弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不可能性の内破

とある講義でとある映画を見て、それについてのレポートを書いてこいというのだが、その映画がまた難解で、ひと通り見ただけでは意味が分からない。俺にいたってはウィキペディアで予習していたのにもかかわらず、途中で爆睡をしたために尚更意味が分からなくなった。
空きコマに、その映画についての各々の解釈をぶつけあってみようとしたら、割と捗った。
というか、あんなに俺が意識高いとは思わなかった。意識高いって何よ、って話だけど。褒め言葉だよ。同時に畏怖の表象。
レポートの文字制限短過ぎでハゲそう。まぁ短いに越したことはないけどさ。

あー、そうそう。
昨日、某新人賞の〆切だったわけですけど、割とギリギリで間に合いました!

(スマホで撮った画像なんだけど、デカすぎ。1.6MBも要らない。リサイズしてようやくアップロードできた)
タイトルは珍しく適当。いつも2時間くらいかけてしょぼいのつけるんだけど、今回は時間が無かったので五秒でしょぼいのつけました。
爆死した二作目よりはマシな筈。それでも後半のやっつけ感は否めない。というか、行き当たりばったり感が凄い。いや、色々考えたんだけどね。何このスーパー言い訳タイムは。
多分製作期間は一番短かったんじゃないの。二週間くらいで描き上げた感。……いや、実際に作業してる期間は毎回そう変わらないんだよすみません、見栄張った。三ヶ月くらいだよ。構想含め。これでもだいぶコンパクト。つまり本気出してたら8月中に終わってた。アホス。
文字数はギリギリ十万いかなかった。枚数は109枚。右上を綴じろって言われたけど、ダブルクリップでできなかったから二つに分けたんだけどアレってもしかしてダメなやつでしょ。まぁいいや。ふりがなもふってないんだよね。忘れてた。まぁいいや。
意識したことといえば、逆説が多すぎって言われたから少なくした。そんだけ。下手な心情説明を省いて、めんどくさい人間ドラマを失くした。その代わりにクサイ恋愛ドラマになったからもう次はやんない。
最初から最後まで一貫した問題性が必要だと思って実践。……誰にも読ませてないから、その成果は不明。
なんか結局無難な感じにまとまったのがなあ。時間が無かったからなんだけど、それでもなんか物足りないというか、中途半端だった。
評価表バックを待つ。3月くらいに来てくれればいいな。
もう次回作の構想はできてるから、今日このあとにでもとりかかる。なんか暇だから。二作品連続で学園もの書いたから、そろそろ非現実的なことしないとやってらんない。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーサイト
  1. 2012/10/26(金) 23:13:17|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わかつたぞ

ボカロ聞くと頭おかしくなる。もう俺の脳細胞クッキーになってしまえ。
いや、いい方向にね。おかしすぎてなんかアレ。全人類残して二次元行った感じ。
ディスプレイがやけに眩しい。

そろそろカラオケ行きたい。
というか、俺歌下手になった。もともとうまくも無かったが。更に。
歌ってみたの男の音域はおかしい。去勢してんのかよって思うくらい高い。

うーん。
時間がない。予想以上にサボった。
昨日は楽しくわいわいした。お陰で今日は一日眠かった。寝てた。
確率的に言えば成功率は五分五分くらい。ダメだったら、後でまとめてぶち込む。ポジティブに。
スーパーボールで遊びたい。エアガンで遊びたい。バイト代入ったら、マルイのなんかが欲しいかもしれない。バイトしてないけど。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
  1. 2012/10/21(日) 21:39:43|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これがお前の、ファイナルジャスティスか!

具体の対義が抽象というのはお見知りおきのことだと思うが、抽象というのはあまたの具体に共通している部分を概念化したものだ。つまり、学術書っていうのは、抽象がひたすら書かれたものなんだろう。
となると、学術書の対義は小説、物語ということになる。確かに具体的。抽象的なことを具体的に訴えようとする。うーん、よく分からん。だからどうした、ってことだけど。
昨日の記事は半ば錯乱して書いたものだけど、あれもきっちりとした物語になってるよね。訳分からんけど、あの文面が学術的とは到底思えないから、必然的に可能性としては対義として存在する物語しか残らないよね。つまり、昨日の文章は物語。
ぼくらはきっと海辺に居て、おそらくは浜辺に居て、遠くにいる何かしらを狙い撃ちにしている。やがて、その何かしらがずるずるとこちらにやってきて、僕らの横を通りすぎて、そのままどこかへ行ってしまう。その姿を見て、僕らは驚いて怖がって意気消沈してしまう。
わけが分からんでしょ。だからね、僕は具体も具体とか単純に割り切れないもんなんだと思ってる。
下の記事でも言ってるように、その文章は表象なんだ。具体的な、現実的に認知できる光景があって、そこに流れる感情的なものを、表象として他のものに置き換える。つまり、大掛かりな比喩ということだね。昨日の記事の文章はあまりにも直接的だけど、まぁ大概の小説は表象だよね。恐怖小説なんて表象のオンパレードだ。例えば着信アリで、殺人の窓口になる携帯電話は個人への細分化の表象になってる。
昨日のアレは、表象の手段に用いた具体が曖昧だったから、微妙に頭のおかしい文章になってる。読者に不気味さを与えたかどうかは知らないけど、自分自身で訳が分からんかったから、まぁきっと訳がわからない。解釈も全人類の数だけ存在するだろう。
ぶっちゃけて言うと、昨日のアレは人をいじめた話です。前方を歩いてる人に石をあて続けたら、その人が踵を返してどこか行ってしまったのです。
更に具体化すると、彼らは全員小学生、時間帯は朝です。太陽はまだ角度を持っている、というのは、まだ登るべき角度が残っているというわけで、少なくとも午前中であることを表してるわけでね。登校中です。つまり、彼らは学校へ向かってる最中、前方に居る人もそうですね。
ヤリは石の表象です。実際は蹴っているのだから、ぬめぬめしていようと支障はないよね。ぬめぬめというのは、石を蹴っ飛ばすことに躍起になる僕らに他意識が抵抗していることを表しています。
クジラだか蟹だかイカだか解らないというのは、いじめる対象のことをよく知らないことを表しています。訳の解らない存在に対して、ただ攻撃的になることしかできない子供の無知さを示してることになりますね。
彼らは石を蹴っ飛ばして、前を歩く人の足にぶつけていた。
やがて前を歩く人は振り返ります。そして抗議をせず沈黙を守ったまま、憤慨した様子で僕らの隣を通り抜けていく。その背中を僕らはただ呆然と見守る。彼は登校途中だというのに帰ってしまったのです。紛れもなく学校という社会の秩序を破る行為。しかし、その原因をつくったのは自分たち。僕らはただ後見の悪い気分を抱きます。
後日談としては、その後学校に到着して、一時間ほど経つとその帰宅した人の親が怒鳴りこんできます。
これは実話かも知れないけど、そうでないかも知れない。
ただ言えることは、今語った表象の解説は、全部今考えました。昨日は何も考えずに書いたのです。
何故、いじめられた人を海洋生物に喩えたのか、石をヤリと言ったのか。知りません。これは心理学者に任せるべきなのですかね。というか、そもそもこれも何かの表象に過ぎないのか?  こうした問いかけまでもが、何かの表象となっていて、読者に何らかの変化を求めている……。

ぐへへへ。
最近気づいたんだけど、ぐへへへって書くと、脚がいっぱいついてる生物に見えませんか。
ぐへへへへ。
あー、文学部っぽいこと言ったら腹減ってきた。

毎週水曜日はあまりにも疲れすぎてて、色々と壊れそうになるの。
ほら、新人賞の〆切が来週の木曜日にせまってるでしょ? まだプロットの半分しか出来上がってないんだ、それはまあ不安定になるよね、精神的に。
いや、今日もあんまりはかどらなかったんだけどね。何のせいだって? 自分のせい。

二次元って異様にかっこよくないか。
あまりに二次元が輝きすぎているので、昨日は錯乱してたんだけどさ。ボカロとかのPVのカットは異常にカッコイイ。無駄にカッコイイ。誰かが現世への執着を失わせるように仕組んだとしか思えないくらいカッコイイ。
俺はねえ、絵が描けないから見るだけなんだよね。見るだけが嫌だからなんとかしようとしてるんだけど。

どなたさまか!
俺のアイコンを描いてください!

金も払ってもいいくらい思ってる。こここ、交渉制デスケドッ。
きっと叶ったら、すごいやる気を出すんだと思う。ドドドドなんて陳腐な効果音でやるよ。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ


  1. 2012/10/18(木) 18:24:45|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

悪即断

過去、に、そんなことがあった。
僕達はヤリを投げていた。何故投げていたのかは知らない。何故か離れている物体にヤリを投げていた。当たりはするけど反応はない。クジラなのか。あれは。ヤリは刺さらない。だから、いっそう僕らはヤリをなげた。あれは、そう、蟹なんだよ。僕らは囁きあった。ヤリを投げる。通り過ぎるものが多い。僕たちはしばしば波を避けなければいけなかった。やはりクジラだ。いや、イカかもしれない。あれほどのっぺりした存在は初めて見た。ぼくらはそのうち、わけもわからずヤリを投げるようになった。透明な悪魔に唆されるように、いてもたってもいられないように、ヤリをなげた。ヤリはぬるぬるしていた。つかんだ手が翠色に光った。それでも投げるのに支障はなかった。
ある時から、その物体はこちらに向かってきた。僕らはヤリを投げるのをやめた。その物体はただ静かに、滑るように僕らの間を抜けていった。また離れていく。その背中に僕らはヤリを投げることができなかった。不気味だった。あののっぺりとした背面に口が開き、炎のように躍る舌が僕らに這いずりよってくるような錯覚を抱いた。
二分もすると、その物体は僕らの視界から消えてしまった。
僕らはまた歩き始めた。かの物体の体内に蠢く何かが、僕らの口に蓋をしてしまったらしい。変に息苦しかった。ヤリはまだそこら中に転がっているが、僕にはそれがヤリに見えなかった。それらは灰色をしていた。きっと、僕の胸を這いずりまわるクジラのような存在も、灰色をしているのだなぁ。
空はまだ明るい。太陽はまだ角度を持っている。

極めて表象的に書いてみた。とくに意味は無い。意味不明だと思わせたら勝ちだと思った。
まぁリハビリみたいなもんです。〆切が一週間後なのに、リハビリもクソもないけどねーーー。
まだ半分くらいしか書き終わってないけど、まだ諦めてない僕はバカなんでしょーか。
まぁ無駄にならないからいいけどね!
歌がバカ上手い女友達がいれば、絶望して二度とマイクを持つことはしないんだろうなあ、とか、思ったりしてるよ。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
  1. 2012/10/17(水) 22:47:12|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある日ッ……森の、中ッッ……!

前に物語の構想を考えてツイッターにメモしたけどどっかいっちゃった。あんなもんに書くもんじゃないね。

最近初めて最近のボカロの声を聞いたけど、すごいねあれ。自称個性派ガールズバンドよりも上手いだろ。音程の正確さがそのまま歌の聴きやすさに直結する証明の好例だね。創作の代行を大衆に委託する形態もついにここまできたとなると、録音と生声の対立関係はいっそう明瞭になるわけですな。機械が勝つか人間が勝つか。うん。
その点、物語っていうのは、絶対に機械で作り出せない。時間芸術との決定的な差はそこですよね。

バイオ6クリアした。
けど最後はなんかあっけなかったなあ。というか使いまわ
たかだか発売から一週間しか経ってないのに、もう攻略情報が出揃ってるのは凄い。恒例のエンブレムの場所も、高画質で丁寧に解説した動画が上がってるし、トロフィー獲得情報も出揃ってるし、セオリーも既に出来上がってるし。俺より暇人なんて世の中たくさんいるってことだね。
そういうわけだから、その情報を使ってトロフィー集めてる。割と作業感がある。プラチナとるまで頑張る。
最近PSPの調子が異常に悪くて、どうしたんだよと思ったんだけど、ぐぐってみたらそれなりに事例と改善方法があるらしくて、それを試してみたら直った。快適。
ダンガンロンパ2やってる。まだクリアしてないんだけど、前作よりも格段に完成度が上がってるね。でもなんか、この作品で終わらせちゃう流れということを聞いた。残念だなあ。海外の良ゲーは、1が割と残念でも、2ですごく面白くなって、3で神ゲーになって終わるパターンがよくあるからさ、ゴッドオブウォーみたいにさ。3にひっぱちゃっても良いと思うのよね。空の軌跡はまぁ蛇足だったけど……、というか、二部作で終わらせちゃうのが名残惜しいというか……。まぁ、それで4まで持って行くといっそう残念になるパターンもあるから、区切りを見せないとね。三部作がいちばんいいよ。CODMWだってそうだったし。聖剣伝説とか逆転裁判とかはいきすぎてしまったのだよ………。

今割と必死で小説書いてる。
〆切は25日だけど、21日は完成させたい。22日に郵便局にぽいっとしたい。
しかし……まだ半分くらい。死ぬ…………。
このプロットの出来具合なら、もうなぞるだけでいいはずだ。問題点は出ないはず。
しかし、一つの不安要素が……、いいひらめきが来なければ、謎として終わる……。
頑張れ……未来の俺……。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
  1. 2012/10/14(日) 22:12:00|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワフルデイズ

疲れたんだよ。
火曜日は2限から6限まであって、水曜日は1限から4限まであって、大変なんだよ。帰宅したのが22時くらいで、次の日は7時に家を出てなきゃいけないんだからっ。
帰る必要ないじゃん!
と思って、大学近くの友達の家に泊りに行っていた人が、今朝普通に遅刻してたっていう、なんとも皮肉な現実がある。遠ければ遠いほど自分の怠慢によって遅刻することは少ない。不可抗力によって遅刻になることは多いけど。

恐怖映画を見る講義があるんだけど、あれすごい面白い。なんで恐怖映画が怖いのかを構造的に説明してくれるから、すごいためになる。閉鎖的空間、潜在的なタブー視の顕現、個人の細分化。無差別な殺人に、自分が指名されることの恐怖。人はやっぱり死にたくないんだなあ。
といっても、学者の講釈とかで、「この小説における、○○は□□を象徴している」とかいうのはちょっと眉唾だと思う。作者が言ってるならともかく、その作品をいいように自分の解釈に説得力を持たせるための土台にするのはいただけない。

ラノベ読み始めたけど、やっぱり軽いなあ。重さじゃなくて、文章。ぺらっぺら。
ちょっと長考。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
  1. 2012/10/10(水) 20:31:31|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月の三分の一

一年前は俺も受験生だった。
高い目標だって理解してたが、それでも自分は至れると信じこんで、がむしゃらになんだかんだやってた。「やべえ、一時間もゲームやっちまった。やべえ」とか言ってる。きょう、僕は6時間くらいやったよ。進歩というか後退というか。
模試の結果も載せてたね。
やべえ落ちた、と顔面蒼白で報告してたり、難しすぎ死ねと発狂してたり、模試のデータブックに名前が載ったとはしゃいでたり。
今では私はその模試を監督する立場ですからね。
国語の時間、あまりにも暇だったから、ちらりと覗いてみたの。文章は普通に読めたんだけど問題ができなかった。センター模試だったんだけどさ、……選択肢全部同じこと言ってるよね、って困惑した。そして俺は考えるのをやめた。
あ、その日の模試監督は夜8時くらいまでやる予定だったんだけど、台風が来てたので3時半くらいで切り上げで帰宅だった。給料は変わらない。すごい嬉しかった。数学とか理科とかができなかった生徒の措置を説明するのが大変だった。問い合わせ殺到です。
ちなみに、スーツ限定なんだけど、靴がスニーカーでリアルに死にたくなった。

んーと。
今日本免学科の勉強しようと思ったけど結局何もしなかった。これからやろうかな。夜は長いしね。

スーパーダンガンロンパ2を友達から借りたので、始めて見た。つくづくだけど、ギャルゲーパートがめんどくさい。といって、ベッドで過ごすのも味気ないから外に出ます。
難易度は上がってて何より。前作より登場人物の知能指数も上がってるみたいなので、議論が白熱しておもしろい。罪木がかわいい。いじめがいがありそう。飼いたい。
まだ一章終わっただけだけど、壮絶なネタバレ喰らってるんで、なんかまぁ。
ハサミ男も読み終わったって話はしたっけ? あれのネタバレと同じくらいの精度のネタバレ。ツイッターも使い方を気をつけないとこういうことになるのよ。何気なくニュースサイト見たら、クラナドのネタバレされたし、世の中一寸先は闇だからね。池袋の電光掲示板に唐突に「犯人はヤス」って表示されてもおかしくないものね。
いつかどっかのイギリスの学者がネタバレをしたほうが物語を楽しめるとかアホなこと言ってたけど、んなことない。物語の大半は恐怖小説と同じような構造になっていて、つまりは何気ない背景が唐突に前景化するっていう面がある。バイオハザードでいえば、普通の人がゾンビという形で前景化して脅威と化す。バックトゥーザフューチャーでいえば、過去という既に背景となったものに突っ込んでいく。金魚すくいみたいなもんで、何気なく浮遊しまくる可能性の中から厳選した背景を持ち上げるんだから、どれを取り上げるのかを最初からわかっているなら、見る必要ないじゃないですか。面白みがない。カーナビの言う通りに行って、喜べるのなんて現実だけです。
とかまぁ文学部で習った受け売りっぽいことを言ったわけだけど、割とぼくはネタバレに寛容ですよ。いや、全然寛容じゃないけどね。必死で謝ってきたら許します。「あ、そうなんだ」ってさらりと言われたら好感度だだ下がりします。青い下向き矢印が名前のところに表示されます。

今日も今日とて戯言日和ですなあ。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
  1. 2012/10/08(月) 23:48:25|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪引いた

寒い雨の夜に半袖でいたために、風邪を引いた。
俺の風邪はいくらか段階があって、まず第一段階で鼻詰まりがひどくなる。鼻水がすごく汚くなる。どれくらい汚いかっていったら、その色の粘着物が店の前に落ちてたら、その店の売上が五割ダウンするくらい汚い。
第二段階は鼻づまりは緩和されるが、咳がひどくなる。この時、喉は痛くない。ただ、食事もままならないほどひどい咳がごほごほでる。入院患者が病院から脱走してきたんじゃないかと白い目で見られるほど咳がでる。
第三段階は咳は出なくなるが、喉が痛くなる。照り焼きにしたのかよってくらい痛い。つばを飲むのもつらい。ゆでたまごも飲み込めたもんじゃない。喉の荒れようを絵の具で表現してくれ、とデザイン系の人に頼んだら、迷うこと無く真っ赤な絵の具をキャンパスにぶちまけるであろうと思えるほど痛い。
今第二段階。明日の第三段階が一番つらいので明日がこないことを祈ってる。

今日、教習所の卒業検定が終わった。合格した。
「トラックの陰からおっさんが飛び出てくるから気をつけてね」「おっさん、飛び出してきて教官にブレーキ踏まれて終わった」とか、おっさんにまつわる超コワイ話を先輩から聞かされていたのでびくびくしていたけど、実際に現れたのは車道のどまんなかをチャリで走るおばあちゃんだけで安心した。GTAだったら普通に蹴散らしてるとこだったけど、丁寧に合図出して30km/hで抜かした。
得意な方向転換だったのが良かった。縦列駐車はちょっと不安だったんで。
そういうわけで一ヶ月半くらいの教習生活が終了。もう二度と行きたくない。
ちなみに、AT限定。これが意味するのは、「MT車はめんどくさいし、自信が無いので楽を選んだダメなヤツ」らしいんだけど、俺はまんまそれなので怒る気もしない。よく俺を理解してるな、と握手をせがみたいレベル。

最近、俺の性格をわかってくれるひとが多くてありがたい。
「これおまえ、嫌いそうだよな」「どうせ行かないでしょ?」とか、なんか俺の望む前に俺の望むであろう選択肢しか残さない人がありがたい。めんどくさくないから。
俺の偏食ぶりは割と知られていないらしく、「え、それ食べられないの?」と目を丸くされる。「あれ、知らなかったっけ?」と俺も目を丸くする。だから、俺の好き嫌いを知ってる人っていうのは割と親近な人というわけだ。良いバロメーターになる。逆に、俺の好き嫌いを今知った、という人は、その時点で親近な人というわけだ。偏食というマイナス要素で友達が増える。「お前とは絶対モスバーガー行かないわ」って言われて、外食の選択肢も減ってグダグダしにくくなる。いいことだらけじゃん。
それに、他人の好き嫌いを見ても普通に寛容でいられるのが良い。
俺はキノコは平気なんだけど、他の人がキノコを脇に寄せて食ってるのを見ても、その気持は分かる。ナスがスープに浮いてたら俺だってそうする。チーズは平気だけど、チーズ嫌いな人の気持は分かる。あの酸っぱい感じが苦手、っていう供述も無条件で信用できる。

バイオ6買いました!!!!
その前に、MGSをクリアした。初代のね。ソリッド・スネーク。いい話だった。その日は一日センチメンタルだった。あ、あと碧の軌跡もクリアした……ってことは言ったね。
LAノワールをクリアした話はしたっけ? DLCのトロフィー含めて、全部揃えたって話。正直、もう一度やりたいとは思わないね。もはや作業ゲーだ。表情が素晴らしく豊かだったのは評価できるけど、やっぱりオープンワールド系のゲームで、正義が主人公だとやりにくくてしょうがない。やっぱり、悪人側の視点でなければ、と思った。
あ、GTAといえば、Ⅳを達成率100%にしたよ! あれももう二度とやりたくないなあ。ハト200羽撃つのに八時間くらい? スタント50個に五時間? 仲間の友好度上げるのに、ひたすら電話しまくる。これで五時間くらい。もちろん、移動はすべてタクシー。ランダムキャラのミッションも、リバティーシティーを走り回ってこなす。そしたら、まとめて特殊能力アンロックの電話が来て、一気にトロフィー獲得。あの瞬間のためだけにやっていたのかと思うと感無量です。僕はトロフィー獲得音中毒者なのかも知れない。
えっと、バイオ6の話、海外サイトの評価がひどいらしい。this game is wortest in the seriesとか、日本人が書いたんじゃねえの、って批評が並んでたけど。
レオン編をひとまず終わらせました。最初は、操作に慣れるまでフルボッコにされる。他の一般人は容赦なく噛み付くのに、何故かレオン達には殴ってくる。斧とかアサルトライフルとか持ってる奴もいるもんだから、ウイルスの開発者は何がしたかったのかを問い詰めたら本が一冊できあがるはず。
慣れたらザクザクゾンビを倒していく痛快ゲーになる。この段階が割と面白い。
序盤はどうしてもストーリーの背景が見えずに、振り回されているような感じで悶々と過ごすわけだけど、あとになって展開が見えてくると面白い。一気にやってしまう。
弾切れがひどくてずっとじり貧だったな。苦手な人は、アマチュアで始めたほうが良い。初見だとノーマルでもなかなかキツイ。慣れたらベテランでもありだと思う。無限弾アンロックまでプロフェッショナルは手をつけないほうがいいと思ってる。
今はクリス編をやってる。クリスは老けた。レオンよりも老けた。でも怪力は相変わらずで、強化されたはずのBOWの拘束を×ボタン連打で逃れてしまう。しかし真面目過ぎて過去の失敗にとらわれすぎて部下のピアーズくんに怒られる人間的な一面も見せる。ちょっと情けなく見えるかもね。まあ、肥大化したホラー/パニック物語が人間ドラマになるのは仕方のない事なので、そういう言語的変遷にも共通しているものが見いだせる点については暖かく見過ごす方が得策なんじゃないかな。
グラフィックは凄いキレイ。流石PS3さんですね。もうPS時代のバイオはできないっすね! いや、でもバイオ3はやりたいな。いや、その前にやることが……。
でもさあ、ホラーが嫌いな女の子を隣にして、とんでもないホラーを見せて泣かせたいって願望は誰にだってあるはず。あわよくばギューってしてくんないかな、とかね。くだんねえこと考えるよね。
なんか長々と書いてしまった。長い長いブランクの果てに、俺は文章力を取り戻したのでしょうか。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
  1. 2012/10/07(日) 21:46:35|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月○日

10月になった。
や   べ   え   え

〆切は25日までです。
  1. 2012/10/01(月) 20:24:03|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。