弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私は帰ってきたぁ!
合宿から帰宅。帰ったら、コテっと寝付いて今に至る。

場所は東京某所。新宿とか渋谷とかいう、よく聞くけど遠い地名に思える場所が、案外近くにある場所。
なんか広いらしいんだけど、学校が学校なだけにあんま広く感じないし、建物の位置構成をおぼえるのも問題ではなかった。建物の内部は微妙だったけど、まぁ、自販とトイレぐらいは分かる。
基本的に、一月にあるアンコンに向けての特訓で、一日目の滑り出しは、先生の警句が響いてなかなか引き締まって始まった。
練習室は(小)と書いてあるわりに、うちの学校の一番大きい練習室よりもでかくて、なんとも皮肉めいてる。
でも天井が驚くほど低く、響きはあまりない。広い感じがしないので、声がやたらと反射しまくって、よく声が聞こえるのが利点か。しかし、ホールを意識するのにはあまり向かなかった。
それから、先生のあわせ練習が入る。
朝、全体で集合したときの緊張した雰囲気とは打って変わって、最初はベタ褒めを頂いた。
講習会があったが、そこのおばちゃんたち曰く、クリスマスコンサートの男声がすこぶる良かった、とかなんとかで、ファンがつきましたねー、と、破顔。曲に筋が通って、ある程度したい音楽が見えてきている点は評価できる、と激励。
その上で、バランスやれスタミナやれの突き詰めが始まる。
緊迫していた上の、過度と思える緩和の効果で、その日の練習はかなりいいものとなった。
部屋はベッドが置いてあるだけの至極簡単なものだが、夏合宿のそれより広かった。しかしテレビがない。洗面台がない。トイレがない。ゴミ箱もない。空調もない、と本当に寝るだけの部屋。
浴場に行くと、他の合宿団体がわんさかいて、カオスだった。それらが、湯気が凄まじく立ち五メートル先が見えない風呂場で、わーわーはしゃいでいる。まぁ、うちもそうなんだけど。風呂場はかなり響くので、歌うと上手く思えて気持ちいいんだが、こんだけいたらしょうがないな、と湯船からあがったら、ひどい立ちくらみが起きた。
のぼせる寸前でした。
夜は定期演奏会で、パート紹介で行う曲を決める。
まぁ、皆疲れてるのでかなりぶっきらぼう、というか、伝統の話題逸らしがやばいほど働いて、困難を極めた。
Mステ生放送の件で、話題となっていたAKBのbeginnerがでたところで、もうそれでいいんじゃね、とかいう流れになった。渋る人がいたけど、理由をただすと女装は嫌だという。曲がそれだから女装ということはあるまい、とかなんとか言って、もう眠たい一心でもう決まってしまった。
女声と被らないかな、と言ったら、女声がAKBwwwwねぇよww、と笑われたので、確かにそうだなと思った。うちの部活にJKはいないんだった。
翌日、俺はしゃっきり目覚めたけど、同室の連中はあまり布団から起きなかった。
とりあえず、着替えて、沁みるコンタクトをいれて、ハミガキをしたところですることがなくなった。飯まで三十分あって、暇だ。これならば、まだ寝てたほうが良かった。
仕方ないので、クリスマスに買い込んだ本を読んだ。面白い。でも少しホラー風味があるので怖い。でも面白い。
飯はバイキング。ついに先生公認の偏食家な俺は、ウインナーとプレーンオムレツだけで済ませた。でもオムレツはあんまり好きじゃない。
そういえば時間はさかのぼるけど、一日目の夕飯のとき、ライスおかわりに行ったら、なんと炊き込みご飯があった。テンション上がって席に戻ったら、先生が「お、炊き込みご飯!」と即座に反応して、早速取りにいってた。炊き込みというのはそれだけの価値があるのだ。
午前中は、定演でやる曲の音取り。外国語だからよくわからん。CDを聞いたが、素人でも分かるくらい発音が分からなくて残念だったが、CDに入るくらいのところで、わけわからなくなるんだったら、うちらがやったらどうなるの、って自嘲的に思った。
昼を喰ったら、なんか眠くなった。
少しまだらな意識の中、午後の練習臨んだので、初日のときよりもモチベーションは下がった。皆も同じよう、というか疲れが顕著にたまってきている。
そんなコンディションの我々であっても、そのパフォーマンスの向上が容易である練習を提供してくれる先生は、やはり才能のあると思う。
早くも夕食。ハンバーグカレーを受け取った俺が、席に向かったらなんか黄色いものが見えた。
プリンじゃねぇか。
早速もらいにいった。学校給食でよくある銀色の容器の中に、凍ったプリンがずらりと並んでいる。
それを持って席に戻ったら、丁度先生もやってきて、「お、プリン」と言って、またもや即効で取りに行く。「これはもらうしかねぇだろー」とすごい笑顔で戻ってきた。それだけ価値は余裕である、プリンには。
でも凍っているので、それを気に入らんと思った奴は、適当に温めてとかしてた。
胸元に入れて温めてる奴が散々言われまくってた。まぁ、たしかにきもちわるい。
隣の隣の方で声があがった。なんか股間で温めてる奴がいた。
「虐待だ!」「プリンの気持ちを考えろ!」とボロクソ言われてたけど、ニヤニヤしながら結局完全にとかしきって食べてた。うまいのか。充分凍ってても上手いと思ったけど。
夜の練習は、曲の解釈が中心だった。気づいたら終わってしまった。異様にあっという間だった気がする。
浴場は昨日よりすいていた。またのぼせるといけないと思ったので、さっさと上がってきてしまったら、例の如く暇になったので、まだ読書してた。部屋は冷え冷えとしており、ベッドはスプリングがきいてはねるばかりで、別段快適ではない。
その後、今度は男声十か条のなるものを決めた。
俺は前に作って印刷した物を見せたらうけた。ネタで書いたからあんま相手にされなかったけど、最後にいれた修造の文句がかなり気に入られたらしく、あっという間に採用された。
そのあと、ぐだぐだし始めたので、あとは幹部が決めるといって、お開きになった。俺は即刻寝た。
次の日はあまり目覚めはよくない。朝飯のバイキングも、あいかわらず茶色でそまって色がない。発声も艶がない。完璧に疲れてますね、はい。
其の後、成果発表という旨で、男と女で発表しあった。
女声は、外国語の曲で、フランス語とノルウェー語という、完璧に知らん言語なのでさっぱり。
フランス語は特徴を出せていた気がするが、ノルウェーは全く分からん。記号の名前をひたすら並べてるだけにきこえた。宗教曲っぽいらしく、なんだか神聖なハモりが多かった。
発表を終えた後で、指摘しあいましょう、という場が作られて、指摘されたのが言葉の問題、「ゆりかもめ」が「ゆにかもめ」にきこえた、とかそういうもの。初歩的なものではなくて、なんだか上手くなったということを示唆されているようで心地が良かった。でも、歌詞が伝わらないのは残念だが、そんなものはこれからどうにでもなる。

そんな感じで合宿が終わり。
現地解散で、12時に解散し、家についたのが14時くらい。
少し眠いな、と部屋で横になっていたけど、気づいたらはねとびのほぼ百円ショップと思しき音がきこえてきて、起きたらなんかリビングにいた。

疲れきったぜ。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/29(水) 22:03:45|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午前中は話合い。
相変わらずネガティブで、過去を省みるばかりの発言の群れに辟易して、ただ前を愚直に見据えた意見を述べてやった。二十分ほどスピーチしていたが、しかし結論から言うと、ポジティブになれ、という話。
皆深刻にネガティブになるからタチが悪いのだ、真剣にポジティブになれ、といったのに、それ以降の発言にも、全く俺の言葉が反映したものがなかったので、少し凹んだが、学指揮はうまく汲み取ってくれたようで、なんとか持ち直した。

午後は大掃除。
天井が汚いというので、椅子に乗って、せこせことモップではたくように拭いていたが大して効果がない。
でも埃を落とすのが目的であろう、と続けていたら、脚立に乗っていた学指揮が、蛍光灯を外して、その奥のクソ汚い空間をゴシゴシやって「やべー、超落ちるwww」とたちまちに、蛍光灯一本分の範囲を綺麗にしてしまったので、路線を変更して天井に急接近して行うことにした。
最初は一台で行っていたが、時間的に不可能だと悟ったので、二台目を……、と思ったが、どこにも見当たらぬ。
少し考えて、近くの教室から机を五つパクってきて、四つ四角く並べたものの上に一つを載せた、ピラミッド型の高台を作って乗ってみたところ、上手く天井に届いた模様。
時間的に、もう一台を作りたいところだったが、人がいない。男が先刻まで群れて窓を磨きまくっていたのに、一人も見当たらぬ。
もしやと思って走ってみたところ、果たして小さな練習室に男が四人詰まって掃除していた。
何で普段使わぬ練習室を掃除するか、と一喝して、呼び戻し、早急に机ピラミッドを作らせ、掃除を始めさせた。
これで都合三台の高台が機能していることとなる。
俺は安堵して、バケツの水をひたすら交換していた。
だが、やがて脚立の天面に立って作業していた学指揮がだれたので、俺が代わった。
正直、めちゃくちゃ怖い。表面積が狭い、足のサイズが二十七もある人なら、両足を載せただけで九割埋まるような鉄板の上、頼りなく開いた鉄の棒四本に全体重を託す形となるのだ。しかも酷く揺れる。下で支えている奴が非常に頼りない。ぶら下がるとかマジおかしい。
なんとか恐怖を克服して、掃除を開始、非常に汚く、綺麗になっていくさまが明瞭に分かるので、爽快といえば爽快だった。雑巾をいくつか交換して、ようやく完了したところで、今度は降りるのに手間取る。足をかがめると、かがんだ脚に体が押されて落ちそうな心地である。
なんとかバランスを保って、降りた。これだけで、食パン一枚分のカロリーは消費した気がする。
それで蛍光灯一本、残り軽く五本はある。
しかし、一回慣れてしまえば後はどうにでもなる。俺はなれるまでが問題な男だ、軽く片付けて終了した。

そんで……、明日から合宿。
ただでさえ今日の話合いは下向きで終わったのに、不安でしょうがない。
しかし、これでひと悶着なしに、安寧に終わったとしたのならば、成果など感じも現れもしないだろう。
そういう意味では、この年末は修羅場ともいえる。


そういえば、三四郎を読み終わったので感想。
夏目漱石は余裕派と呼ばれる流派だったみたいで、田舎から都会に移った三四郎を視点に、恋愛や環境への苦悩といったものを、豊富な語彙で語った読み物だった。
ストーリー性というよりも、その感慨の経過などを味わって読む感じで、そういうところに美を逐一感じることに面白みを感じた。起承転結はついでに設けられたようなもので、読む気分として、自分の生活との平行線上にある生活、といったような感覚だった。それだけ、三四郎を通して見える明治の町並みが鮮明に見えるのである。
そして、読了後のじんわりと襲ってくる切なさが、文豪という言葉の意味を暗に教えてくれたような気がした。

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
クリックおみゃあします(>ヮ<)
  1. 2010/12/26(日) 21:32:46|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




年末クソ忙しくて、ろくに更新できませんでしたが、今日はクリスマスオフということで、ちょっくらまとめ書きしてみようかと思いまする。

期末テストの集団身投げが始まってから、このブログの更新は途絶えたわけだけど、案外毎日チェックしており、そのアクセス数の減少を見つつも、家に帰ってすぐ寝る生活をループしていたんですが、結果はド阿呆なもんで、平均やっとこさ八十乗った程度で、しかし、それでもクラス三位というよく分からない仕様。しかし、通知表は六位という、やはりテストの点数がすべてではない、という結果を思い知らされることになりましたが、よく考えたら、推薦など狙っていないので、俺は別段、内申に執着する必要は無いし、身近に4.75とかいう人がいたので、そんなに幻滅はしませんでした。

部活の行事に関してですが、年末恒例らしい、ベートーベン第九のコンサートに出場するためのフル回転が期末明から始まりまして、それでもどこか飄々として、判然としない練習の果てに、その第九の翌日にあるクリスマスコンサートでやる曲の出来があまりにも酷いと、先生が怒りまして、普段は温厚な人なもので動揺しまくって、しかし、それほど練習時間が取り入れられなかったものなので、こういった横ばいな期間が続きました。
第九リハーサル前日には、お隣さん、全国常連の吹奏楽と一緒に、第九のあわせを行いましたが、諸外国に出張するほどの実力の吹奏楽でも、やはり言われ続けているのは同じようです。
「自分達の音楽!」「ビビるな!」「歌が主役だぞ!」「ドイツ語だぞ!」
初の伴奏あわせだったので、とても楽しいものとなりました。テノールとソプランの音域が鬼畜なんで、彼らはひーひー言ってましたが、バスの俺は別段苦しくないので、疲労感もありませんでした。まぁ、音域だけの問題ではないでしょうが。
翌日はリハーサル。
今度は市民合唱団の方々とあわせて、これはまたド派手なものとなりました。
ソリストの人も来てのリハーサルで、空のホールに歓喜の歌が轟いて、上がりが二十一時半……、それから、同期の父親方の車に乗せてもらって、帰宅が二十三時となりました。
それから本番。なんだか、あっさり終わりました。二十五分程度の曲ですが、やっぱり夢中だとあっという間なんですか。
拍手は延々と続いて、賞賛の声が上がって、やがてアンコールが飛び出し始めました。
それに応えてアンコール、といっても、第九のサビといえる部分、練習番号Mを観客と一緒に歌うっつぅもんです。ドイツ語だけど。



喜色満面、超満足して帰宅してから、ひたすら戦国無双に励みました。
翌日はクリマスコンサート。皆あれから練習してきていたようで、ちょくちょく微妙ではありますが、披露できるレベルにはなったようです。
もうこの季節、十七時程度になれば、暗くなるもので、月ばかり映える夜空の元、屋外のステージでいくつもキャンドルが揺れる中で、歌いました。
ホールで行う演奏で、座って聴いての形式的な拍手ではなく、ステージの都合上立ち見での心よりの拍手がされたことに、これが自分達の求めるものか、と再確認させられました。
アンコールも無事に決まって、わいわいとにぎやかだったことを後に咎められましたが、それでも、経験というものに足るものになったと思います。

最近はラノベ離れが起こっており、今日も書店に赴いて、色々と仕入れてきました。
五冊買いましたが、そのうちラノベは一冊のみ。夏目漱石にも嵌っており、三四郎以下三部作に挑んでいる最中でもあります。
三島由紀夫は文体がいい、というので、そちらも仕入れてきました。仮面の告白です。読めるかなー。

と、ここまでが、出来事の流れ。
以下は人が変わります。

[]の続きを読む
  1. 2010/12/25(土) 22:05:05|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2



すごい書物が読みたい気分。
でも、ハードカバーは高すぎて、自己啓発本は題名がうさんくさすぎるので、結局本屋行ったのに何も買わずに帰ってきてしまった。


にほんブログ村 高校生日記ブログへ
クリックおみゃあします(>ヮ<)
  1. 2010/12/12(日) 17:45:34|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八時に家でて、十時半に帰宅。テストいいわー!
でもこれも月曜でお別れとなると、非常に寂しい。というか、もうぶっちゃけ終わってるに等しいんだけど。明日あさってで月曜からもう部活再開じゃ。すぐさま一週間前に迫ったイベントに向けて猛特訓が始まって、それが終わったらすぐさま合宿で今年が終わる。

*「そんな目前に控えた暴風雨の前の静けさの中、それがし小説を書き始めたでこざる。
*「果たせぬ野望は目隠しになるだけさ

大河ドラマとかで、武者がござる言うのは違和感ないのに、テキスト化してみるとすげー成ってる感というか、演じてるような印象を受ける。
というわけで、風呂はいってたら突如浮かんできたアイデア、ものにせんと早速成文化。
設定作って、いざ書き始めたらもう日が暮れてた。年を食ったみたいです。
どう考えても部活始まったら完結しようがないと思うから、できるだけプロットというか、構成を練っていかないとな。
別に、それができたからどうということでもないけど。

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
クリックおみゃあします(>ヮ<)
  1. 2010/12/10(金) 21:20:30|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



明日は一つの小山テストの日なんだけど、少しずつ準備してきてあるから、あんまり脅威じゃなくて、でもちょっと確認しないとまずいかなー、って感じなんだけど、微妙なラインに足の端載せてるだけだから、そこまで焦燥もあるわけでもなし、この微妙な嵩がつっかかって、あんまり取れなくて困ってます。
ちなみに、今日は爆死。まぁいいや、あんなん、学年末で盛り返せば問題なし。俺ならできる。日本史もそっちで……頑張りたくないな。

集中なぞできるはずがないと思って、マックに行ってきたんだけど、あっちもだめだった、うるさくてどうにもならんかった。
家に帰ったところでどうにもならぬことは変わらないので、結局どうしようにもない。明日の朝、早く行って仕込みを入念にする程度だろうな。

カラオケいきてー。でも、喉がやさぐれてて残念だからいいや。



にほんブログ村 高校生日記ブログへ
クリックおみゃあします(>ヮ<)
  1. 2010/12/08(水) 20:29:38|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テスト一日目。
日本史はおかしい。
「平氏にあらずんば人にあらず」みたいなことを言ったヤツの名前とか知るか。
解答が同じ問題を二つも作んないでくれ。お陰で確実に六点持ってかれた。
というか、俺の概念的に、どれだけできるかっていうか、どれだけ間違えないか、っていう考え方だから、三問ミス確定ってのは、キツイ。
ライテは余裕。なめとんのか。ガンジーが助走つけて殴るレベル。

其のあと帰宅して、色々遊んでたら寝てて、慌てて起きたけどぼーっとするので、とりあえず戦国無双で遊ぶ。楽しそうなサイトを回って遊ぶ。
其の後、適当に問題集やって、適当にサイドリーダー読んで……って、明日は英語なのねん。

前回は難しすぎてアホだったけど、今回もまた同じ人が作るんだって。簡単になるらしいけど、信じてないよ。信じてないけど、何もしない。
いやするけど。



にほんブログ村 高校生日記ブログへ
  1. 2010/12/07(火) 20:58:26|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勉強疲れた。
最近はアナログ思考で、めっきりこっちのデジタルに日記書いてないけど、さりげなく毎日ブログ覗いてます。覗くだけだけど。
テスト最終コーナーに差し掛かったので、物資補給しようと出かけたものの、財布に140円しかない衝撃の事実が発覚したので、仕方なしに適当に飴(プレミアとか冠してめっちゃやすっちい包装の飴)だけ買って帰った。明日にはなくなりそう。
日本史は大体おさえた。あとは年号を完璧にすればOK。
ライテは知らんよ、これから出題範囲の音読タイム。
その次は英語があるらしいけど、知らん。どうせ、今学期は5取れないんだろうから、別にいいよ。
政治経済が案外範囲が広くて死ぬ。日本史ライテに次ぐ関門。古典は何もしなくても90のるわwww
テスト前はこうしてまくしたてるけど、あってたことあるんかな。確認する暇なんぞないからおいとくけど。

なみだの数だけ強くなれるよアスファルトを裂く花のように
でも見せちゃいけないらしい、J-POP界の肩身の狭さが見受けられる。
アスファルト裂くって伊達じゃねぇぞ。

数学16点で赤点が期待危惧されるあいつは大丈夫なのか。
指数でそれはないだろ。

踏み切りの中央で立ち止まってるおばあちゃんは何してるの。
その人の世話人だと思った姉ちゃんが、赤の他人だったとか、俺も疲れてるんだな。

女子高生と100均のおばちゃんの話が弾んで、レジに10分掛かるとかコミュ力半端ない。

体育のサッカーで、調子乗ったヤツが、オーバーヘッドシュート二回外して、結局ヘディングで入れてフルボッコされるとか笑えない。

「英語の時間とかけまして、今頃の京都と解きます その心は、あき やまに来るでしょう」
英語の担当があきやまっていうの。やかましいわ。今冬だろ。

すき家のチーズ牛丼みたいなの、見た目がグロテスクで御下劣。美味いんだけど、あれでチーズ嫌いの人にキチガイって言われても何も言い返せないなと思った。

マグカップ買って、包装頼んだら、仰々しく「箱代がかかってしまうんですけども・・・」と英語でいったらcouldを三回重ねたようないいまわしで言われて、さぞかし高いのだろうと思ったら、60円で吹きそうになった。

めっちゃウキウキしてる英語教師が角を曲がった瞬間、一気に萎えてトボトボ歩き出した。
黒歴史を思い出したのか。

「どうしようとかいう問題じゃない、やるしかねえんだ」と、明日の日本史に強気な姿勢を見せた次の瞬間には、「でもどうしようかなー」とかぼやいてて、世の中って難しいんだなって思った。



にほんブログ村 高校生日記ブログへ
リックお願いします(>ヮ<)
  1. 2010/12/06(月) 20:36:00|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



期末テストか。もう平均九十乗りは不可能だと思う。あの時の俺は頭がおかしかったに相違ない。さもなくば、そんなドアホな目標掲げたりしない。いや、実際掲げてなかったんだけど、結果的にそうなっただけなんだけど、それでも好敵手に及ばないとか、あいつどんだけ明晰なんだよド阿呆。
昨日といえば、ライティングを勉強してたら気持ちが悪くなって、何も出来なくなって潰れたが、今日日本史をやったら三時間やっても全然平気という、どう考えてもライテ呪われ説浮上、そういや、前回のテストでも気持ち悪くなった気がする。実際熱も出た。というわけで、ライテは細分化して、細々やることを決めた。
古典は文章をワードで打って印刷して、それに書き込みまくる形式を採用。漢文にいたっては書き下しから、原文に戻す方法を採用。
日本史はひたすら穴埋め問題を作る。これだけに八時間はゆうに越えるから、オススメしない。
数学は問題集やれば終了。どうせLogで簡単だし、微分も簡単だしいいや。
現代文は適当にやれば80はのる。保健は傾向が分からないので、とりあえず重要視。
情報AはHTMLで散々やってきたので問題は見当たらないと思う。
英語はするより、野球をしたほうが経済的である。
そうこうぐたぐだ書いてるけど、案外時間が無いですね。時間がない、って騒ぐうちはいくらでもあるけど、本当にないときはそんなこと言ってられないから、そんなことのたわる暇があんなら英単語の一個くらいおぼえておけ、というのがこういうときに少し賢のある部外者から言われる常套句なんでしょうけど、まぁ実際のところこの台詞はいくらでも変容が聞いて、例えば、今病んでてヤバイとか言うヤツほど心に余裕があって他者からの同情慰めを欲してそういうことを言うもんだ、という法則があって、しかしながらそれを安易に否定拒絶するには愚直というもの、状況に応じれば、例えば、そういう言をかけてもらえると、信頼されての泣きつきもあれば、真の鬱というものを知らずして、あっさりと言ってしまう与太者ものいる、簡単に言えば、世界を広く見ろというので、自分を納得させることが出来れば、別に何ら問題は起こらないんですけどね。
つまり、自分に言い訳できて納得できるヤツは悩まないってことです。
自分に言い訳すんな!と小説とか漫画でどやされる人ってのは、納得できてないからどやされるんですよ。多分。



  1. 2010/12/05(日) 15:46:39|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。