弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スリープダンピング

今朝寝坊した。四時半に起きるつもりが、七時に起きた。でも何故か慌てなかった。何故か頭がスッキリしていかにロスした時間を処理して今日の勉強を最大限にするかを考えていた。

とりあえず、ひと通り受験科目を演習できるくらいのことはできた。
国語はセンター過去問だったんだけどさ、つくづく思うんだけど、センター国語むずくない? 一問、皆目見当がつかない問題があったんだけど、それは十年以上前のヤツだからかね、最近のはそんなでもないのかねえ。
それでもセンター国語は安定してきたかね。評論と漢文は毎回満点取れるようにはなった。でも、ほとんど毎回小説と古文の頭についてる意味の問題を、どれか必ず一つは間違える。そんで、いつも取り損なうのはそのどちらかの問題である。
小説やったほうがいいのか……ってあと、一ヶ月半しかないし。一応、Z会の小説のトレーニングはあるんだけど、ノータッチなんだよね、もったいないのか?
まぁ、冬休みに考えよう。
とりあえず、国語と英語は八割五分確定なので、問題は日本史だ。いつも八割いくかいかないかだから。

そういえば、センター国語の小説の文章が司馬遼太郎の項羽と劉邦だった。古典講読でいやというほど読まされ、ビデオもみせられ、武田泰淳の文章も読まされて、結構そのあたりについては知る所が多かったんだけど、それでもあんまできなかった、っていうのは別の話で、単純に面白そうだな、と思ったわけです。
というか、項羽と劉邦が中国史で一番面白いと思う。三国志よりも好きだな。
四面楚歌って、単純に「皆寝返った、オワタ\(^o^)/」って話だと思ったら、想像以上に深いところでの心理戦だったし、バラバラだった諸侯が一つにまとまって項羽を攻めるのも胸熱だし……。
受験が終わったら彼の項羽と劉邦読んでみようかな、と思った、それだけ。
でも、最近二年ぶりくらいにやっと続きを読み始めたフルメタが面白い。全くあらすじとかキャラとか覚えてないけど。それもいつの間にか完結してるみたいだから、そっちも揃えたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 21:01:46|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

低反発マットが反発しなくなった

従順マット。

今日は時間が無いので手短に。
学校でトイレに入ったんですよ、個室の洋式にね。
安堵して座ったら便座がわずかに沈んだと思ったら、背もたれになっていた便座の蓋が鈍くて派手な音を立てて、てこの原理かなんかで俺の背中を一回強打した後転がり脇に落ちたんですね。
「ボッギャーン」という表現がぴったりな音だったよ。痛かったし。
「大丈夫かぁ!」と外から声をかけられたけど、とりあえず腕の良いトイレ工を呼べとね。
そのまま放置していくのはどうかと思ったので、蓋を持ってあたりを見渡すと、ネジみたいなのが落っこちている。蓋の根っこについているナットみたいな物体と、便座についてる同じようなものをくっつけて、そのネジをぶっさしたらいい感じになったので、いいことをした気分で出ていった。

あまり綺麗な話じゃないけど、今日は一日が長かったんだ。
このままだと今日のノルマ終わんないので、このへんで。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/29(火) 18:50:52|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

求められるのはやり方ではなくあり方

と、今日進路センターの先生が言ってたんだけど、そんなもんとうの昔からやってた。
「どうやったら勉強できるようになりますかー?」と言われたら、「できないものをできるようにしましょう」と、日本史の金谷先生の本に書いてあった。
なんとも一問一答問題集の巻頭にふさわしい文句なもんだ。

なんだか知らないけど期末試験も近づいており、それなのに今日は一時間として自習が無く、なんとも遺憾な心情でいっぱいでありますけども、明日はきっと一時間はあると信じてる。
今日の七時間目とは一体何だったのだろうか。
進路の人の話は大分実があったけど、それ以前の話は残念の極みだったよ、特に教頭の話。
「36、これは何の数字でしょうか」
(沈黙)
(三十秒後)
「これは、事故の件数です」
要らない! その間いらない! さっさと言えよ! しかも大方、予測ついてたしね! そんな同情を買わせるような語り口で事故の件数の話をしないでよ、どうせするならもっと厳しい口調で言えよおおお! なんだか事故の被害者が悪いような口ぶりじゃねえかよおおお!
非常に腹立たしい話だったもんで。
しかも、予定終了時間を五分過ぎた。ない。
最後に話してた進路センターの人の話は別に良かった。ディズニーランドのキャストの話は、普通に良い話だった。「言われたことだけやって、大業が成せると思ってんじゃねえぞ」という訓戒は非常にためになった。それがこの記事の題名なんだけどもね。全く以ってそのとおり。
だから、教頭のあのダラダラとした口調をもっと切り詰めて、要点を一つ一つ挙げてきゃいいのに、何ですかあれは。「つらいですけど、これが修行です」とかやかましいわ! あんたが修行を積んだ上で話してるんなら、もっと簡潔で要領を得た上手い喋りをしてるはずだろう!

そんな愚痴をつらつら書いてる暇があるなら、小説を一文字でも書いていた方がはるかにマシですね。
久しぶりに書き始めたら、すっかり書き方を忘れていて、急いで昔書いた奴だとか好きだったラノベだとかを引っ張り出して文章を研究して、なんとか感覚を取り戻したって感じだ。
参考にするところが「ラノベ」ってところがミソですけど、絵で売れているようなヤツよりは絶対にマシな文章だと思っているので、そこんところは見逃して下しあ。

……。
ちょくちょく「くだしあ」という表記を見たことがあって、それがタイプミスによったものだとは理解していて、そして、そうした表記の半分以上がネタとしてそう書いているのだろう、と思っていたけど、まさか素のタイプミスで「下しあ」になるとは思わなかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/28(月) 17:48:59|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンドグリップ兼用ハサミ

今日は髪切ってきた。シャンプーの時、眼球に髪が潜入してきて死ぬかと思った。

昨日はもう過ぎたこととて、勉強をあきらめて小説を書く方に専念しました。そうしたらなんとかプロットができて、ようやく本文を書く段階に至った……ようやく、楽しい時間がやってきた……。
といっても、ここからもまた苦労しそうな気がする。矛盾点いっぱいありそうな気がする。
まぁ、締め切りは四月だからいいか……。
そういえば、富士見ファンタジア大賞のHPが締め切りからもうすぐ三ヶ月経つのに変わる気配が無い。
そんなもんなのかね。初投稿だからシラネ(゚⊿゚)
時間に追われていたとはいえ、大した駄作を送ってしまった。全く満足してません、7月の俺には悪いけど。
しかも! 最近書いてなかったもんだから、すっかり文章力が衰えてる! だめだこりゃ!

本日の勉強はなんとかはかどらせました。昨日うんkoだったので、流石に気分が落ち着いたみたいです。
今日はじめて(!)早大プレ過去問の英語に手をつけました。
…………どう考えても早稲田の英文のレベルじゃねえんだけどな。ハイレベルな外語大レベルだよこれ……外語大のがどんなのだか知らないけど。
おかしいな、最初の傾向解説みたいなところでも、「標準的な問題」が出るって書いてあるんだけどな……。
急いでやっても一つ目の大問に三十分かかるのに、90分でどうやって五問もやれってんだよ!
そういうわけなので、模試じゃなくて問題集として使おう、というのが方針なので、早速最初の大問をやりました! 三十分かけて、六問中五問正解。落ち着いて読めばわけのわからんことにはならない英文。これがいつか二十分でできるようになるのでしょうか。時間計ったら、多分成績落ちるなこりゃ。
古文は、古文常識が大分威力を発揮してます。まだ、五分の一しか読んでないけど、即戦力です。古文を受験に使う人は是非読んでおいたほうがいいと思います。俺はZ会の速読古文常識だけど、昨日本屋行ったらマドンナの古文常識もあったので、そっちもいいかも知れん。
ついでに漢文常識も無いかなぁ……なんて。三国無双やれば、案外分かるのもあるけど。

あー、今週がヤマだ。
今週をすぎれば来週はテストウィークに入って、後は短縮授業で消化していって、そのまま冬休みにゴールイン。一月も二週間行っておしまいだから、それで高校生活もおしまい。
今週さえ、今週さえ終われば……!
きっと、テスト前だから自習が多くなるはずだ。そう考えると、すんごい楽そうだな。あのチクショウと思っている古典講読の時間も、自習時間になるのだとしたら、ずいぶんと気が楽だ。先週二時間ずっと走りまわってた体育のサッカーも、そのツケの分だけ今週休めると思うと、気が楽だ。
って、もう気づいたら11月終わるし。いくらなんでも早すぎだろ。
そういえば、今週の日曜模試だし。忘れてた。日本史100点とるぞー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/27(日) 18:16:31|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ウンデルデンリンデン」をお経っぽく言うとテンポが悪くなる

今日の過ごし方はなまはげが来ても観念するレベルの粗悪さだった。

今日は、五時に起きるつもりが八時に起きだしたことから始まって、とうとう13時以降勉強しないで終わった……心が緩んだか……。
まぁ、ほとんどの原因はいつ買ったのか忘れた重松清の『その日のまえに』を読み終えてしまったからだろう。その瞬間、俺の文芸熱が音を立てて再点灯したのです。
もうすぐプロットができる、とか以前豪語していた目下製作中の作品の最後の部分ができないんだよー、プロットが完成しないんだよー!
ずっと苦吟しても、一行も進まない。
あまりにも進捗がおもんばかしくないので、気晴らしに本屋に行った。
まぁ、求めていた参考書は見つからなかったんだけど、資格のコーナー入って日本語検定一級の問題集をぱらっと見てみたら、すごく簡単だったので、「もしかしたらノー勉で合格できるかもな……」とか思ってから検定の方をうろうろしてたんだけど、面白かった。ソムリエ検定、秘書検定なんてのもあって、色々と面白そう。
受験が終わって暇になったら、資格マニアにでもなろうかと思ったよ。
そんな風に思ってたところで、ついにアイデアも浮かばずに帰宅。そのあとも、うーん、うーんと悩むこと三十分、ついに倒れこむ。枕を引っ張り出して、頭の下に敷く。
これが、最後の記憶だった。

あー、まずい、まずい。でも、今日はもう何もできそうにないぞ。といっても、昼寝を盛大にしたので、二十二時なんぞに眠れるはずもなし。でも明日こそは早起きしたい。
仕方ないので、四時間半睡眠コースでいくか。どうせ、今日は十二時間以上寝たんだから、大丈夫だろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. 2011/11/26(土) 19:49:19|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

第三回河合全統記述模試の結果

進路センターが仕事して返ってきたよ!
自己採点の記事→2011/10/23

科目 → 得点 → 偏差値
英語  145/200 67.5
国語  147/200 73.2
日本史  79/100 73.9
私文  371/500 71.5
早稲田大学文学部 A判定
文系総合順位 1568/138640

全国文系上位1.5%ってヤツ? でも理系には勝てる気がしない。
とりあえず、完膚なきまでに勉強の成果が出た模試だったね。満足はしないけど、安心はしておく。
英語は英作文がすごい欠落だったっぽいんだけど、あくまで和文英作。早稲田の文学/文化構想学部の英作文は、英文要約なので、国語でやりまくってる分、むしろ得意な分野。何度か過去問やれば十分適応できるはずだ。長文よりも、むしろ中文空所の方がずば抜けてできるらしい……っていうか満点だし。私立志望にとっては、この上ない武器になろう。まぁ、ケースバイケースで錆びたりするけど。
国語は漢文が強い。一番付き合いの長い教科だから、当然といっちゃ当然……。現代文は、一分半で適当に書きなぐった記述問題が結構いい得点、考えた記述問題が不振、なんだこりゃ。古文はこれが精一杯だ。
日本史は近代史がすこぶる強い。同レベルの人たちとかなり差をつけられる場所だ。
後は細かいところ。一問一答の問題が多ければこれくらい取れて問題ないが、正誤問題はなかなか厳しいから、冬休みにもう一度やり直したいな。でも金が……。
結論:キーーープ!
早大プレとかの件で色々ぶれてたけど、一ヶ月前の時点でこれだけあるので、とりあえずキープ、キープ。
とりあえず、センターの様式は大体わかっているので、センター対策は最小限(過去問をちらほらやる程度)、とにかく徹底的に演習をしまくろう、特に英語。

ちなみに→成績推移
俺はこのために勉強を頑張ってきたようなもんだよ……。
7月の代々木の模試で、早稲田D判定出た時、「あれ、これいけるんじゃね?」と思って、第一志望をW大学に変えてから、その途方も無い高さを意識しながら、「生半端な努力じゃいけねえよ!」と叱咤しながら、それでも心底では「いけるんじゃね?」という希望を抱きながら、やってきた……。
もう最近は「ちょっくらいってくるわ」って感じでやってるけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. 2011/11/25(金) 20:03:20|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

足 で 胴 上 げ

朝は四時半から起きてるおかげで、遅刻することはまずない。でも、油断してると時間が大変なことになるので、油断はできない。

今日は体育、サッカーだったんだ。
どういう試合の組み方してるのか知らんけど、うちのチームだけ三試合連続だったのね。一試合二十分だから、まるまる一時間、ずっと走りっぱなし。無理難題にもほどがあるってもんなんだけど。
結果は一勝一敗一分という、綺麗な結果。最後の一分けは、残り二十秒で決められたゴールが敗因。まぁ、疲弊しきっていたというのに、普通に善戦だろう。
帰宅してから靴下をみたら左足が真っ赤になってたので驚いたよ。もう今は血は止まってるが、流血したといよりは滲みでた、というような感じだったかな。右足は皮がガバガバになってた。
素人がやる量じゃねえ、ってことだな。
まぁ、ソフトボールと違って、案山子してれば終わるってわけじゃないから、長くは感じなかったけどね。適当にカットすれば褒められるし、シュートを適当にクリアすれば褒められるし、コロコロしてるのを適当に前方に蹴れば褒められるし、一回パスのつもりが一直線に相手のゴールに飛んでいったのでもほめられたし、とりあえずぼーっとして無ければ何かしら役に立つ。

その疲労のお陰で、今日はもう勉強できる気がしないっす。
そんな風に思いながら、アマゾンで面白そうなゲームが無いか探してるってどゆことー。

「一応」明日は河合記述模試の結果が帰ってくる予定日になっている。できれば明日帰ってきてもらって、土日の勉強のモチベーションを上げたいんだけど、進路センターさんお願いします。
「スカート下げて成績上げろよー」
とか言ってないで、模試の結果の手配もきちんとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/24(木) 18:17:20|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心に穴を穿つ穴あけパンチ

今日はちょっと遠出してとある本屋に行ってきたんだけど、感動した。
何に感動したって、まず小学校。
文脈がおかしいと思われるかも知れんけど、向後の説明を聞けばおかしくない。
通っていた小学校は、毎日通学している反対方向にあるのだ。ここ一年ぐらいそっちの方向には行ったことが無かったので、とてつもなく久しぶりだったわけだ。
ちょくちょく改装工事が云々聞いてて、「○○小、凄くなったな」という話も聞いてたけど、あそこまでとは思わなかった。
てっきり校庭だと思っていたところに私立と見紛うほどに綺麗な校舎が建てられていて、左右天井がガラス張りの渡り廊下、うちの高校で一番小さい体育館よりもでかい体育館がどーんと陣取って、かつて俺が通っていた小学校舎はことごとく消滅してしまって校庭になっていたわけだ。話によると、屋上に室内プールがあったらしいが、どちらかというと、昔たいそう遊んだ築山が消滅したことが衝撃で、それを確認している暇は無かった。
これでは冒頭で感動した、といったのが嘘になるのでフォローすると、遺憾の念が湧いたのはたった今だから、通りすがって目撃したときは至って純粋な感動だったよ。伝統の鼓笛隊も続いてるらしいし。あんまいい思い出無いけど。自分が現役の頃は楽器が吹けなくてヒソヒソ言われるわ、若手育成の時は後輩を泣かせるわ、散々だった。

そうしておいて、チャリを走らせること十分、その本屋はあるわけなんだけど、品揃えがいつも行ってたところと全然違くて感動したっていうのさ。初めからここ来てれば良かった!ってね。
模試の帰りに寄った本屋よりもいいかも知れなかった。どうせ本屋に売ってないから、使うこともなかろうと思っていた、リンガメタリカも買えたし、速読古典常識も買えた。
速読古典常識は面白い。速読単語系は結構堅苦しいんだけど、これはなんとなく俗っぽくて読書感覚で読める。本当に、文系科目の問題は背景を知ってるとびっくりするほど速く読めたり深く理解できたりする。
よく例を挙げられたりするけど、スポーツ系新聞をよく読む人はそれに関しての知識が豊富で、貧弱な人に比べればスポーツ記事をよむスピードが速いことはよく分かる。でも、そういう人が政治記事を読んでもそんなに速くないことも想像に難くない。毎日読んでる人こそ、速いことは理解しやすい。
日本語ですらそうなんだから、いわんや異言語をや、というわけだ。リンガメタリカも、そういうような感じの趣向の参考書だ。マンガみたいな名前だけど、違うんだ。こっちはちょっと堅いけど。
あとは、アマゾンで頼んでおいた国語の早大プレ過去問が届いたので、もう受験までに問題が尽きることは無いだろう。

ここからは勉強の近況についてを書く。
なんか、筋肉みたいに勉強にも超回復みたいなものがあるのかねえ。
最近現代文さっぱりやってなかったのに、今日河合のセンター模試過去問やってみたら、評論満点だった。まぁ、小説は語義を外したんだけど。いつも、どっかしらで間違えるんだけど。
こないだやったセンターも評論満点だったし。
古文は最近物量作戦で、ひたすら読みまくってるから、なかなか読めるようになってきた。センターは、見直しの手抜かりをしなければ、満点も可能だ。
漢文は夏休みから毎日やってたから……いや、これは流石に誇張だが、それでも国語系科目のなかでは一番勉強していた時間が長いので、センターはほぼ問題なく満点取れる。
英語は、今後はなるたけ難しい文章を読むことにする。割りと読むのは速いらしいので、落ち着けばきっとどんな文章でも大丈夫なんだと思う……。
日本史、か。大丈夫だ。勉強方法は、夏休み明けから全く変えていないが、偏差値は劇的に鰻登りなので、この水準保持を第一目標に。気づいたら、一番の主力教科になっていたので。

あと、何か最近つくづく忘れてると思ったら、日本史のレポート忘れてた。できれば来週の月曜日出したい。
それと、明日は体育、憂鬱だ。ソフトボールは結構得意な人多かったのに、サッカーは苦手な人が多いような気がする。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/23(水) 18:22:43|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第三回河合マーク模試が帰ってきたwwwwwwww

そんな草を生やす程でもないけど。
自己採点の記事→

科目→得点→偏差値
英語 170/200 62.9
国語 146/200 60.9
日B  77/100 64.7
文系 393/500 62.8
早稲田文学部 D判定

偏差値判定キツッ! これ、70超えてるのなかなか居ないよね。だって、A判定全体で34人しかおらんもん……。
なんというんかね。採点は一ヶ月前に済んでるし、マーク模試だから得点のブレが無いから、せいぜい言えるとしても「自己採点と一緒だ、良かったー」程度しか言えんよ。
それよりも、記述模試の方が知りたいよ。わざわざ電車で一時間のところまで行って受けに行ったんだから。
一応振り返ると、英語は大問1と2に全てかかってた。でも、要約問題外したのが痛いだろ、常識的に考えて。
国語は完璧にトイレに行かなかったことが大きな敗因。あと十点は上がってたと思う……、その教訓が後に活きているので、それはいいだろう。後は、漢文から始めたこと……だと信じたい。個人的な感覚としては、現代文から解いたほうが、はるかに安心できるんだけど……。
日本史は、あと偏差値1欲しかった。

昨日まで面談期間で授業が短かったんだけど、今日いきなり戻ったから長かったのなんのって、家帰ったら疲労で何もできないくらい疲れた。
明日の休みがむしろ当然のことに思える。胡蝶の夢みたいな感じで、もしかしたら、毎日休日なのに無理に学校行っているのではないか、とね。
ちょっと遠めの、大きい本屋にちょっと行ってこようかと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/22(火) 19:46:50|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ちてこないセンターフライ

これからインフルの予防接種に行ってくるけど、最近気に入らないのは、スタンバイから復帰した時、IEが開かないの。ぶっ壊れてるのではなかろうか。そうしておいて、なぜか丁寧にシャットダウンもできないので、電源ボタン長押しで電源落として再起動しなくちゃいけないんさ。
それでスタンバイにした意味なくねー。
そろそろこのパソコンもガタが来てるみたいだ。逐一、バックアップを取らないと、凄まじい勢いで袖を濡らすことになると思われる。

なんか、逆流性食道炎になったヤツがいて、何だそれ、って訊いたら、胃液が頻繁に逆流してくることらしい。そいつは、一日深刻そうな顔をしていたんだけど(あれくらいの深刻さで「テスト? マジヤバイ」と言ってくれれば現実味があるというのに)、何故なったのかを訊いたところ、
・ストレスを感じる
・長い間何も食べてなくて、いきなり食べる
・過食過飲
「そういや、ゲームに夢中で十二時間くらい食べてないでいた時、親に『勉強しーや!』と怒鳴られてムカムカしてるところで、一気に飯がっついたわ……」
ドストライクだな。
しかしMARCH目指してんなら、ゲームなんかしてる場合じゃないと思うんだがな。あれくらい実力があれば、ちょっくら勉強するだけで行けそうな気がするもんだが……、とこちらが気を揉む。
あとは国公立志望で、センター模試の数学Ⅱが3点しかも当てずっぽうで当てたあいつはどうなのだろうか。数Bで38点とったらしいけど。ノー勉で。いや、数Ⅱ勉強したら全然変わるだろう。

そういえば、センターの国語は漢文から解くのが良い、と思っていたけど、今日試しに現代文からやったらすんげー安定した。漢文から始めると、「ヤバイ、現代文が後に残ってるから急がなきゃ!」と幻の焦燥に駆られて、却って焦るという。
現代文から始めたら「なーんだ、あと七十分もあるじゃん」とゆったりして、しかも最後の漢文まで終わった時点で二十分くらい余って、しかも九割越したので、普通にアリだと思った。まぁ、難易度の問題もあるだろうけど。一定の水準以下の問題は尽く強いくせに、以上になると華々しく散るのが俺の特徴なので。
そういうわけで、早大入試プレ問題集英語に続いて、今日は国語もポチった。国語も模試としてじゃなくて、問題集として使うだろうな。演習として。
日本史Bも欲しいが、単体ではなさそうだな……。

で、今日は四時半に起きたんだけど、尋常じゃなく捗って、今までの俺は何だったんだよ、と笑い飛ばしたくなった。だって、平日にセンター過去問やる余裕ができてるんだぜ。
眠る直前の二時間よりも、起きた直後の二時間の方が、絶対に捗る。徐々に集中力が落ちて行く夜よりも、徐々に集中力がまして行く朝の方がやっていて辛くないし、何より当日のことを考えると効率がいい。
いつまで続くのかが疑問だがな。ある日、うっかり寝坊でもすれば、また元通りに戻りそう。
頑張るか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/21(月) 18:43:48|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目薬中毒

こうも毎日毎日、受験生がブログを書きなぐっているのもどうかと思うけど、実際勉強だって飽きるので、その暇つぶしに鍵盤を叩いてるのです。

今日は朝早く起きたはいいものの、すずろに三国無双がやりたくなってやってたら、そろそろシナリオが終わりそうだったので、終わらせてしまおうと思ってやってたら、案外長くって、意地張ってやってたら、時計の回ることの雷の振るうが如し。
明治大学文学部の赤本を引っ張り出してやってみました。
英語が七割強、国語が八割五分、日本史が九割強。
日本史がびっくりするほど基本事項だらけだったので、全く難しくなかったけど、一箇所空欄があったのが痛い。でも求められていたのは資料の読解能力だ。
国語は現代文が満点と漢文はほぼ満点。古文でごっそり持っていかれた。まぁ、解説にも古文は難って書いてあったし……。一ヶ月も修行を積めば、もっとまともになるだろう……と信じたい。
英語はもうちょっと見直せればよかったんだけど、時間が足んなかったい。日本史の下克上が甚だしすぎる。
パラグラフリーディングとやっておきたい700を買ってきたので、それとライジングで一ヶ月煮詰める。
センター国語もやろう、と思っていたのに、結局出来なかった。iPod聞きながら単語帳めくるのは良くないね。


明日は、「一応」河合のマーク模試の結果が帰ってくる予定の日。
あれは国語が腐ってたから、きっと愚鈍な様を見せつけられるに相違ない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

追記
[目薬中毒]の続きを読む
  1. 2011/11/20(日) 17:48:28|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はやけに外が騒がしいと思ったら

雨だった。今日模試だった人たちはお疲れ様だ。

まず今日は五時半に起きて、三十分ローディングしてから一日を始めたんだけど、人によって頭が活性化したりしなかったりの時間帯があるのは自明のことで、早起きしたからといって、それが変わるわけでもない。起きるのが得意な人なら朝やるのが得だろうし、夜になっても外の雰囲気に影響されて眠くなったりしないような人なら夜更かしがいい手立てとなろう。
今日一日中一応勉強してよーく分かった。
九時くらいから三時くらいまでが集中力のピークだ。
普段の問題集はクソな出来栄えなのに、模試になると突然できるようになったり、この前の早大プレで爆死したのは、この時間帯による集中度が影響しているところが少なからずあるに違いない。
だからあれだな、朝起きたらなるたけ暗記科目……日本史しかないけど、それを中心にやって、目がさめてきたら徐々に文章系にシフトしていく、というやり方がよかろう。
ではどうするか、といったら……ずらすしかあるまい。
幸い、あと三ヶ月程度あるので、毎日法外な早起きをしていれば、いつか適応して良い状態に持っていけるに違いない。
後は体力か……部活中についたものも、すっかり落ちきってしまった。ストッパーをかけているものの、体重も破竹の勢いで増えている。がんばろう。

最近、国語科目が全然できなくなった。英語もまぁまぁできなくなった。全部日本史に吸収されたのか。
特に古文がひどい。いや、文章は読めるんだけど、設問ができない。言ってることがわかるんだけど、問うてる意味が分からないこともないんだけど、なぜかできないんだよなあ……単純にスランプかなあ。現代文もきっとひどくなってると思う。漢文はほどほどな感じだ。
そういう不安があって、ついつい問題集を買い込んで、古文が三冊、漢文が二冊、現代文が二冊を並行しているという状態になってしまった。まぁ英語は四冊ぐらいあったんだけど今日一冊終わった\(^o^)/
とりあえず、明日は明大の赤本でもやろうかなぁ。早稲田文学部の半分位の厚さしかないのに、値段が同じなものをわざわざ買ったんだから、ちょっとはやらないと勿体ない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/19(土) 20:44:53|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回ベネッセ記述模試の結果が帰ってきたww

その日の自己採点の記事

科目→得点→偏差値
国語  125/200 69.1
英語  154/200 73.7
日本史  80/100 75.1
日英歴 439/600 77.3
早稲田文学部 B判定

全国 864/154496位だったwwwうぇwww
やっぱり進研模試は数字が軽いな、慶応なんて判定偏差値80越してるのに、B判定だ。
国語が低い……とはいっても、この前の駿台模試は英語が低かったから、いかに模試なんてあてにならないかを教えてくれる。それでも、やっぱり国語が脚を引っ張ったのは自明。
っていうか、日本史の下克上半端ねえな……、早稲田は日本史のウェイト軽いのに、日本史ばっかり上がってもねえ。というか、国語と英語がもっと安定しろ。
現代文が悪いんだな。「現代文(評論)を優先的に対策すること」って書かれてるw文学部志望なのに、それってどうなのww
言い訳するつもりで言い訳じゃないと断ってから言い訳するけど、多分、問題集が悪かった。早大プレで完敗した日に、色々問題集に調べたときに、評判が悪い・ためにならないものとして挙げられていたもので一ヶ月勉強していたのだから、ある意味仕方ない……。自分の論法が通用するような問題だけを選別した問題集って……。
今はなるべく慎重に選んで取り揃えたので、これから入試まで頑張ってみよう。Z会のテキストはハズレが少ないみたい。
英語はある程度難化すると全く手も足もでなくなる現象が確認されていて、この模試のレベルの英文は手も足も出し放題なレベルだったようで、長文が一題満点だった。
というか、英作文二題空欄なんですけど。ほとんどリスニングに起因してると思う。その点、リスニングのなかった河合模試の結果に期待。
日本史は完膚なきまでに勉強の成果が出てるね。バリバリに出まくりんぐだね。
「どんな勉強してるの?」と言われても、東進の一問一答を一日一時間程度やってるだけなんだけどね。この調子なら、仮に浪人して国公立目指そうかなとか思っちゃった時、生物と科学の一問一答買えばさり気なくいけるかもしれない……いや、そりゃ無理か。
ただし言うまでもなく、正誤問題に弱い。それについては、きちんと問題集を平行してやってるので、対策はなってるはず……。

昨日不意に思い立って「今日はもうすぐ寝て、明日の朝にやろう!」とて、すぐさま布団を敷いて寝た。しかし、眠りにつくことができず悶々として一時間半。
ああ、眠れない、ということで、頭がおかしくなったのであろうか、三国無双を始めてしまった。
思いの外面白くて、終わったのが十二時半。やばいやばい、とて、眠りにつく。
朝は五時に起きたけど、案外すっきりと目が覚めた。
そこから今日が始まったけど、やっぱり確実に早起きのほうが捗るね。というか、今余裕をぶっこいてられるくらい捗る。弊害としては、今すごい眠い。
とりあえず、今年一杯はこれくらいのペースでやっていけたらいいかな……。

古典講読が自習だったんだけど、「日本史しりとりやろうぜ」という流れになってひたすらやってたんだけどさ、「う」率が異常に高い。ただでさえ日本人、「郎」で終わるのが甚だしく多いのに、「天皇」だったりするともう「う」になる。宇多天皇、内村鑑三などといったように、また「う」に戻ってくるのが多いので、もはや「う」から始まる日本史用語をもっぱら探す作業だった。
上原勇作、海の幸(青木繁)、宇垣一成、ウラジオストク、うんか、厩戸王、ウルップ島、羽州、歌川広重、浮世風呂、浮世草子、浮世絵、上杉治憲、上杉景勝、上杉謙信……いや、謙信は死ぬんだな。上田敏とかいっても死ぬんだ。まぁ、相手はもろ言ってたけど「言ってない、言ってない!」とかなんとか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/18(金) 17:46:54|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寿命を迎えなすった

タイヤはチューブ部分が完璧にいかれたらしく、タイヤまるごと交換したらしい。
そういうわけで今日もバス通い。昨日よりはだいぶ楽だった。

今日は三者面談だった。
最大の関心事は先月の記述模試の結果だったわけだけど、見せられた資料があまりにも情報が少なかったのでなんとも言えないので、晒しは正式なヤツが戻ってきてからにします。が、国語が凹んでたかな。あと日本史の下克上が半端ねえ。四ヶ月前は足引っ張り教科だったのに、今では半端ない、列車砲並の馬力を見せてくれる。
総合的な偏差値は校内一位だったんだけどさ、二位との差が0.1だったんよ。凄まじい僅差だった。
それでも、早稲田合格判定はB。っていうか、A判定が偏差値79以上って、凄まじい模試だな……もう臨界点突破してますやん。俺取れる気しないっすよ。難関国立大志望だと、80超えが当たり前な感じになりそうだな。

今日はちょっと昼寝しすぎたから短めで。日に日に昼寝の時間が長くなっていく……。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/17(木) 20:15:06|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、反撃の狼煙が上がった

k

一昨日アマゾンで頼んだのが来た。まぁ、こっちよりももう一つの方が欲しかったんだけど、まぁいいや。これで、俺の反撃が始められるわけだ。
模試の過去問なので、当然制限時間の中でいくらかやっていくような形式をとっている上、学部によってやる問題が違ったりするものの、
ど う 考 え て も 時 間 内 に 全 部 終 わ ら な い の で、
模試という体裁を無視して普通の問題集のように、大問を1つずつ細かく区切ってやっていこうかと思います。
まぁ、それで読めるようになったとしても、結局時間内に終わらなければ意味が無いので、この問題集を解くときだけ何分かかったかを測って、逆のプレッシャーを与えていこうかと思います。
あと、英単語が限界値まで到達したので(DUO12周、速単上級8周)、新しいのを買った。速単上級を上回るレベルのが少なくて、調べまわったところ合格英単Vワードの上位編がなかなかレベルが高いらしい。
書店に行って探したらさりげなくあった。どことなくレトロな感じのする表紙に絵柄。もう十五年前のヤツなのか……。
家に帰ってみたら驚嘆した。
上位編だと思っていたのに、更にその上のランクである完結編を買ってしまったのだ。なんたる失態。ただでさえ上位編でも知らない単語が多かったのに、完結編って、京大受けても困らないくらいの語彙力だろ……。
でも買ったからには、やってる。語呂合わせなんだけど、ゴロ565以上に強引な気がする。ほんとに覚えられるのか、これ……。


現在三者面談期間中なんだけれども、どうやら面談の時に模試の結果を返されるらしい。まー、俺はできたほうだから別にいいとして、自信がなかった人は本当にドキドキだよなぁ、と思う。自分が先に見るならまだしも、親と一緒に見るなんて、心臓の底が凍る思いがするよ。
今朝、いつも家を出発するノルマ時間二分遅れで家を出た。
自転車を置き場所から引っ張り出して、いざゆかん、と思ったら後輪から「プスン……」というなよっとした音とともに、タイヤの安定感が消えた。Flat tireだよ。パンクだよ。
時計を見た。八時三分。歩きで間に合うはずもない。親も仕事なので車で送ってくれるわけもない。バスしかない。確か、八時五分か六分に駅を出るバスがあったはずだ。間に合うか? いや、間に合わなくても選択肢が無いんだし……。
自転車をその辺に駐車すると、家にダッシュで戻った。財布を確保するとダッシュで家を出る。
駅までのルートを画策した。朝で人ごみが過ぎそうだから、マイナーな歩行者用の高架を選んでダッシュした。……頭脳労働が主体の受験生の全力疾走がそれほど持つはずもなく、途中で歩いたけど、すぐにまた走りだした。
バス停が見えたがバスの来る気配はない。ほどなくして停留所までたどり着き、時間を確認した。八時六分発があって、次が三十二分。
携帯を取り出して時計を見た。八時六分。……あれ、もしかして置いていかれた?
と思ったら、バスが到着した。胸をなでおろしながら乗ると、すぐに発車した。……危なかった。あと、数秒長く歩いてたら遅刻だったな。三年間皆勤記録に傷がつくところだった。
渋滞もなく始業に間に合った。これが雨の日だったら間違いなく遅刻だったな……、駅から国道出るまで二十分とか平気でかかるから。
まぁ、読者の方々も「え、着くの速くねww」と思ったかもしれないけど、これはひとえに家が駅から徒歩三分のところにあるがゆえに間に合ったのだ。……あぶねえ。
帰りのバスでたまたま出会った昔部活で一緒だった女子に(なんで今日バスなの?と訊かれたので)そのことを話したら、
「なにそれ、羨ましい! うちと家交換してよー」
と言われた。
たいそうな田舎らしくて、最寄りの駅まで車で十五分、最寄りのバス停まで徒歩二十分なんだとか。
「この前、自転車でK駅(最寄)まで行ってみたら、五十分もかかったんだよね」
「え、俺がチャリで学校行くよりもかかってんじゃんw」
と言ったら、ベシベシとこづかれた。

そーいやあ、ようやく西尾維新の少女不十分を読み終わった。
最初読み始めたときは、きちんと完結するのか不安だったけど、異様にすっきりとした気分で読み終えたっていう印象。戯言シリーズを完走した気分を思い出した。
登場人物が驚異の二人だけ、というのもなんともすごいが、さり気なく撒かれてさり気なく回収されてる伏線もすごい。とりあえず、読んで良かった本だなあ、と思ったよ。
ただ、しかしまぁ、前半の文章のムダ使いっぷりが西尾維新っぽいというか、受験で忙しかった頃(今もそうだが)に、一日三頁くらいしか読めなかった頃、一週間経っても進展しないようなことがあった。というのは、話の逸らし方が凄まじいのだ。よくそんなに逸らせるなあ、と却って感心しちゃいまして。
その不十分な密度が後半にいくにつれて徐々に増して行って、ラストの方はほとんど一気読みで読み終えてしまった。ジェットコースターみたいだったな。
……それだけ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/16(水) 18:39:57|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年齢更新日

もうCERO判定「Z」のゲームが平然と買えるような年令になってしまった。
自分の誕生日を晒す代わりに、他の人の誕生日を手に入れることができたので、そいつのバースデイには魚肉ソーセージでも送ってやるか。
ひどいと思う事なかれ、誕生日という日は誰しもが浮かれたっていて、しかも施しを受ける必要が無い日常が更に勢いを増させるから、何をもらっても嬉しいのだ。三年ほど前、さんまを三尾プレゼントしたらひどく喜ばれた経験の上で言うと、まず間違いない。

s

顔のパーツを赤っぽくすれば、QBに見えないこともない。
ちなみにうさぎだ。えらくほそい耳が二本ついている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/15(火) 22:12:00|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の早大プレ

自己採点した。

英語  38/100
国語  49/100
日B  60/100

「」
ていうかね、英語は絶対におかしい。大問一が最低限四十分で終わらせて、十二問九問やっとこさ当たった程度なのに、それがあと4つあるってどういうことよ。終わることを前提とした時間配分じゃないだろ!
といっても、落ち着いて読めばそこまで難しい内容じゃない……訳がない。落ち着いてじっくり読んで、どうにかおおまかにだけは把握できるのが精一杯といったくらいの難しさだ。それを、あの限られた時間の中、八割いくぞーとか意気込んでたヤツがやる、ということを考えると、この爆死は当然の結果だったんだな……。
それ以降のベーシックな大問二つと、会話文穴埋めでなんとかここまで持っていったが、ほぼ二つの長文を読んでないのは厳しすぎる……また英語偏差値50切るのか。
やっぱり、最近やり始めた、半年前に買ったセンターレベルの長文をだらだらやってたのが問題だったか……つっても、うちにはまだそこそこレベルの高い英語の長文問題集が無かったのがそもそもの問題かもしらん。河合模試の英文を読めた程度で思い上がってました。
国語は「もう知らん」といった感じでやってたので、現代文の二題目が本当にバカだったww
「あれ、採点してるところ間違ってる?」と思ったが、やっぱり合ってたww結局国語は夏休みと点数が代わりませんでしたww
日Bは確実に伸びてる、偉い。
でも、見直して二箇所訂正したら、一箇所は訂正後が正解でよかったが、一箇所は訂正後が間違いで、結局プラマイ0、むしろマイナスになるっていうのはどういうことなの。それでも、一番できた教科だなー、っていうか、復数正誤問題がキツかった。

とりあえず、アイデンティティ崩壊の兆しが著しい。いち早いメンタルケアーが必要ですね。
今日、百均にキッチンタイマーを買いに行ったら、「ストレス社会で戦うあなたに」GAVAが売ってて、ただのチョコのようなのに、なぜかメンタルバランスがうんたらかんたらと書いてあったのに魅力を惹かれて、一個レジに持って行ったら「これ四個で100円なんで……」と言われて終了した。
家に帰ってからも、ご多分に漏れず三国無双。意志の弱さにはほとほと呆れるものの。
考えてたって始まらないけど、しかし相変わらず我が家は騒がしい。というか、どこに行っても騒がしい気がする。図書館ぐらい静かであってもいいはずだが。抗學民族統一戦線でもあんのか、よそでやっててくれ。

今年の電撃大賞の応募作品数は五千八百なんぼとか……、ライトノベルは参画もライトになりつつあるな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/14(月) 18:00:00|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雷光の如き時の流れ

今日は早大プレテストでした。
九時十分から試験が始まるわけで、人間の脳は目覚めるのに三時間かかるということを知っていたので、六時に起きて──実際には五時五十七分くらい。パソコンを目覚ましにしたんだけど、音量を調整するのを忘れていて、そのまま鳴ったらアニソンが家に怒号のごとく浸透する事ととなったため──、日本史をちょいちょいつまみながら出発。
試験会場は自習室だった。自習室、ってあの、席が別個に衝立で分けられてるとこね。まぁ、なかなか集中できそうな場所じゃない、と思って自分の席を探したら、なんかピンク色のシールが貼ってある。
『全日 女子専用席』
おいおい、いつの間に俺は埼京線に乗ってしまったんだ。
周囲を見渡しても男ばかりだったので、別段妙な目で見られるわけではなかったが、しかしまぁ、どうして自習室に女子専用席が必要なのだろうか、とずっと悩むことになった。

まぁ、実際試験中のことを書いてもどうということはないんでね、結果だけ言うと、
死亡した。
の一言につきる。
地獄のミサワみたいに目がやたらちっちゃく接近した顔で「うわ死んだわーwww」とかじゃなくて、さながら満員電車の特急電車の中で強烈な便意に襲われた人のように土気色の顔で「死んだ」と言ってくれれば、今の俺の心情をよく理解できるんだと思う。
そういうわけで自己採点はしてません。日本史以外。日本史は、前回よりもきちんと上がってる偉い子。まぁ、十点くらいだけど。というか、普通は上がるんだけどね。
うーんと、してません、というと「現実から逃げんな!」と叱責されそうですけれども、きちんと考えがあってね、つまり明日は県民の日で休みなんですよ。これだけで、在住の県がわかっちまうけれども、つまりせっかく明日休みだから、明日じっくりと解き直そうと思ったんです、特にあの英語のヤローを。
まぁ、全体で5つ長文があるのは良い。文化構想学部は普通にそのくらいあるから。でもさ、レベルが間違ってるよ。もう一つ★少ないよ。実際、そのレベルの文が出るとしても一つくらいなもんなのに、全部そのレベルって、こんなのってないよ……。
いや、でも時間が足りなくなるということは重々承知していた。前回第一回のプレテストの反省もあったから。
しかし、それが裏目に出た。
大問一の問題の出し方をしっているが故……つまり、パラグラフごとの要約を問われる問題だと知っていたので、パラグラフを読み終えるごとに、問題を解くという愚かな真似をしてしまったのだ。全体をよみ通してから、わかりやすいパラグラフの要約を埋めていき、選択肢を少なくしていくべきだったのに、なんという愚かなことをしたもんだ。
しかも、その中途で何を思ったのか、

「これでは時間が足りない、後回しにしよう!」

とかバカなことを言い出した。
そして、最近の勉強スタイルから身についてしまった悪い癖が発動。
満点を取りに行く。
分からねえ問題にいつまでも執着して、結局時間が足りなくなって二つ長文が読めず、しかも得意なはずの会話文の穴埋めもロト6することになった。
これは、何も知らないウブだった頃よりも、偏差値落ちてるかも……。
そう考えたら気概の下落が止まらない。
最早、次の国語は投げやりでやっちまった。もう頭がからきし働かないの。
しかも、更に追い打ちをかけるつもりなのか、近くでコンサートでもやっていたらしく、誰かが激しく歌っている音が壁をすり抜けて聞こえてきやがった。
アホか!
ゴリゴリ失われる集中力とモチベーション。
こうして、国語も完敗に終わった。
英語と国語、ただでさえ一教科落とすのもつらいのに、配点の高いこの科目達が死んでしまったので、もう日本史がどう頑張っても成り立つものも成り立たない。

……英語は時間をかければできた。国語も英語とコンサートが無ければもうちょっとできた。
そう思ったので、明日の休日を利用して、丁寧に一から解き直してみようかと思った次第です。その前に自己採点をしてしまったら、答えをしっているわけで、問題を解いても大きな効果は無いと思ったので、解答時間をたっぷりとって、自分の持ってる英語力がどれほどなのかを測ろうと思う。
だから、自己採点の結果は明日はっつけるとします。

やっぱり俺……、英語は難しい文章になるとテンでダメになるなあ。MARCHレベルの長文はもう大体OKだが、(中央の法は知らないけど)、それより上がるとダメだね。
だから帰りがけに本屋寄ったんだけど……、あんまレベルが高いのがないんね。ほとんどセンターとか有名私大止まり。特に漢文については、センター以上のがほとんどない。
「センターばっかだなあ漢文」
「東大漢文、とかいうのねえのかよ」
と、近くの人も話していた。
ついでに、英語で敗北したことはとてつもなく悔しかったので、早大プレテスト英語の過去問が無いかを訊ねたが、なぜか数学しかなかった。
しかし、何故か東大プレのはすごい勢いで並んでる。
「なんで東大ばっかりで早慶もちょっとあるのに一橋は無いの?」
とか嘆いてる人がいた。
っていうか、しばらくその場でウロウロしてたんだけど、周囲のざわめきの中で東大って単語を何回聞いたことか。そんなに東大が好きなら、東大に入っちまえばいいだろ!と心中で叫んでから、地元に売ってないZ会の問題集を買って帰った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/13(日) 17:17:58|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現代文問題集三冊目終了

正直、どの問題集も変わらない気がしてきた。最悪、答えが書いてあれば。
河合シリーズみたいに淡々と解説してくれる方が良い気がする。変に解説書いてる人の名前やれをガンガンに出すと、何だか偏ったもののように思えてくるから。
また買いに行かなくちゃなあ。新しい問題集を仕入れるの、久しぶりだな。予備校の1コマ分くらいの金で、一ヶ月も勉強できるのなら、絶対こっちの方がいいね。
そうそう、さっき英語やったらおったまげた。センターレベルの英文がさっぱり読めないの。穴埋め問題もさっぱりわからん。おまけにボーっとしてきたから寝てやったの。って何寝てんじゃあ!と蘇生して、すぐ手をつけたらまたさっぱりわからんの。
あれ、俺ってこんなにアホだったっけ……、と思ってたけど、だんだん目がさめてきて、数十分後なんとかできるようになった。

……最近つくづく不調だな。特にこの一週間、ほとんどなにもしてないよ。
それなのに、明日は早大入試プレですね。代々木のヤツ、夏休みの雪辱を晴らしてくれるわっ! 特に平均割った国語! なんでほぼノー勉の日本史に負けたのか、さっぱり意味が分からねえぜ! しかし、この前やった赤本では、国語が一番出来が良かった! 国語の復讐の時は、刻々と近づいているだろう……あと日本史も。
しょっぱな英語でいつもより開始時間が圧倒的に早いので、死なないように計画的に睡眠をとることにしよう……できるかどうかは別として。

それにしても、アクションゲームで普通に操作してる時はいくら飛来する矢に当たっても雀の涙程度のダメージしか食らわないのに、ムービーに入ると矢の一本が凄まじい威力を発揮して重要人物の命を奪うのはどうしてなのだろうか、納得できない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/12(土) 19:36:00|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うわああぁああああ、センター国語が一向に伸びねええええええええええええええええ!
どんなに簡単な問題でもどんなに難しい問題でも、八割前後の正答率なのはいかがなものか……、難関校なら良いけど、センターがそれだと自信なくすぜ……。

しっかし、今週はいつもに増して疲労感が半端ないでs。頭が働かないっていうのは、まさしくこのような状況ですね、考えようとすると思考の出入り口に仕切り板が降りてくるように何も考えられない。ボーンとするんよね。
しかも帰りも雨。北魏様式の仏像みたいな顔で帰ってきたよ。
こんな集中力のまま無理に勉強した所で死ぬだけなので、今日は何もしないでさっさと寝て明日頑張って明日の早大プレテスト頑張るとする。

そーいや、今日は2011年11月11日というわけで、ポッキーの日だったので、友達からポッキー貰った。
なんでトッポじゃないんかね、と思ってトイレに向かうがてら、隣のクラスを覗いたら、ポッキー系の細長いお菓子の箱がこれでもかというくらい窓際に並べられていて、逆にそこまでするか? と思ったよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/11(金) 20:00:13|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駿台全国模試の結果が帰ってきたww

当日の自己採点の記事

      得点  偏差値
英語   79/200 49.3
国語   74/200 58.2
日B   55/100 63.5
英国歴 263/500 55.1

今までの力関係が逆転したwwwwwwww英語が一番できて、日本史が一番できなかった力関係が、下克上しておるぞwwwwwww
絶対、英語は難問にビビッてたと思う。見なおしたら、普通にすぐ納得できる問題だったし……、というか何故分からなかった、というところで落としてたし、しかも、わかんないのに時間かけたせいで、最後の自由英作文が終わらなかったしね。3/24。っていうか、自由英作の平均こんなたけえんだ……。
国語の異常な平均点の低さ。漢文がクソだった代わりに古文が稼いでくれた。このように、国語の現代文:古文:漢文の体型は超均衡していて、一つが落ちると一つが上向いて補完し合って、必ずある一定の得点にとどまろうとするのです。センター試験とか、満点の科目があれば六割強の科目があって、そうでなければ全科目で一問ずつ間違える、なんていうのが現状ですから……。
日本史は論述問題があったのにもかかわらず、自己採点と全く同じというね。
ま、まぁ、この位なら想定の範疇な成績だけれども、少しはショックを受けるね。
しかし、志望大学判定は毎回全部埋めてるようにしてるので、受けるつもりが皆無でも他の大学書いたりするんだけど、その中で法政を書いたんですよ。
志望者数全体で15人だった。第一希望じゃなくて、第六希望までの中でちらっとでも書いた人の人数が15人……、他の模試なら少なくとも三桁はいるのに……。
つまり、それよりも上位のところを目指す人しか受けない模試だということですね、受験勉強本腰入れてから一ヶ月目で受けるような模試じゃあなかったって事ですね。

またしばらく模試の結果発表とは無沙汰になるので、忘れた頃にやってくるものとして待ち望んでおきますかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/10(木) 20:01:31|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一週間の真ん中

そういえば、先日風呂の給湯器が変わった。
「ピピピ」としか鳴かない、無愛想だった前の給湯器と違って、「お風呂がわきました」とか丁寧にアナウンスしてくれるヤツに変わった。しかも、風呂の方のリモコンには時計がついているので、風呂に入っている時に時間がわかる! 歌に夢中になって気づかずに一時間入っている、ということがない!
でも、例えば温度を一度上げると「温度が一度、変更されました」というようなアナウンスが家中に響き渡る。浴場のプライバシーが筒抜けなのだ。「あいつ熱くしやがって」とか思われるのだ。
まぁ、おじいちゃんとかが、万が一無意識のうちに温度を上げまくって煮えないようにするための対策なんだとしたら仕方ないな。

先月の鬼畜駿台模試の結果が、一緒に受けた友達は帰ってきたというが、俺には帰ってきていない。委細を求めたものの返信が無いのでいかんとも言いがたい。電話が来ていたのだが、不幸にも俺は三国無双に夢中だったので、気づくことができなかったのだ。
しかし、どうやら採点が激辛らしい。「まぁこんなもんでいいかな」と書いた記述問題たちがどうなっているのか、別の意味で楽しみでもある。……普通に自己採点から二十点落ちるだろうな。
まぁ、どんな結果であっても、模試の結果が来ればそこそこ気力が湧くので、さっさと渡して欲しいね。本来は昨日貰えるはずだったんだから……。

今、必死こいて次の新人賞に向けた小説のプロットを書いてる最中だけれども、ひょっとしたらとんでもなく長くなるかもしれない。というか、こんなにプロットを丁寧に作るのは、人生初だぜ。
夏休みに応募した作品は、一応プロットを作ったがインスタントプロットでほぼ1時間で作ったようなもん。そういうわけで、至極王道的なものになってしまったのだ。まぁ、一晩で読み通せるヤツが居るんだから、読むに耐えないほどつまらないというわけではなかったらしいが、俺としては不満足な作品だった。
そういうわけで、今は丁寧なプロットを作っているのだが……、知らぬ間にどんどん増える情報量。果たしてこれをまとめてすっきりとした物語に構成することができるのか。
あと、もっと根本的な不安があって、果たして文章が書けるかな、という不安がある。
前作は一人称だったけど、文章が口語体になって乱れることが多く、ワードに「コラッ」と赤い傍線をガンガン引かれまくるし、なんとも稚拙なような気がしたので、三人称にしようと思ったんだけど。最近のラノベってほとんど一人称じゃないか。いや、最近のラノベを知らんからなんとも言えないけど。そもそも、小説自体をセンター演習程度でしか読まなくなってきたから、本当になんとも言えないんだけど。どちらかというとアニメが多いから、尚更なんとも……。
とりあえず、今月中にプロットは書き上げて、年内に執筆に入れたらいいのかなー。何だか、受験生が考えることじゃない気がするけど、それならさっきさらっと書いたけど「三国無双に夢中」というのもなかなか問題発言となるかもしれないね。
たまに休日に「たまにはパーッと遊ぼうぜ」と、誘われることがあるけど、毎日パーッと遊んでるから別に魅力を感じないわ。いや、ボウリングかカラオケなら「いいですとも!」といってノコノコついていくけど。後ゲーセンも行きたい、QMAやりたい……毎日、友達が持ってるDSのを昼休みにやってるけど、ゲーセンの筐体のは一度しかやったことがないんだ。

遊び 6:4 勉強

…………じゅ、11月は中途半端な時期だし!

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/09(水) 19:58:02|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強制終了しましょう

情報科の人が色々と愚痴った。

情報処理的な授業の時に無理難題を押し付けられて、それが授業中に終わらなければ放課後残ってそれを消化しなくてはならない。しかしながら、放課後パソコン室に残っていたら残っていたで、時間を過ぎるとすごい勢いで退出を催促されるんだそうな。「早く早く」と、背中を両手で叩きながら追いやるらしい。
最終的には、
「ブレーカー落とすよー」
とまで言うようなのだが、俺にとっては、それより前にさっさと退室しろよ、とは思う。
大人しく作業中のパソコンをシャットダウンして退出するのが真面目な対応なのだが、果たしてここで電源ボタン押しっぱなしで強制終了したらどうなるんだろうか。ドヤ顔で。という話になる。
「あー、わかりました」(ドヤッ
と言って、すっと手を伸ばして電源ボタンに触れ、ぐっと押し込み数秒。プツーンと音を立てて画面が真っ暗になる。
これを「あーどうしよどうしよ」と、モニターを前におどおどするような初心者がやってしまったら、
「まぁ仕方ないねえ」
となるところを、パソコンに精通している情報科のヤツがやったらどうなるのか。
背負い投げだな、と結論がついた。
じゃあ、パソコン室の数多のパソコンの電源がついている状況下で、
「ついてるパソコン全部消しといてー」
と情報科の先生に頼まれたら、どうするのか。
横一列にパソコンは並んでおいてあるので、それに沿って走りながら主電源のボタンを押しまくる。腕をパソコン側につきだし、人差し指は前方に向けて走った勢いで電源ボタンを押して、全ての電源を落とすのだ。
突き指するだろ、がまず指摘されたポイントだった。案外、パソコンの電源ボタンの抵抗は強い。
「先生、突き指したけど終わりました!」
と言ったら、ジャーマンスープレックスじゃすまねえな。
「というか、強制終了って、ボタンを何秒間か押す必要あるよな」
と提言したところ情報科の人が、
「一瞬だけ押すとスリープモードになるよ」
と言った。つまり電源ダッシュ落としをすると、ほとんどのパソコンがスリープモードになる。
「先生、画面は暗くなりました!」
ガチグーパンが来てもおかしくないな、という結論になった。
それでは仮に、先生がそのことに気づかずにそのまま警告どおりにブレーカーを落とすとしたら、そこに訪れるのは悲劇である。プッツン、といって、ほとんどのパソコンがギロチンで首を絶たれたように静かになるのだ。
学校のパソコンの質なんてたかが知れているので、いくらか壊れるだろう。
次回の授業時、そのことが発覚するのは自明のこと。
「最後に電源消したの誰だー!」
という話になると、もう目があてられないよね。大人しくAlt+4でシャットダウンしておくんだったね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/08(火) 19:43:37|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題のArticle

昨日、妹の鼻歌が云々書きましたが、今日改めて検証したところ、CDの音源だったことが判明。確かに、二時間ぶっ通しで鼻歌を延々と続けられるなら、その集中力を勉強にぶっこめよ、と言えるところですねえ。
ドアをはさんでいるから、重低音が消滅して高音域だけ残って、それが死にそうなハエの羽音の如くよろよろと耳に入り込んでくるから耳触りだったんですね。まぁ、耳栓で完璧にシャットダウンできるので、別にいいや。
しかし、この耳栓も弊害があって、却って自分の鼓動やら血流やら神経が通う音やらがうるさいので、完璧な無音にはなりませぬ。集中力があるときにすれば、1.2倍マシくらいになるだろうけど、集中できないときに使うと、逆に失われる可能性もあるので注意ですね。

んで、今日は赤本をやろー、と思っていたのだけれども、一日に全教科こなすのはなかなかキツイね。三教科だけなのにのう。
でも、来週の早大プレに向けてやっておくべきだと思ったので、やらねばなるまい……と思ってたら、つい昼寝をしてもう14時になっていた! 
いつもなら、「あー、もうこんな時間、今からやらないとマズイけど、乗り気じゃないからとりあえずゲームでもしてから……」となるところを、心を鬼にして英語に手をつけて強引に始めたんです。進歩した。
ちなみに、そろそろ文化構想部の問題もやっておこうかな、と思ってそっちをやったんだけど……英語の長文量がグロかった。総計で2300語超。これを、90分でやれ、だと……終わった頃には息切れしてたぜ。
やはり空欄補充が異常に苦手な俺。全部正解に見える、ってことはないけど、二択から絞れないことが多々。
結果は八割に一分届かないくらい。最後の要約問題は知らなくてど肝を抜かれたけど、さりげなく国公立向けの英語長文の問題集を何故かやっていたので、そこまで困ることはなかった……けどあんま合ってなかったな。でも、相変わらず会話文の穴埋めは最強な俺。
国語はなんか変化球的だった。2007年の、文化構想初の試験問題だったから、色々試してたのかね。
現代文の問題をもとにした、古文やれ漢文やれ文語文やれをありったけ詰め込んだ感じ。文語文をあれだけの量はきつい……。
以前に比べれば、ずっとすっきりと文を読めるようになった印象。特に、空欄補充だとか、早稲田おなじみの誤文訂正だとかはだいぶ苦手が克服されてきた。現代文の問題集で、そういう系統が出る度に血眼で正解しようと貪欲になっていたのが功を奏したのか、たまたまなのか。
今月から勉強し始めた漢字なんだけれども、二問出題されてて、片方はわかったけどもう片方がわからん。もしかして:という感じで適当に書いたらあってた。……最後の最後で勘に頼れるのは、なかなか武器になるかも知れん。
あとは、大問三は難問だと講評に書いてあったんだけど、全く迷いなく回答したら、九割合ってた。
そんなこんなで正答率は八割五分です。もしかしたら文化構想学部の問題のほうが、俺に合ってるのかもね。
日本史はまだやってないけど、正答率から点数を弾きだして(正答率×満点【75点】)、国語と英語足しただけでも、122点。
……最低合格点が129点らしいので。
日本史でシャー芯が切れることがなければ合格です。バンザーイ。
とりあえず、日本史は風呂上りにやるつもりなので、それまで三国無双やってよー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

追記:日本史正答率七割五分ほど。ベタ換算で37/50ということです。
合計で159点、おおよそ八割ですねぇ。
この結果はどう捉えればいいんだろうか……。やったー!というのは当然あるものの。
文化構想学部なので、実際本命の文学部の方がどうなるか分からないので、とりあえずそっちをやってみないことにはなんとも……。


  1. 2011/11/07(月) 19:18:51|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真・三国無双6買ったったwww

k

そしたらうまい棒ついてきた。エビマヨ味なんだけど、不幸にも俺はマヨネーズが苦手なので手付かずで放置。
木曜日にビックカメラ行ったときに、初めてこれの存在を知ったのだが、今日暇だったので三国無双をやってたら、なぜか不意にこれが欲しくなって、「よし買うか!」といって、そのまま家を出ていったきり……まさかこんなことになるなんて……。
ずっと三国無双6気になってたんだけど、PS3だったからどうしようもないと諦めていたが、いつの間にかPSPで出ていたなんて。5みたいにそれほど残念でもないらしいので、買わない理由がなくなった。

面白いね。
とりあえず、三国無双はオロチと初代しか知らないので、きちんとストーリ仕立てになってて新鮮だった、ボイスもついてるし。
強さはレベルじゃなくて完全能力値で、武将が落とすアイテムで強化していくらしい。あんまり強くなった実感がわかないのが難。あとは、手に入る武功で通常攻撃の回数やらチャージやらを増やしていく。まぁ、戦闘が終わるごとに初期状態に戻るよりはマシだ。
マップはエリア分割で無いのでスムーズだ。まぁ、それはオロチからそうだったがね。しかし敵が少ない。戦国無双は適当に攻撃しても誰かしらには当たるほどわらわらいたのに、多くても十人程度が限度だね。これは少し残念だが、ハードの都合上仕方ないのかね。
まぁ、まだ二時間ぐらいしかやってないからなんとも言えないけども、とりあえず飽きるまでやりますヘ(゚∀゚ヘ)

あと、耳栓買ってきた。
なんでって、うるさいんですよ。妹の鼻歌が。うるさくはないけど、耳触りなんです。上手いならまだしも、下手だから尚更ダメなんです。音楽部だったもんで下手に耳が肥えちゃってて、癪でしょうがない。俺もよくiPodでノリノリになって「うっせえ!」と言われたりしたけど、それでもあれよりは聞くに耐えるもののはずだ。
昨晩は凄まじくイライラしたのさ。どうして二時間もそんな鼻歌ぶっ通しで続けられるのか。スピーカーじゃないんだから。ドアを挟んでひょろひょろの高音だけが耳に届くもんだから、もう勉強なんてやってらんない。
そんな環境下でやったら、センターレベルの英語の長文の問題で三割しか当たんなかったwwwこれはまた別の意味でヤバイんだけどwww「え、これ別の問題やってんの?」ってくらい尽く外してたwww
ってそんなん赤本やってる最中にやられたらたまったもんじゃないので。
うっせえ、といえばそれで済むかもしれないけど、あっちも受験らしく、望まないヒステリックを起こされても困るので、自分を変えた方が早い、ということで耳栓。
前、ダイソーのを買ったらつけ心地が悪い上に、常用してたら耳栓が真っ赤になったので、ちょっとお高いのを、とググったらイヤーウィスパーというのがいいらしいと聞いて、近くの薬局行ってきたけど無かったので、とりあえず三百円のやつを買ってきた。2セット入りだから都合4つ、一つ75円也。
で、今してるんだけど、キーボードのカタカタが2分の1程度しか聞こえないくらいの性能。まぁ、全くの無音になっても困るからね。ただでさえ、神経が通う音が気になるのにね。あと、背中を凭れると心臓の鼓動がヤバイくらいきこえる。また落ち着かない。耳栓すると、却って落ち着かない気がする。でも、まぁいいか。

とりあえず、今日は赤本できなかった、というかやらなかったので、できるだけのことをやって、明日三教科やろうかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/06(日) 18:17:32|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはよう

夢を見てた。
マリオサンシャインのアスレチックみたいな空間に白いタイルの地形でよくわからんダンジョンができあがっていたんだ。ダンジョンというよりも、山道の道だけ切り取って並べました、みたいな。よく分からないけど、水が流れてたなあ。これで如実に俺が見たものを頭の中で再現できるとは思わないから、適当に考えておいてください。
そこでひたすら落としたコンタクトレンズを探すんですよ。コンタクトレンズ落としたくせに、視界ははっきりしてるのね。
しかも、見つけかけるんですね。白いタイルにちょこんとくっついてるのを目撃した。でも俺はなぜか「あれはダミーだ」と断定して、なぜか別の場所に急行するんです。
なんか透明なぺらぺらを発見したは発見した、なんだけども、どう見てもせんべいを包装するビニールじゃねえか、とね。
そうして、しまったもうダメだ、と絶望する夢。

今日は何故か学校だったけど、エラく早く終わってしかも振替休日があるというなかなかウマウマな日だったんだけど、帰ってきてやることやって横になったら寝てたんだよね……、十八時に起きようと思って横になったつもりが、起きたのが19時半……、もう今日は寝られねえな……。
でもそんな夢を観ていたので、なんだか却って安心してる。
後は、別のフェイズに移ったのか知らないけど、お正月がなぜか訪れた設定になっていたり。
近所のスーパーに行ったら、「初売を日本一高く売る店」とかいって、チップスターを六千円で売りだして笑って遊んでる店員たちがいて、なぜか一緒になって笑ってたりした。意味分からん。

まぁ、とりあえず今日は限界まで勉強してー、明日は絶対に八時までには起きることにしよう……。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/05(土) 19:52:42|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もたもたの神様

こんな時間だけど、どうせ明日の公開授業なんてあってもなくても同じようなものなので、ちょっと書き忘れてた、というか今日のブログのネタにしたかったものを書くよ。

リーディングの授業は、それぞれの習熟度に応じてクラス分けされているわけなんだけど、俺たちのクラスの担当は一味ちがう。
もたもたのプロなんじゃないかとささやき合っている。
プリントを配る時、枚数を数えまちがえる、なんていうことはしない。難易度が低すぎてしないのかも知れない。殿堂入りしたポケモンをマサラタウンのまわりでレベル上げなんてめったにしないだろう。
というか、そもそも配るはずのプリントを忘れる。「あー、やべえミスったぁ……ちょっと待っててください……」とぼやきながら教室を後にしようとして、CDデッキの電源ケーブルに脚を引っ掛けて、教卓からそれを盛大に落っこどす。結構ヤバイ音がしたので大丈夫かどうか確かめてみたら、無事についたので胸をなでおろしながら退散する。
数分後、アセアセと戻ってきます。プリントを配りますね。
「先生、これ前もらったヤツ……」
「ええ!∑(゚д゚)」
また教室から出てきます。
数分後、ドタドタと戻ってきます。念願のプリントをようやく配れた。
こうして授業が十五分潰れたわけです。
あと、CDラジカセの取り扱いについては特にすごい。毎時間もたもたしてる。
例えばレッスン11をやる予定だったとしたら、確実に最初流すとレッスン10が流れる。「おっかしいなあ……」とつぶやきながらトラックをいじくること数分、ようやく正しく話し始める。
あるときは、レッスン13をやる予定だったのに、「ラムセス・セカンドうんたらかんたーら」とか流れ始めて教室が爆笑の渦に包まれた。
「先生それ一年生の!」
そもそも入れるCDを間違っていた。どうしようもないので、正しいCDを探しに行く。
引 っ か か る ケ ー ブ ル。
落 っ こ ち る C D ラ ジ カ セ。

今日もリスニングをやるので、いつものように銀色の四角いCDラジカセ(といえば良いのかわからん)をいじくっていたんだが、今日もいつものようにもたもたしてる。
またいつも通りなんだなぁ、と思ってDUOを眺めていると、今日は何やら様子が本格的におかしい。本意でなくても何かしら喋り出していたスピーカーが沈黙を保っているのだ。
「なんなんだよもー」とか唸りながら、先生は必死にいじくっている。俺は必死で笑いをこらえながらその推移を見守っていた。
そのうちイライラし始めたようで、「クソ……」だとか物騒なことをつぶやき始める。この時点で授業は五分消費している。俺はDUOのページを六頁ほど進めた。
やがて、「これか?」という呟きと共に、何かしらのボタンを押した。
すると流れ出す陽気な音楽。さながら、少し洒落たバーにいるかのようなBGMにぴったりな音楽……が大音量で流れ始めたから、もう爆笑に包まれない教室などあろうか。
「あぁ、もうこれ壊れてる! ちょっと、代わりの無いか探してくる!」
と言って、先生は教室を飛び出していった。
「今日はもたもたの真髄を見せられているwww」
みたいに友達と話していたら、やがて無骨な黒くてでかいCDラジカセを持って帰ってきた。
「使い方わからんし、『使えるかどうかわかりませんよ』とか言われちった……」
と言いながら、CDを突っ込みトラックを指定してボタンを押す。
静寂に包まれる教室。
先生の「あれぇ?」というぼやきと共に次々に失笑が生まれて、たちまちがやがやと騒がしくなる。
またうんうん唸り始める。
「(彼が)もたもたするのを見るために、俺今日学校来たんだ!」と後ろの友達が今日の学校の本義を見出していた。一方俺はDUOをその日のノルマを終わらせていた。時計は十分時を刻んだ。
「流れませんか?」
と、とうとうそのCDラジカセを貸しだした先生が教室にやってきた。……その援助に人の方が、もたもたしている担当の人よりもずっと若いんだけども、ちょっと見てるこっちが情けなくなっちゃったかなあ……なんて醒めた目で見てたわけじゃないよ!
援助の先生がかちかちと数操作すると、すぐにCDラジカセは息を吹き返して語り始めた。
「おお、よかったよかった、ありがとう」
そんな感じで援助の先生は帰っていった。担任はホッとした表情。
ラジカセは操作を容易にするために先生の方に向けられていたので──まぁ、つまり黒板に向けられていたので、先生はそれを生徒の方に向け直した。
するとどうだろう。ウルトラマンのカラータイマー的存在で、起動すると陽気に「HELLO」なんて言ってくれるあの液晶が、ふっとその輝きを消したのだ。
「ええええええええええ!」
とうとう授業が始まるかと思った生徒たちは一同に突っ込みを入れた。
先生、もう十五分経ってるよ!
「電源切れた……、バカナ……」
もう一度黒板方向に向け直して調整を開始。先生、それじゃあまた同じ過ちを……。
電源プラグを抜き差ししたら、今度こそ大丈夫、無事にリスニングの問題が始まった。
そういうわけで、うちのリーディングのクラスは、他に比べて遅れをとっているわけである。しかし、平均点は全クラスの中でも最高水準なのである。
その秘訣は、そのアットホームな雰囲気に在るのかも知れない……、とは言ってしまったけど。
実際授業が始まってから数分してから後ろを振り向くとどうだろう。俺は一番前の席なんだけど、いちばんうしろの人の眠そうな顔が見えるっていうね。どういう状況下って言うと、つまり「ドミノ倒しですか?」というくらいの就寝率だということです。
かくいう俺が寝てないのも、ひとえに単語帳のおかげ……いや、本文はちゃんと把握してるよ! もう理解したところだから、ちょっと分からないところだけ聞こうかなあ、って思って、とりあえずわかりきった説明の時間を無駄にしないためにも、こうして自主学習してるんだよ! という、いかにも真面目な人が聞いたらキレられそうな言い訳だこと。詭弁とはまさにこのことを言う。
と自覚しつつも、やはり眠るのに比べたら確実に起きている方がいいに決まっているので、俺は俯いて単語帳をめくるのである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/11/04(金) 23:56:09|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

性善説と性悪説

こんなに模試受けてるのに、全く結果が帰ってこないので、あんまり模試を受けた気にならない。見直しが甘いのかねえ。早大プレテストは骨までしゃぶる勢いで見直すだろうが。
今日はなかなかに勉強の消化がはかどっているので、いつもよりも多くできるだろう。八ヶ月前に買った英語センターレベルの問題集を全く手付かずで放置してるのをどうしようかと思ってる。もう、センター英語の長文は満点取れるからやってもしょうがない気がするんだが……。

今日、漢文の時間に性善説派か性悪説派かについて討論しろ、みたいなイベントがあったんだ。グループ使って持論を披露してまわりを納得させよ、みたいな。
俺はずっと性悪説だと思ってた。人間教育全くせずに奔放にしていたら、私利私欲を尽くしていくだろう、と思ってたのよね。子供とか見てると、特にそうだよね、とか思ってたんだけど、今日改めて考えなおしたら何故か自分の説に納得がいかなくなってた。
おいおいどういうことだよ、と思ったけど、性悪説が納得できないんだから性善説を説くしか無い。
そこで、人を生物の一種として捉えて考えてみた。生物が求めるのは、種の繁栄と存続。個体の繁栄じゃなく。レミングというネズミがいるけど、連中は個体が一定数を越えて食料的に厳しい段階になると、集団自殺をして数を調整することで有名らしい。つまり生物的本能は、種の存続>個体の存続という重要度の認識をしている。
そういう風に考えると、牙も巨体も持ち合わせていない人間が存続するのは、他者と協調していくしかない。協調するには、良く思われる必要があるので、人に良くして連帯意識を持っていく。そうして大きなコミュニティを作り、自然界に於いて生き残っていく。
すなわち、人間は性善でなければ生きていけないという考えになる。性悪であったならば、人間はとっくの昔に自然淘汰されていたのではないかな。
そんでもって今日の様態を見ていくと、そんなことは考えられない。何しろ、生きようと思えば一人で生きて行けるのだ、協調の必要性などあるものか。裕福になれば尚更私欲に燃えていくことになる。そこで、本来の性善が埋没していって、混乱になるのだ。
その勢いの中で全世界が西欧化されて、種族の繁栄という問題よりむしろ個人の問題になりつつある。人間の繁栄を前提にした中での、人間の中での個人の繁栄を求める動きが活発になり、やがて種族の繁栄を求める生物的本能が欠如していく。誰も進んで他人のために自殺したいとは思わなくなった。
だから、将来いつか核戦争が起きたり、隕石が落っこちたりして人類存亡の危機に立った時、種の存続のために自己を捨てることができなくなった人間が、果たして存続できるか、ということを考えるのである。アルマゲドンにいるような人がいるかもしれないが、それもごく一部だろう。……人類は滅亡するのではないかと思う。
とかいいつつも、なんだかんだ言って存続しそうな気もする。種の存続に執着しなくとも、頑張って生き延びる人はいるのではないかと思う。それは、根っこが性善の他人と助けあえる人なのではないか。欲にまみれてしまって協調できない、性悪になってしまった人は淘汰されてしまうけれども、やはり性善な人は世界のどこかで生き残るんじゃないかと期待している。
そういうわけで、性善説を採択しました。
いや、どういうわけだよ。
という突っ込みがどう考えてもとんでくるだろうと思われたので、これをもっと平易にして伝えたら、そのグループの代表に担ぎ上げられてしまったのが、適当にやって事無きを得た。
性悪説から性善説に変化したっていうのは、まどマギの影響がもろに出ていることは文章から容易に察せると思ふ。まぁ、影響されやすいタチですからねえ。

明日も学校だよ。全く、どうなってやがるんだ。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
  1. 2011/11/04(金) 19:05:53|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

代々木記述模試だったんだけど

前回の模試からたった三日しか空かないで、また模試です、完璧にスケジュールミスってるよ。
今度は代々木模試だよ、っていうか、今後は代々木模試しか受けないんだよな。何だか寂しくなる……かな。
最後の模試は12月頭の代々木模試になる。最後は河合が良かったがなぁ……、もう一回くらい残ってないのかな。
そういうわけで自己採点、例によって○字以内で説明せよ系は適当に、しかし決して○を付けない採点。

国語 151/200  英語 148/200  日本史 96/100

すっげー簡単だった、今までの模試に比べると。日本史も普通に満点撮取れる範疇だったし。
ちなみに、今年六月に代々木の記述模試受けたんだけど、その結果(受験勉強初めて無い頃)。

国語 154/200 66.7 英語 110/200 60.1 日本史 46/100 51.3

よう成長した……しかし、国語はあんま変わってねえ!
いや、でも日本史こんなひどかったんだなぁ……よくぞここまで上がったなぁ……。「試験終了です」の合図と共に、半分空白の解答用紙を返した後、しょぼしょぼと昼飯食ってたら、付近のざわめきの中に「日本史満点とりそこねたわーww」というつぶやきを聞いて一念発起、その模試が終了してすぐに書店にダッシュして日本史の参考書を買って勉強し始めたあの頃が懐かしい。

国語はどっか一つの科目ができると、どっか一つの科目が不振になるのがいつもどおり。古文はほぼ満点だったが、漢文はほぼ半分程度だった。っつか、漢文の方が配点軽いから、あんま参考にならないかも知らん……。現代文はもうちっと。選択肢は全部当てたかったが……、っていうか、現代文のウェイトが半端ないんだけどww漢文が選択問題一問4点くらいなのに、現代文一問10点とかww重要といっても極端すぎるww
英語は会話文補充が相変わらず最強、これだけは毎回満点なのは昔から。長文もこのレベルだと全く問題無し。が、それ以外のところがいまいち。といっても、英作文とか入試にでないから、やや適当にやってるところがあるんだよ。というか、分からない所を「こうでいいんじゃね?」みたいなノリで補完する意味での適当だから、しばしば当たることがある。まぁ、そんな感じ。
日本史は学校の期末試験かよ!って思った。深く考えなければ満点狙えたぜ……といっても、一つダメ元で書いて当たったところがあったから、それほどでもないか。
二十分くらい余ったので見なおしてみたら「なんだこれ間違ってんじゃん!」ってところがいくつもあったことが怖い。本当に見直しててよかった……、でも、見直しの時訂正してそれが結局間違ってた、という問題が一つあったのが悔しいのう。
あと印象だけど、私服が多かった。七割が私服だったかな。河合模試は七割が制服だったのに比べて、どうしたこの差は?

まー、私立傾向な問題と国立傾向な問題がきれいに分かれてた問題だったね。英語なんて特に顕著だった。国立傾向のところでいくつか落とすのはまぁ仕方ないかもしれないが、私立傾向の問題は落とすわけにもいかん、と思ってたけど、現代文は説明問題に気を取られて選択が疎かになってたな……。
そんなわけで、俺の中での模試のラスボス、早大プレテストが来週の日曜日に控えてます。
朝早くから始まるので、なるべく早めに起きて頭を覚醒させないと、しょっぱな英語だから死ぬかも……。

模試が終わってからビックカメラ行って、何か捗るものを買おうと思ったけど結局何も買わなかった。
ただ、なんとなくぶらぶらしてても、知らず知らずのうちにゲームコーナーに入ってしまうんだなあ、としみじみするわけで、しかし、なんというの、通路が狭くって、俺のリュックがでかいからやたら幅取って迷惑になっちまって、なかなかのんびり見てられなかった。
FF零式面白いのかなー、なんか70万本売れたとかなんとか。スクエニ久しぶりの大当たりかな。
星野カービィWiiも気になる。なんか製作に何年もかけたとかなんとか。任天堂赤字らしいから頑張って欲しいの。
あとはコールオブデューティーのWii版がアマゾンにあったから、欲しい。っていうか、PS3欲しい。徹夜でゲームやりてえなあ。四人でスマブラやりてえなあ。FFCCをまた四人でやりてえなぁ。ポケモンカードとかまたやりてえな……。
きっと受験が終わったら何もかもから解放されるのはそうなんだろうけど、逆にスタート地点に戻ってきちゃう感じがするよね。また新しく始め直す、というか。まぁ、三月は遊びまくれるかなぁ。ゲーム買って小説書きまくって後輩の定演を手伝ったり文句言ったり、ちょっと楽しい大学生活を妄想しながらアニメ見たりする。
全く後悔の無い日常を底に敷いて。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  1. 2011/11/03(木) 19:42:39|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バジッと予算を決める

budget 【名】 (政府などの)予算案; 予算(額), 経費

絶賛疲弊中。もうぼうっとしててヤバイ。これで、30文字以内で説明せよとか言われたらもう白旗上げるしか無いくらい集中力がない……、何をミスった。いつもよりもゲーム時間は圧倒的に短かったし、今日はいつもよりも早く学校が終わったし、別段まずくなるような要素も無いはずなのにな……。
しかし決定的にミスってるぞ、このコンディション。このままだと大したことできないまま、明日の模試を迎えることになる……。
ま、心当たりはあるんだけど。
要するにチャリ通はなかなか大きなハンディキャップということです。

……と思って、眠眠打破のフィルムタイプを一枚喰んだらだいぶ楽になった。まー、それでも疲労感は否めない。
とりあえず明日休みでよかった……、またカカシソフトボールは勘弁だぜ……。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
  1. 2011/11/02(水) 22:09:00|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。