると、俺がかつて十年ほど前に通っていた幼稚園の100m圏内にあるらしい。
名前は知らないらしいが、そこそこ腕が立ち料金も安いということなので、俺はOFFのこの日を利用し行くことにしたのだ。
が、そこに行ってから、愕然とした。
二つ程、それっぽい店があるのだ。
逡巡を覚え、近くの路地裏に逃げ込んだ俺は、チャリを走らせながら、親の言葉を辿る。
そういえば、アパートの一階にあると言っていた気がする。
アパートの一階部に位置するものは、片方だけだった。
俺は腹を据えて、駐輪場に向かうと、そこには倒れたチャリ達と、それを直す店員の姿があった。
その傍らに停めて、その店員に後押しされるように中に入ると、初めてかと訊かれた。
頷くと、予約制で、一時間後からしか枠がないという。
午後約束があって、なかなか厳しい時刻だったが、前々から散髪をする旨を告げていたので、了承してくれると思いその時刻を呑んだ。

一時間後、再び訪れると、そこには俺と同じ高校のステッカーを貼ったチャリが停めてあった。
知らないやつだろうと思ったが、サドルの下部に貼ってある名札を見て驚いた。同じ中学のヤツだ。
中に入ると、そいつはコトの真っ最中だった。
そこで店員から、何か紙を渡されて、色々と書くように言われた。基本個人情報だ。
俺はそれを埋めてから、適当に店内を見渡すと、髪型カタログなるものが目に付いた。
徒然とそれを手に取り眺めると、成る程、正に髪型の手本帳のようなものが展開されていた。
皆、こういうのを参考にしてるのか、と俺は嘆息していると、出番が来たようだった。

まずは、眺めていたのとは別のカタログをわたされて、どれほどの長さがいいかと問われた。
正直、訳が分からんので、ショートで良いというと、耳の露出度を問われた。
これまた訳が分からんので、やや出す感じと応えたら、了解したとのこと。
気になるところはあるかと問われたので、髪の量が異常に多いと応えると、何か悟ったような顔をされた。
それから、色々と始まった。
まず髪を濡らされた後、若干毛先を整えた後、梳き梳きタイム。
「めっちゃ髪の量多いっすねw」といわれた位多かった。十五分?は梳いてたと思う。
それから、シャンプー顔剃り諸々済ませて終了。
ざっと1時間程度で、料金は普段行く床屋に800円ほど上乗せした程度。
あれだけの注文でよくここまで出来たなぁ、と俺は感嘆しながら帰宅した次第だ。

  1. 2010/04/24(土) 21:37:07|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

戦場から帰還しました。
というか、今風呂から上がりました。
今日の話合いといのも、ある種議題など無く、あるとしたら個人の部活への姿勢云々を一つ一つ丁寧に詰めていった、というようなものでした。
ただ、そこで上がった物事の多くは、私の心へ直に突き刺さり、欺瞞として今も残っている次第でございます。

そもそも、合唱というものは団体であるのにも関わらず、個人戦でもあるといえます。
師は、その結果としてすばらしい音楽が出来るものと仰りましたが、私もその御心に深く同意をするところでございます。
ただ、その音楽というものを深く理解し過ぎて、追及を深めてしまう者も居るようです。
そして、目に見える物を目前に提出することを要求します。結果です。気持ちがあろうと、結果が全てなのです。

私としては、その考えに全くを以って賛同できません。
そこに義務が生じているように感じてならないのです。
私は自らの功労を晒しません。察せとも言いません。辛苦なことがあろうと、また挫折を肌に感じていようとも、それでも集団の為、合唱団のため、尽力しその内面を晒すことを抑えてきました。
何故かといえば、その風貌を見る者が辛いからです。
同志にも、優しい子がおりますが、彼女はその頑張りが故に、胃痛を頻繁に起こしているのです。私として、それを見るのは非常に辛い。
だから、私は弱みを見せません。見せても涙までです。愚痴を吐いても弱音は吐きません。これは、身を偽る私としての、精一杯の誓いであり、愛する人の叱責でもない限りこのスタンスを変えることは無いことになると思います。
ただ、その姿勢をやる気が無い、と述する人が居ます。
何を考えているのか分からない、と述する人が居ます。
そして、私に実行委員を任せることが不安だといいます。私共の連ねる言葉に、説得力を感じないのだそうです。
私が発する言葉には、自己暗示など含まれておらず、単なる激励です。屁理屈だと言われてしまえばそれまでですが、「お前はどうなんだ」と言われても、は?という顔をするでしょう。
そして、大概の場合、それらの言葉は綺麗事として大半の者の脳内を流れていくのです。これは私には耐え難いことなのです。供給が多い故、その需要が低下し、発言の価値が下がっていくのです。
だから私は上に立つことを望むのです。
下っ端としての意見は通らずとも、やや立場が上がれば少なくとも声の印象程度なら残るでしょう。
そのことが、私の自信、責任力へも繋がるのです。

ただ、一人でも疑うものが居れば、それがネックとなります。
だから私は全ての者の納得を要するのです。
でも、その納得には具体的な誠意を見せる必要があると言うのです。
私は思うのです。
私の存在意義とは、存在するためだけにある。
存在をすれば必然性が生じ、そこから役目が生まれ私が生きる。
それが、私が風呂で出した答えです。
これで納得されなければ、私は実行委員のポストを降りるでしょう。
でもそれは私の納得に基づいたものであるから、私は気にしません。私の生き方が理解されなくとも構いません。
一人でも、理解者が居れば、一向に構わないのです。
  1. 2010/04/24(土) 00:24:14|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明日は多分、憂鬱で帰ってきます。そうでなければ、目から塩水を流してから帰ってきます。いずれにせよ、遅い時間になります。
皆さん、本当に今までありがとうございました。
俺は明日、戦場に赴きます。

[]の続きを読む
  1. 2010/04/22(木) 22:21:58|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー。
色々話合いだとか、そういうのが多いよー。
そういうのは一人でじっくり考えたいのに、どうしてそれを人に伝えなければならないのだろう。如何に、響くよう考えなければならないのだろう。そして、その発言で本当に何かが変わるのだろうか。
だから考えるのは嫌いなんだよなぁ。頭の中で組み立てるのは楽だがつまらん。

ていうか、時間が無いのよね。
ブログを書いてる暇も無いっていう。
お先に。

  1. 2010/04/21(水) 21:30:35|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



めんどー。

[]の続きを読む
  1. 2010/04/20(火) 21:59:10|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



最近のリア充度が我ながら異常。

[]の続きを読む
  1. 2010/04/19(月) 23:45:28|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日、定演の日。
なんか、去年の五月くらいから準備してたらしいんだけど、俺が参加し始めたのは一月上旬だから、実質三ヶ月ちょいの練習期間を経ての演奏会だった。
合宿中夜二十二時まで頑張ってたり(まぁ甘い方らしいが)、皆で発狂したり(便乗しときゃ良かった)、まぁ、ぬるいようで意外とキツい期間だったけど、それをあのホールにぶちまけられたならいいんじゃねえかと思うよ。
でも、二回公演は堪えたみたいだ。俺の体と意識は時既に時間切れ、睡眠へとマッハなんだが。
あー、あと今後一切金輪際絶対に何があろうとオールバックなんてしねぇ。似合うヤツは似合う、似合わないヤツは似合わないでいいだろっ。来年は、もっと髪型が安定した役をもらうからな。まぁ、今年のはほぼ強制だったわけで、しかも最初一役だったのが、いつの間にか三役になってたっていう。ミュージカルの話だけど。

気が抜けて、明日明後日辺り高熱出しそうな勢いなんだけど、勉強は大丈夫かね。
まー、とにかく大学受験のクウォーターの三倍くらいの重要さを帯びたイベントをパスおよびサクシードできた。
さー、これから中だるみの時期だぞー。つか、すぐ定期テストだなw
彼女さんの性能がチート過ぎるから、俺も頑張ってみるつもりでいたい。
気持ちだけは負けないっていうけど、気持ちなんてくれてやるからテストで勝ちたい、それだけ。
過程主義を謳ってる割に、至極結果主義の我が部にとって、気持ち=結果だからね。結果がでりゃ、気持ちが入ってると同義。
つまり、早く寝ろ。
  1. 2010/04/18(日) 00:55:13|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっほう。
  1. 2010/04/16(金) 22:35:59|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ガチで更新忘れてた。
といっても、書くこと無いからどうでもいいんだけどね。
定演終わったら、なんか目標見失いそうで怖い。まぁ、そんなもん後で考えりゃいいか。

あぁー、眠い。
明日の授業、地獄を見そうなラインナップなんだけど。マジで英語は消し飛べばいい。抜き打ち予習チェックとか、藻屑になればいい。
というか、新入生を見てると懐かしい。
あの初々しさというか、サバンナに取り残されたような表情に、なんとも親近感を覚える。クラスによって、各々机に向かって黙々喰ってたり、輪になってわーわー喰ってたり、色々なところも懐かしい。
それが一年も経つとこの様だよ!


  1. 2010/04/15(木) 21:58:14|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕飯食った後、じゃがりことベビースターとコアラのマーチを喰ったら腹がエラいことになった。つか、なってる。
誰だ、こんな無責任なことさせたヤツ。俺か。

あー、まぁ書くことはそんぐらいしかない。
色々と、俺個人でヤバイことは山ほどあるんだが、生憎と露呈するもんじゃないし、書いてもつまらんことばかりだ。知らないことが幸せなこともある。
  1. 2010/04/14(水) 23:36:58|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


嵐かっこよすぎww

きょーの部活は波乱だったといわざるを得ない。
詳細は思い出したくないが、結果的に環境が再整備されたようで。
まー、同時にすげぇ問題が浮上したみたいなんだけどね。間に合うのかな。

二時間続きの授業が多い。古典が二時間続き、日本史が二時間続き、ライテが二時間続き。俺に寝ろって言ってるみたいだな。
かくいう課題テストは、俺はそこまで悪かなかったが、全体的な出来が悪かったから再テスト。七割もとれねぇよ……。
情報の先生が、すげぇいかちー人だった。しかも苗字がおや誰か来たようだ。
タイピングの技術は、小説をえらい速度で書いてただけあって、クラスの連中と比べると大分あるらしい。テキトーにやっただけで、講座内一位を軽く取れるっていう。本気でやったら、どうなるかわかってるの?
まぁ、PCできる=アンダーな趣味、っていう偏見がまだ根付いてるのであれば、俺の評価は微妙なものになるだろうが、まぁ、評定がとれりゃいいや。

で、部活なんだが、数多の涙が染みを作り、過呼吸者続出の阿鼻叫喚になってたわけだ。文化部でこれはすげぇ。吹部に負けてねぇな!
かくいう俺はすこぶる健常体で、キレる訳でもなく、なだめるわけでもなく、かといって傍観するわけでもなく。2.5者ほどの位置に立ってただけっていう。
そこであーって思ってたわけだけど。
人の為に怒れるってすげぇことなんだなぁ、って思うよ。俺なんて、どーでもいいのか、って思って放置するだろうよ。自分に余程の被害がなきゃ、キレるコトは無いが。
躊躇い或いは予兆の無い、スタート地点に突っ立ってる奴の背中を感情で押し出す芸当、俺の性格じゃ無理だった。
この妙な客観性が嫌だなぁ。そればかりは、別に繕ってるわけでなく、素だからなぁ。
まぁ、結論としてはねむい。

  1. 2010/04/13(火) 23:39:53|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

授業面倒臭すぎ。なんだアレw
一時間目の体育は、体育館でやったんだが体育館履きが消失していたと何度も言ったように無かったから、仕方なく靴下。しかもジャージも忘れたので、半袖短パンでGO。
最初の授業だったから、良かったものを。あの羞恥は二度と忘れんぞ。
二時間目は英語で、課題テストがあったんだが、その途中で携帯が鳴ったのな。バイブだったんだけど、耳がさとかったんだか知らんけど、なんか教師に気づかれてな。
没収された。もう、英語はこの一年ダメかも知れない。
昼休みは、消失した体育館履きを再購入。とんでもねぇお荷物になった。
その後、クソ眠い日本史の授業をスルーした後、呆けた心境で掃除をした後、ある意味が解らんHRを通過。
携帯は憤然としつつも反省していると決まり文句を言って返してもらって、同時に自転車のステッカーももらった。
放課後、雨降りしきる中男が外に集まり、ひたすら勧誘。
あまり効果が無いと気づいた後、校内をひたすら唄いながら徘徊。
三週くらいしてから、部室に戻るとなんと新入生がずらり。すげー。
つっても、すぐに大半が帰り、残った人たちもあっけなく去っていった。

最近皆必死だな(笑)って煽りたい位、緊張してる。
いや、緊張するのは一向に構わん、むしろじゃんじゃんしやがれって感じなんだけど、緊張する箇所が違うんだよ。自転車の鍵をハンドルに取り付けてるような感じ。もっと効果的な場所があるだろjk
まー、あれだ、言いたい事は腐るほどあるが、愚痴なんてものは何の生産性も無い行為だからな。
こういう時期だからこそ、穏やかな心境で居たいというのに、どうも回りがシャベルでガンガン突いてくる。回そうとしてるくせに回らず苛立ってる。ため息が充満してる。
そんな堅苦しい情勢下で、笑顔をくれる存在がいるのは随分と心強い。
明日は晴れらしい。頑張るか。
  1. 2010/04/12(月) 23:11:01|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿題どうしようか。
まぁ、気合なんだろうけど、安易に呪文が如く言う気合は嫌な気合。気合というものは、言わずと知れず体内から湧き出るものだ。まぁ、やる気とも言うんだけどね。気合ありきのやる気、逆も然り。
館履きは、なんとかしよう。2%くらいの確率で担任が見つけてきてくれるだろうし、0.1%くらいの確率で外での授業になるかもしれない。
信じることが全て。


「朝起きられないんだけど、どうしたら起きれる?」
「え、目覚ましかければ良いんじゃない?」
「止めてすぐ寝るから意味ない」
「それじゃあ、手の届かないとこに置いておくとか」
「結局、止めてすぐ寝るからなぁ」
「朝ごはんが楽しみだとか、そういう風にするのは?」
「朝飯食っても、すぐ二度寝に走るし」
「えー、ダメじゃん、気合が足りない」

気合なんて嫌いだ。
  1. 2010/04/11(日) 22:54:48|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




鬱過ぎる。
月曜に体育があるのに、体育館履きが無いという悲劇。しかも最初の授業だぞ……、誰だよパクったヤツ。
明日、自分のドジを検証してみるが、多分それは無いと思われる。
で、もし無かったら買わなきゃなんだけど、それが昼休み限定で、体育は一時間目にあるのだ。
憂鬱すぎる。最早、体育が外であることを祈るほか無い。

  1. 2010/04/10(土) 21:41:46|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝練だっー、行ってみたら、男先輩と二人だけ。
相変わらず存在しない館履き。そして、キチっと席についてひたすら始業を待つ新入生達、そして、それを見やってあんなんだったなぁwwwと笑う俺達。もう、あんなん絶対経験したくないなぁ。
それから、対面式……、よろしく!みたいなのやって、なんと早速授業があった。
古典だったけど、あからさまな国語の先生だった。良い先生らしい、期待。
初っ端課題テストは相変わらずの出来……、まぁ助動詞あんだけできりゃ僥倖だろう。残った時間はキレイに睡眠を取る。
それから、昼休みは勧誘に突っ走る。
新入生オンリーのクラスは、大体昼飯を男で一つ女でぱらぱらと固まって食ってたり、或いは男は皆黒板に向かって喰ってたり、なかなか懐かしい風景なんだが……、違うものもある。
併設の中学から上がってきた馴れ合いを済ませている連中はカオス以外の何者でもない。副部長が心を折らせていた。
まー、お願いしますーっとかなんとか言って終了。唱ってやりゃあ、って思ったんだけど、規制が入っててダメらしい。
それから、午後は集会。相変わらずの靴下タイム。羞恥の塊。
ホームルームが終わったら、即刻帰宅しようとする新入生にダッシュ。
もう、勧誘っていっても、キャッチセールス的に話しかけて、連れて行くという、いたってシンプル且つ迷惑&する方も大変なモノなのです。
男が飢餓状態にあるわけで、俺は男を狙って話しかけていったんだけど、
「あの、部活どこに入るか決めてますか?」
「体操部」と言ってさっさとどっかいってしまう。
「あの、部活どこに入るか決めてたりしますか?」
「いや、まだですけど……」
「あ、それなら音楽部なんてどーですか!」
「はぁ、でも運動部に入りたいので……」
「あの、部(ry」
「色々回って決めたいので……」
心が折れる。
そんなところへ、「あの、なんて部活ですか?」と訊いてくる影が。
どんな会話をしたか忘れたけど、どうにか男子を一人確保することが出来た。うん、良かった。
後、部活はいつもより濃度を増したものをやって終了。
あー、終わったのは実質19時半程度だったんだけど……、なんと、小道具が終わってないから、そこからさらに残るのです。
椅子にかける布? 高級感を出したかったらしいんだけど、なかなか残念なつくりになってて、監督軍が非常にお怒りの様子。道具の管轄は基本的に男なんだけど、そんな器用なヤツがいるはずも無く、女性に頼るしかないものの、基本的にだよね……、時期も時期だしーなんで早くやんなかったのー、ってわぁあ。
ひたすら作業をして、完全下校時刻を完全に過ぎて、もう音楽室?的なところに居座れなくなり、練習室に行こうってことになったんだけど。
彼女さんが「どーしよー……」ってな感じになってたので、全て任せて帰ってきてしまいましたとさw
せっかく待っててくれたのに、一人で帰すのもあれだったし……、他の人も良いっていうので任せて帰ってきたと。うん、理路整然としているな!

明日オフだー、やったー。
何をしようか、って思ってると、何もできないまま終わって、明後日リアルに死ぬと思うから、なんとか有意義なものにしたいね。てか宿題終わってないや。まぁいいや。
どーでもいいけど、模試の国語が校内1位だった。
普通に嬉しいから、友達に言ったら案の定引かれた。数学はカスってたのに。

  1. 2010/04/09(金) 22:53:40|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、中学時代の合唱祭のCD聞きながら書いてる。
懐かしいな。皆声が幼すぎて面白い。音取りが雑で不協和バリバリしてて、下側の人たちが目立って主旋が聞こえなかったり、ピアノが走ってたり。ソプラノ頑張れw
でも、言葉が素直だなぁ、って思う。発声使ってる合唱より数百倍聞き取りやすい。ぶっちゃけ、クラス合唱が最高の合唱なんじゃないかと思うよ。これでキレイにハモってたら、今の自分を見直してるだろうね。喉にはクソ悪いけどね。

今日は、朝練がいつもどおりあって、五分前についたのに、男の徴収率が半分いかないってどういうことだーこらー。二度寝から目覚めて十分で出てきたというのに、なんだこの様はー。
それから、数十年ぶりくらいの気分で教室に赴く。
なんかギョッとしたんだけど、クラスの女子を見てもなんも思わなくなった。つっても、以前まで妙な目で見ていたわけじゃないことは絶対的なものなんだが、薬草を食った程度に回復していたものが、全くなくなったというか。
それから、宿題www何それwwwな会話を普通にした後、始業式。
と思ったら、体育館履き通称館履きを忘れたらしい。つか、今探したけど家にもねぇぞ。どういうことだ。
仕方ないから、靴下で行った。いつもそうだから、と毅然として行ったけど、やっぱり勝てなかった。
頑張って耐え抜いて、それからなんかやってた。
そうそう、時間割が配られたんだけど、クラスの誰ともほとんど合致してなくってね! クラス替えのないゆえんがわかった気がするぞ。
まー、後は適当に過ごして終了、部活にGO。
校歌のわからん新入生達のために、入学式に出席してやるそうだ、ヤルネェ!
正直言って、眠さMAXだった。寝たらドツかれるから、必死だったんだけど、よく寝なかったな俺。
その後、入学式から帰る新入生を待ち伏せして、勧誘マシンガン。誰にでもできる、簡単な仕事です。
その後帰宅して、曲の解釈……、まぁ、歌詞をどう考えてるかを、ぶちまけていく単純な話し合いなんだが、おかしい、三時間掛けても一曲終わらないとか。ちなみに、ミュージカルの解釈には五時間かかった。
それから、適当に小道具の打ち合わせをしてからの帰宅……。

なんでもない一日に見えるかもね。
でも、黒い円形の物体を二つつけてミッキー!な感じのを先輩に激写されたり、館履きを忘れて取りに帰った所で引退したヤツと休部してるヤツを見かけて世間話したり、気づいたらサイフに銅とアルミしか入ってなかったり、恋人繋ぎを初めてしたりと、相変わらず掘り起こせば比較的誇れるドラマがあるじゃない。
あー、宿題は初めての授業の時らしいから、いいや。……明日、テストあるらしいけど、復習だから大丈夫なはずだ。

  1. 2010/04/08(木) 23:37:16|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チオビタを飲むの忘れて死に掛けた。でも頑張った。
ていうか、明日からもう新学期ですか。新学年ですか。クラス替えか。頑張れ。
宿題がガチで終わりそうに無い。
こんな時期だっていうのに、初日ペースでやってるのが原因なんだけど、まぁ、あからさまに体力もたないからかっ飛ばす必要も無いかと思ってね。
んー、本気で追い詰められれば、強くなる男だ、俺は。
追い詰められた狐はなんとかとか言うしね。俺、狐じゃねえけど。

あー、ここって一応日記なんだよねぇ。
日記を書くかい?

朝は7時半に出勤。
っていうか、俺って8時集合とか、ぴったりの時間を要求されると絶対間に合わないんだよね。7時50分なら間に合うのに。
つぅわけで、八時五分くらいについたけど、お咎めは特に無かった。良かった。
そっからは、色々わーわーやって、気づいたら18時半。なんというタイムスリップ。
それから、小道具作り。書類だとか、マイクだとか色々と作った。
そんで、帰りはいつもどおり。あー、なんか最近会話が続かない。どうしよう。でも和むからいいや。

実にどうでもいい一日だったけど、夢みたいなもんで、きちんと時間を過ごしていたけど、いざ終わるとあっさりと忘れちまう、カレンダーの一ブロックなわけで、淡々とした一日な訳が無い。
吹奏さんが運んでたひな壇を紙一重でかわして、トイレに滑り込んだら洗面台に友達がいて、びっくりしてたら靴下でタイルに乗ってしまった事件だとか、先輩三人が楽しそうに手を繋いでグルグル回ってるのぼぉっと見てたら、すげぇ勢いで突っ込まれたりだとか、彼女さんとさりげなく間接キスをしただとか、そういう細かい出来事は多々あるわけで、なんでもない日にも小さなドラマがあるわけだ。
無いって思うんなら、よく探してみるんだ。ゲームで一日が潰れた坊やだって、トイレにくらい立つだろ? 
で、明日もそういうどーでもいいバカバカしい出来事があると思えたなら、寝るのは惜しくないはずだ。今日とはさっさと決別するんだな。
ってあぁああ宿題かぁあ。おめぇの所為かこん畜生。
俺も決別してぇよあああ。

  1. 2010/04/07(水) 23:15:36|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今日は一日中ずっと話し合い。死ぬかと思った。あんな不毛な話し合い、もうしたくない。話し合いっつか、スピーチコンテストだよなあ。

今日はアイボンを買ってきたよ!
目がホント死んでるから、マジで欲しかった。あんまり常用してると、やめられなくなるから、ちょくちょくと使っていくつもりだ。ちなみに、これから使うつもりだ。でも、洗面所が空かないからしばらく追記を書いて待ってる。



で、使ってきたんだけど、めちゃくちゃ零れたぞ。服の内側に入り込んでヤバかった。
でも、なんか随分と目がすっきりした感じ。朝夕二回ずつ使っていこうかね。


[]の続きを読む
  1. 2010/04/06(火) 21:57:39|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自信を持て!
頑張れ、俺!
立て、歩け!

宿題終了のお知らせ。
  1. 2010/04/05(月) 22:11:02|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

宿題が終わりそうに無い。
そんな時、俺はかなり気が楽になる魔法の呪文を唱えた。
明日から頑張ろう。

今日のテンションは最悪だった。なぜなら、チオビタ先生を連れて行くのを忘れたから。おまけに、睡眠時間も少なかったもんで。
そんな事を話したら、「え、そうだったの?」って言われた。俺のポーカーフェイスも舐めたもんじゃないと思うよ。それとも日ごろから、こんな顔してんのか。どんな顔だよ。

  1. 2010/04/04(日) 22:01:21|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんと来年の定期演奏会の実行委員になった。
緘口令が敷かれてるんだけど、まぁ、部内者は居ないだろうから言う。
適任者は、勢いがあって指導力があって精神的に丈夫で発想が豊かで周りが見えて人の配置が上手くて限度を知りつつも限界を見ようとしない大胆さを持ってて熱意がある人、だって。
強くプレッシャー辛いぜ。つかありえねえだろ、このスペックw無理ww
でも、多数決で決まったから、仕方が無いっちゃ仕方が無い。仕方が無いからやるっつぅわけじゃないけど、良いんだ。

よくポジティブだといわれるけど、楽観的じゃねえよなぁ、って過去の記事、特に二月後半の記事とか見てると思うよね。超病んでたし。ネガティブの底の底を行く病み様だった。今もそうだし。
それでも表面で取り繕えてりゃ良いよね。内面ガンガン見せて、同情を買うような真似をする位なら、家で寝てたほうがマシだ。
まぁ、余裕ぶっこいてられんのも今のうちだろうけどね。ぶっこけるうちにぶっこいておこうや。
そのうち、ここに記事を置けないほど忙しくなる日が来る。

しかし、今日のメニューは異常にキツかった。合わせ累計五時間近くとか、ご苦労さんしかいえないね。よく頑張った、俺。多分、技術じゃなくて体力が上昇したと思う。あれは、技術を磨くんじゃなくて根性をつけるメニューだよね。
体調管理は自分の責任って言うけど……、それだけじゃないよね、多分。
寝ろって……。

[]の続きを読む
  1. 2010/04/03(土) 23:00:43|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3



やっほう。


[]の続きを読む
  1. 2010/04/02(金) 21:31:01|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オフが瞬殺された。もう夜じゃねえか。
今日は彼女さんと出かけて、それからバンドいっておしまい。
いかにも十代っぽい。音楽って良いね。
テンション上げすぎて、指が痛いけど。

エイプリールフールだけど、嘘が来なかったなぁ。
シガツバカだなぁ、と思ってただけで、嘘も考えてなかったし。

明日から部活か。
頑張ろー。
[]の続きを読む
  1. 2010/04/01(木) 21:19:30|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。