弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日から学校です。
色々書きたいことがあるけど、明日宿題提出だコノヤロウ。
まだ半分しか終わってねえよ、こん畜生。
というわけで、夏の初めに書いた記事の呼応は明日かく。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/30(月) 20:32:24|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まけました
  1. 2010/08/29(日) 22:26:53|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日はついに大会です。
この一ヵ月半、ずーっとこれに費やしてきたわけで、特に課題曲なんて半年くらい下手したらやってるんだよなー。マジ、明日ってなんなの。まぁ、まだ通過点だけど。
しかし、俺がぶっ倒れそうになるまで、頑張ってきたのは何ででしょうね。
もともと、暇だから入った部活に、ここまで傾倒できたのは、俺の性格なのかもしれないが、一番大きいのは一人じゃなかったからか。
そんな風に言ったら臭いし、ベタベタで俺らしくもなんともないから注釈するが、単純に実際に果てて部活を脱退していった人たちのツケをモロに貰ってるから、余計に手を抜くわけにもいかず。
つか、俺が居なくなったら、どうなると思う? バスがいなくなるだろうが。
そんな風に、謎の尊大な自負心を常に抱き続けて早二週間。
そういう思考に浸ってたら、いつか絶対に足元をすくわれるが、別に俺としてはさっさと掬って欲しいもんだ。

さて、想像以上に疲れがキテるぞ。
今日チャリ漕いでたら、リアルに視界が歪んだし。別に吐くほどヤワじゃないが。
で、一応宿題やらないとヤバイなー。うちの学校31日から授業再開なんだよなー。
ていうか、明日入れて二日しかねぇのかよwwwやべぇwww
まぁいいや。どうにかなる。



  1. 2010/08/28(土) 21:16:27|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達から亀のストラップもらった。
ぬいぐるみのと違って、超リアルで女子には超不評だったが、スッポンが好評ってどういうことなんだろうか。

亀つながりってことで、今日OBの先輩が来て曰く、某大学の授業で浦島太郎の続きをかけ、というものがあったそうなんだが、それについて他の人が書いた優秀な話を持ってきたということだった。
浦島太郎といえば、いじめられてた亀を助けてその甲羅に乗ったら竜宮城に連れてかれて、三年過ごした挙句、数百年経ってた、で、禁忌を犯して玉手箱開けたらじじぃになった、という話。
御伽草子が原本だが、それによると三年居て、現実では七百年経ってて、玉手箱開けたらじじぃになって、それから、鶴になって蓬莱山に飛んでって、それからどっかの神宮で祭られて、そこで亀になった乙姫とあって、幸せに暮らしましたというハッピーエンドなんだが、まぁ、大衆によく知れ渡ってるじじぃエンドからの続きを書いてくというものらしい。
ちなみに、先輩が話したのは流れなので、俺が適当に物語っぽくアレンジする。

つづきから
[]の続きを読む
  1. 2010/08/26(木) 20:47:55|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大会数日前。
士気は上々といったところ。
しかし、無双が面白すぎる。お陰で宿題が手付かずである。
まぁ、いいや。面白いから。
これやってると、大分武将とかが覚えられて良いよ。
しかし、最近眠い。少し、睡眠時間を抑えすぎてるっぽい。
だって、やること多いんだからそりゃ少なくなるわい。

大会まで、突っ走るために、栄養ドリンクに金は惜しまないことにした。
今日も360円程度のリポD買ったし、一昨日はアリナミンVを買った。
アリナミンの方が良く効くことが分かった。
あとは、高けりゃいいってものじゃないことも分かった。
後、睡眠が最高の滋養強壮だってことは解った。

というわけで、寝ますノシ
  1. 2010/08/25(水) 21:55:24|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく無双orochiで全武将出した。
後はテキトーに遊ぶだけか。これで2000円はめっちゃ美味かったぜ。

今日は、夏休み最後のオフ。
後は、終末まで駆け込むだけなんだが、絶対一悶着あるわ、これ。
もともと、150キロ投げられるようになってからコントロールつける集団だから、モチベーション下がると下がりっぱなしなんだ。
それが、少し低迷状態にあって、それをどうしようか悶々としてる幹部がおるし。
寝ろ、としか言いようがないけどね。
俺は寝ます。

つぅわけで、葛西臨海公園に行って来た。某ネズミの国の最寄駅舞浜のお隣さんやで。
目的は水族館で、涼しくなれればいいと思ったから。
亀がかわいかった。
まぁ、いつもの如く疲れたけど。もともとインドアだからな、俺は。
でも楽しかった。
次の予定は家でジグソーパズル。


  1. 2010/08/22(日) 21:49:05|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日登校日なんだけど、毎日行ってるから、別にどーでもいいや。つか、面倒くさ。でも、あんまり気にならないや。

なんか、明日までに折鶴二十五羽折る義務があって、急いでそれ折ってるけど、一羽にどうしても二分必要。
概算で五十分必要で、残りがあと五枚程度。
俺頑張った。後は明日頑張ろう。

今日はホール練だけど、あやうく練習中に立ち寝するところだった。
と倒れそうになって、ガクンってなって目が覚めたんだけど、倒れてたらどうなってたんだろうなー。
基本的に、二日間のオフ明けなんてものは、絶対的にシケる。そのシケをどれくらいまで封じ込めるのかが肝心なんだけど、みんな必死なのだ。
ただ、誇りというか、ある程度の自尊心があれば、それを指摘する言葉に憤慨する心が生まれるはず。
少し棘のある言葉で深く考えるくらいなら、憤慨して作業した方が、雑になるだろうが向上心の表れじゃないか、それは。

そんなことより、また部活にリア充が一人増えてたし。丁度、俺が彼女と喧嘩してたのを和解した日だった。
いい感じの変態だった。早速家に呼ぶとか何事。ピアノを教えてもらおうとか思ってたらしいけど、四時間話して終わったらしい。
その頃俺は男二人で東京散策だよー。

とりあえず、疲れたから、明日、教室で寝よう。
  1. 2010/08/18(水) 22:19:38|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悩む人は、どんな状態よりも格好いい。
人生という名のギャルゲー
新しい連載小説れす。実に一年半ぶりの長編れすね。これが完成すれば、三本目の長編れす。
別に、ギャルゲー要素は無い、って断言できませんが、そんなに入れるつもりはないれす。
一応、筋道は立ってますけど、結末は決めてません。起承転までしか決めてません。
今回は、ラノベ志向じゃないつもりだけど、すぐに戻ります。

  1. 2010/08/17(火) 21:53:58|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日はなんか、特別授業的なもんの宿題で、幕末に事件が起こった場所に実際に行って来い、っていう鬼畜な指令が出されていたので、それをこなすために東京にいってきた。
なげー間電車に揺られ、まず小田急線で豪徳寺へ。
豪徳寺には大老井伊直弼の墓がある。
安政の大獄や、幾つもの条約を結んだ十五代彦根(滋賀)藩主だったが、桜田門外の変で暗殺されたが、その後、暗殺の事実を隠すために、とられた首を縫い直して床に寝かして、三日ほど過ごさせたらしい。
だから、死臭がヤバい。
さて、駅名が豪徳寺というのであるが、その豪徳寺が見当たらず、しばし歩き回るが影すら見えない。
仕方ないので、近くの店で教えてもらって、歩くこと二十分、豪徳寺正門に到着。
でも、墓石の修理だとかで、肝心の墓が見れなかった。
とんだ無駄ボーン。

それから、東京メトロをひたすら乗り換えて、皇居に。
ここには、件の直弼が暗殺された、桜田門が在るのだ。
一時間弱歩いて、それを見つけたけど、警察官が三人ほど見えたので、遠くから写真に撮って、終わりにした。

何故か、その後の流れで浅草に行くことになったのだが、飯処を探して歩いていたら、よく分からないところに漂着してしまい、餓死の危険に晒されたが、なんとかマクドナルドを見つけて、事なきを得た。

なんか、めんどくさくなってきた。
それから帰って今に至る、おわり。


  1. 2010/08/17(火) 20:19:59|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんと合宿から生還した。
その過程を丁寧に書いていこうと思う。

まず一日目は、某所に集合。
なんか祭みたいなのがやってるのを横目に、俺はひたすらマイミク申請を承認してた。
バスは窓際の席で、席順こそ決めてあったものの、色々と自動調整がなされて、話しやすい男と隣になった。
早くも寝顔を撮られる者が続出するなか三時間、予定より一時間早く到着。
昼飯は驚異的な軽食で済ませて、自分達の部屋に荷物を置きに行く。湖がよく見えて風通しが良くて涼しく、ベッドが一人ずつに充てられた、なかなかいい部屋だった。ちなみに、男三人。
そこから練習開始。夕食を挟んで二十二時に終了した。
まぁ、そこで結構気楽なムードになるもんだが、生憎我々は幹部を決しなければならない義務があったので、二十四時に某部屋に集合。
かなりどんよりした雰囲気でその日は終了して、寝たのは二時くらいだった。
二日目、起きたのは五時。マジ三時間睡眠。
六時から朝食を摂って、それから練習開始。
バスが結構重要な役割を担ってて、ほとんど休みが無い曲だったので、かなり疲れる。昼には、結構ボテボテになっていた。
それから十三時から練習だったんだけど、超強力な眠気が襲ってきて、一回視界が真っ白になって倒れかけたが、緑茶の力でなんとか持ち直し、そのまま十九時まで辛抱した。
それからは、歌の解釈。何を伝えたいか云々を話し合った後、合わせ。
二十一時半に終わった。
それから風呂に入って、今日はまったり寝れそうだなー、と思ってたら、なんか女子二人に「そこの少年」と声をかけられ、連れて行かれて曰く「昨日の話合いの最後にさ……」と、前日の幹部決めの話から始まった。
最後に、どんよりした雰囲気になったのは、仕切っていた長が、その会議に臨む姿勢についてを言及したところ、一人の男(俺と同じ部屋の)が反駁しての結果である。
俺はどっちの意見も頷けるし、逆にどっちも言いすぎだろう、と思う派だったのだが、その二人もそうだったらしい。
それで、その長ともう一人がいつか、彼に抗議しようと考えている旨を伝えられた。
そんでもって、その長を擁護するか、それとも彼を擁護するかの派閥に分かれはじめているらしい。
で、呼ばれた俺も含めた三人は、中立側。
ため息がでるような話だったが、前日の会合よか絶対的にマシだった。
それは二十四時半に切り上げて、部屋に戻ったが、部屋の面子が一人たらない。仕方ないのでごろごろして待ってたら、一時半くらいに帰ってきたので、仮面サイダーで乾杯して寝た。二時半だった。
次の日の起床は四時半、集合が五時だった。
三日目、起きたら四時五十八分だった。
血相変えてコンタクト入れてジャージ羽織って飲み物買って、五分遅れ程度で山登りが始まった。
苦行だった。
足は前々日、前日が練習で立ちっぱなしだったので、相当来てる。五分ほど登って、足がパンパンになった。
足首に五キロの枷を嵌められたような感覚で、なんとか天辺に到着したらどうだ。
絶景。
雲が丁寧に敷かれた様に一面に広がり、そこから突出した富士山が荘厳に聳え、東を見れば雲が滝の如く山肌をすべり落ち、西を見れば日に照らされた雲が燦々と輝いていた。
そこで、記念撮影や合唱をちょこっとしてから下山。
朝食はやや遅れたがさっさと片付け、荷物の整理をしてから練習開始。
終わればすぐさま昼食、それから荷物を詰め込み合宿所に別れを告げた。
帰りのバスは女の先輩の隣。疲れていたのか、出発十五分ほどで酔ってしまった。
酔い止めは持ってきていたのだが、どうせすぐ爆睡するんだろうと思って、バスの腹の中。
残念に思ってたら、隣の先輩がくれるというので、有難くもらった。水なし一錠じゃない、バリバリカプセルだったので焦ったが、奇跡的に少しばかりお茶が残っていたので、それで流し込む。
その、五分後くらいに爆睡を開始していた。
SAに停車するところで目が覚めて、腹が痛かったのでトイレに向かったら、なんと和式しかあいてない。
山登りと練習に疲れた足腰に鞭打って、十五分ほどずっと頑張ってた。
なんとか済ませて出たら、行方不明扱いされてた。
走り出したらすぐまた睡眠開始。
しかし一時間程度でまた目が覚めてしまった。
なんとなく、ボーっとしてたら、通路挟んで隣のヤツの携帯に、もう一つのバスの住民から電話がかかってきてた。
あっちも暇なのかー、と考えてたら、いきなりその電話が切れたらしい、そいつが不思議がっていると、今度は俺の携帯に電話が掛かってきていた。
それから二十五分くらい電話して、メールでしりとりしてた。
ふと、男衆が騒ぎ出したので、そいつらの指出す方を見ると、一人の後輩と部長(女)が寝ているのだが、それぞれの身体がくっつきそうになっていた。二つの頭が互いに支えあうような図だ。
まぁ、実際くっつかなかったが、結構いい距離まで来ていた。
若い頃(中二)はあこがれたもんだが、今じゃそうでも無いな、と漠然と思いながら、その図を写真に収めようと奮闘する通路挟んで隣のヤツを見てたら、前の方の男から「お前あれより近かったよ」って言われた。
その隣の先輩はかわいい。
でもな、寝てると分からんのだ。
見てるのが一番楽しいもんなんだ、とその睡眠中の部長を見て切に思った。
それから、やっていたしりとりは順調に進んで、目的地が見えてきたので、あんぱんまんで終わらせたら、ンジャメナって帰ってきた。

そうして、合宿が終わった。
超疲れた。
でも、今日と明日とオフなので、万歳なのかも知れないが、生憎と、両方とも予定が入ってしまってる。
しかも、両方電車乗るし。休めねえ。
まぁ、今日の分はもう終わったんだけどね。明日は東京にいくだ。

おしまい。
  1. 2010/08/16(月) 17:21:44|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トイレにて。

睡眠時間3時間なり。今日フル練なのに、下手するとくたばりそうだぜ。
ただ、ベッドだったから、結構寝心地は良かった。
蜘蛛がめっちゃ湧いてたけど。

がんばる


  1. 2010/08/14(土) 07:44:26|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オフが終わった直後は、「今週末合宿かー、ラスボスだなー」と漠然と思ってたけど。
明日から合宿じゃねぇか!
遠くで走ってたトラックが、気づいたらすぐ後ろに居る感じ。適当にあしらっておくと、すぐさま近寄ってくる
恐ろしい罠だ。
あー、昼のお釣りでリポビタ買っておけばよかった。
なにぶん、ガチ合宿で山梨のどっかに赴いて、容赦しねぇスケジュールが待ってるんだぜ。
まぁ、去年よかマシだろうけど。
バスの席はもっとどうにかならなかったのか、と思うけど。

生きれるようにがんばろ。
  1. 2010/08/12(木) 18:24:44|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぎゃー、オフが瞬時に終わったー。
大事に過ごそうと思ってたのにー。


  1. 2010/08/08(日) 21:56:34|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日もまた、午前中だけだったけど、ホール練。
何か、いやらしいほど時計が見えて、しかも二つあったから、もう落ちつかなくてしょうがなかった。時計が見える位置で、練習するのは嫌いなんだよね。お陰で、超キツかった。
終わった後、先輩に「昨日ちゃんと寝たー?」って訊かれて、「昨日は寝たほうですよー」って言ったら、「けっこうヤバそうだったよ」って言われて、やっぱり疲れまくってんだ、と悟ったので、帰って二時から七時まで寝てた。寝すぎて気持ち悪い。

で、明日はオフで、その次のオフが二日間連続だから、やっほー、って思うかもしれない。
でもね、なんか門番が居るんだよ。合宿っていうね。
臼にのしかかられたみたいに、ぺっちゃんこになる自信があるね。身体も精神もギザギザになるよ、きっと。
しかも、なんか次期幹部決めもするらしく、ほぼ徹夜の覚悟らしい。
死んじゃいそうだけど、まぁ、いいや、死んでも。悔いは無いよ。

  1. 2010/08/07(土) 20:31:54|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲労度が半端無い。
どんぐらいやばいかっていうと、チオビタが効かなくなるくらいヤバイ。後、足元がおぼつかなくなって、熟考ができなくなった。集中力なんてカスそのもの。
でも弱音は吐かん。んなもん、吐いて淡い同情もらって悦に入る余力があるなら、文章のひとつを書くか読むかしたほうが、よっぽど生産的だ。

今日はホールを借りて練習。
死ぬかと思った、ほんと挫けそうになったが、なんとか適当なスタンスを保持することで、乗り切ることができた。
日々評価の連続なので、もういい加減うんざりしてきた。
一回、本気で体力回復したいもんだが……なぁ。俺には明らかに時間が少なすぎる。まぁ、ゲームで小一時間潰してる時間はなんなんだ、と問われれば、理屈で説明することは無理なんだけど。

ちなみに、あと二日頑張ればオフだが、頑張る気になれないから、他の人頑張って。
俺は頑張る人を応援しています。

  1. 2010/08/05(木) 22:25:59|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ああ。突き指が痛くてうまく入力できない。
というわけで、今日はこれまで。
  1. 2010/08/03(火) 21:46:59|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は大会。
結果は金賞、関東大会へ出場決定。
従来の俺なら、もっともったいぶって演出を精一杯かけて、無駄な言い回しを多用して、質を高めるよう尽力するんだろうけど、今日の俺は一味違う。
過度な悪戯で彼女を怒らせた会場への道中、気分は湿り切って不安漠々、顔は自分でも分かる程憔悴していて、時間が経つのをひたすら待つばかり。
リハーサル中も、後輩に「顔ヤバイっすよ」って言われて、「心配いらんさ」とキザっぽく振り舞うわけではなく、心配はいらんさ、とばかりに手を掲げて、続行。
舞台裏に行っても、怒らせたことで嫌われないか、ひたすら不安がっていたので、全く緊張なし。
舞台に入場しても、全く緊張なし、むしろさっさと終わらせて、どうにか弁解したいものよ、とぎらぎらとした眼光を指揮者にぶつけながら、曲を歌う。
途中で色々と起きた。
伴奏とズレたり、ソプラノとバスがズレたり、指揮の先生が拍ミスったり、隣の後輩がめっちゃ速くなってたり。
でも、俺としては、抜かりは無かった気がする。ほとんど、ホールでの練習経験が無かったためのものだったと、俺は開き直って舞台を降りた。
このときほとんどの人が「終わった……」と思ったらしいが、俺は何も思ってなかった。ただひたすらに、子供じみた悪戯への後悔を連ねるばかり。
後の演奏は、ひたすら目を閉じて過ごした。意識が飛んだらしいけど、他のトコの演奏はよく聞けた。
一回、得意の空耳を生かして、歌詞を聴いてみようと思ったが、途中で眠くなって寝てしまった。

結果発表までに、少し時間があった。
舞台を開放するので、好きなことをするといい、とのことだったので、早速男どもが舞台に上って、宇宙戦艦を歌い始めた。歌詞が何を言っているのかよう分からなかったが、まぁ、男声合唱は好きなので楽しかった。
その後、知ってる曲をやるっていうので、先輩達が舞台に駆け上がっていった。俺は、座ってみてた。
なんか気づいたら終わってた。よく覚えてないなぁ。
次はいざ立て戦人をやるとか、ピアノのベーの音で判断したので、俺は立ち上がった。その辺、俺が立ち上がるまでいろいろといざこざがあったが、まぁ、面倒なんで省略しておく。
まぁ、俺は調子こいて慣れないローファーで駆け出して、階段があるのにあえて無視して飛び乗ろうと舞台の淵に手をかけて、思い切り跳びついたが足がついてこなかった。
右足が思い切り引っかかって、舞台の中心で膝をついた。つか、こけた。
左手に、鈍い痛みを覚えたけど、そこで留まるにはあまりにも鬼すぎたので、急いで端へ。こけたときに、笑いが起きたけど、まぁ、笑いをとれたと考えれば、問題なし。
なんか、テナートップのヤツが、バスのところにいて、めっちゃ低そうに歌ってたけど、なんだったの彼は。
その後、帰った後、「だっさwww」とか散々バカにされたけど、まぁ別に気にしなかった。それより、彼女の心境のほうが気になってしょうがなかった。
結果発表が始まった。
長い講評を軽くメモをとりながら聞いて、いよいよ審査発表。
はい、そんで結果は上記の通り金賞でした。
めっちゃ意外だった。がっかりしないように、銀賞だろうと思っていたけど、うん、だけど、結構安心した。

まー、きちんと謝って彼女には許してもらえたし、今日はそこそこ良かったんじゃない。
このステージでこけたときにできた突き指は、かなりいたくて、打ちにくくてありゃしないけど、まぁ、思い出になるだろう。半端なく痛いんだけど。
明日からは、また新ステージだ。
ああ、沈黙したい。
  1. 2010/08/02(月) 21:29:23|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

読みたかったら読んでくれ。

[]の続きを読む
  1. 2010/08/01(日) 21:07:49|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。