弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音ゲームって、あるレベルから先になると超楽しくなることが多いですなあ。
弐寺だと☆6くらい。ポップンだと36レベルくらい。旧30。SDVXはLv14? 個人差有り。リフレクは結構なんでも楽しい。ゆびーとはレベル8くらいかな。わかんね。
ギタドラ、俺はDMなんだけど、Lv5を越したあたりからすげー楽しくなった。V以前のレベル相関が分からんのでなんともいえないけど、とにかくやべーくらい楽しいわけで、あまりにも楽しかったので、気づいたら6クレくらい続けてやってて(無論毎回待ち人がいないかチェックした。かつての大盛況だった時代がウソのような過疎ぶり)、手にマメができました。はやくも血豆化。いたい。
実際の演奏感に近づくからなのか、もう手がすごい動いて楽しい。でもXGからかなり劣化したと聞くので、もっと早くからやっておくべきだったなァとかなんとか思ってる。
でもそのことを後輩に話したら引かれたので、あんまり良い話題というわけでもないな。「えぇ……(なんでそんなになるまでやるんだこの人は)」って反応。目は口ほどにモノを言うのだ。ほんとかいな。



スポンサーサイト
  1. 2013/06/27(木) 21:27:28|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕はあまり才能というものの存在を、それほど一義的なものと思っていないです。素材という言葉をかなり乱暴に説明したようなものと思っています。でもまぁ、何となく使ってやらないと気まずい感じがするので、才能があると言えるのは、その人が亡くなってからの話なのではないかと感じます。歴史を語る上で、才能という言葉は欠かせない。
でも日々の営みの、歴史が超上空四次元的な意識にあるところで才能というのは、あまりに陳腐で、いわばただの妬み文句なのではと感じる。
というのは、僕は表面上はケロリとしつつも、裏でかなり努力をしている人間が好きなので、私もそうなりたいと、むかしから結構頑張ってきて、いまも割と頑張ってるの。するときみは才能があるから、とどっかしらで言われる。この程度で才能があると言われてしまうとは、と結構嬉しくない。才能=無条件で良いことができる、みたいな方程式が見えるので。
そういうわけで才能という言葉がかわいそう。
もっと君も努力しなよ、とか言えるわけがないので、放置しておかざるを得ない。

そんなことより、残金が300円しか無い。
ジャンプ買ったら終わる。いや買わないけど。
でも、この300円で、何をしたら自分は一番満足するだろうと考えると、なかなか答えに行き着かない。
極上の満足というのであれば、晩飯を食わずに一晩寝ずに坐禅を組んで、もうへろへろになって腹の音が四重奏を奏でるくらいの空腹になった具合で、牛丼を食べるのが一番満足すると思う。相手がやってこないなら、自分が歩み寄ればいいのだ。いや、絶対やらんけど。

  1. 2013/06/21(金) 00:57:35|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10th

十段取った! やったぜ!
二曲目sense2007を2%抜けしたと思ったら、もうあとはウィンニングランだったよ。クッキーにクセをつかせるヒマがなかった。リユニオンももうちょっと苦戦するかと思ったら余裕だった。全ては扇子の皿複合が悪かったんだ。
しかしまあ、思い返せばすごいなあとか思う。
半年前、2012年の終末にぼくは皆伝の男の子と一緒にゲイムセンタァへ出かけた。当時の私は六段だった。取り立てで、ライオンさんの怖さを何も知らないでのうのうと生きていた。
その時に「あ、俺十段取ってねえ」といって、彼がやっている十段の譜面を見て、意味不明過ぎて、やる方もやるほうだが、作る方も作るほうだな、って、でも、何となく漠然といつかはあれができるようになるんだな、という仄かなあこがれも抱きましたと。
あれからほぼ半年が経過して、いまでは私が十段。まったく実感が無い。ホアアアアアー。
太鼓の達人にも段位が実装されたようですねェ。太鼓の達人はクッソむずかしい音ゲイムなので僕にはたぶんむりです。
リフレクビィトは今日、新作稼働ですねェ。新作というか、新シーズン。夏。サマーといえば、夏休み!長期休暇! 遊び! 放題! たのしい! リフレクビィトは良い曲がめちゃくちゃ多いので、けっこうやりたいけど、けっこうお金がないので、けっこうやれてない。
SDVXはいま、段位認定曲投票やってますね! 別に何になってもいいんですけどね!
しかしまぁ、アレ見て思ったんだけど、同じレベル帯でも難しさが違うのはけっこう意図的にやってるような気がする。策略か! ならそれを上回る情報収集能力を駆使して、楽しくプレイするまでだ!

最近の楽しいことは読書です。けっこう読む頻度が上がってきた。非常に良いよ。おもしろくない講義中にも読んじゃう。クライマックスを終えて、一息ついたら先生がテスト範囲の説明してて、「授業中に話したこと」とか言ってたので、ちょっともう単位つるりんかもしれない。
じめじめしてきて本当に嫌な季節だけどがんばろう。
来週演習の発表だけどがんばろう。なにをすればいいんだよ。

  1. 2013/06/19(水) 19:57:38|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎回何気なく記事書いてるけど、作成に二時間以上かけてるの。

あー。マイクテス。
最近はお天気柄も良くなくて、しとしといくんかバーバーいくんか、中途半端曖昧コロコロチーズ抜きチーズバーガーみたいなよく分からん気候が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
ぼくは土曜日まであと二千円で生きなくてはならないので必死です。
いや本当は三千円あったんだけど、今日1000円使っちゃったので、あいにく残り2kです。生きててすいません。
お陰様でようやく読書趣味が復活しつつあるというのに、金がないので新書が買えない。当面はブックオフで古いラノベを探すか、図書館で黄ばんでちょっと刺激臭のする文庫本を借りてくるしかないようだ。
  1. 2013/06/17(月) 20:18:39|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君は燃えているか。
僕は燃えています。
燃えるっていうのは、つまり激しい酸化ということ。熱くなるくらい、酸化している。酸化するときの音がどんなんだか知らないけど、僕は文系なので酸化という現象について全く知らないけど、まぁ、酸化しているわけなんだから、マスターオブ酸化と呼んでくれても構わない。そう呼ばれてもたぶん反応しないが。
連日くそあついですね。わたしはあついのが非常に苦手なので、明日の授業をサボろうと思います。かなしいなあ。
  1. 2013/06/09(日) 20:04:18|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああ6月だなあ、という感じです。
昨日一昨日と名古屋に行って来ました。夜行バス始めてで、うわあ2階建てだトイレついてるすげー、とかスリッパついてるすげーとか、カーテン遮光性すげーとか、室内灯暗くなったすげー、とか無邪気に楽しんでたんだけど、一時間後に悟った。眠れねえ。
それでもなんとか日頃の疲れを引き出して、眠りにはつけたけど非常に浅い。運転手のくしゃみで目が覚める。おはよう名古屋、あれまだ東京。
かといって、名古屋についたところで何もすることがない。いや、だって早朝だし、どこも空いてないん。
仕方ないので目的地に直行。着いたら着いたで何もない。すごい。車がないと何もできないんだね。
朝飯をすごい適当にとって、目的地に向かう。かなり早く着く。することがないからね。なにもないから。
用事がすんだら、更にすることがない。とりあえず名古屋に帰る。電車内で爆睡。電車賃見て唖然とする。あれ、こんなに高いの? まぁ一時間も乗ってるからなぁ。
とりあえず、せっかく愛知なので同行者に頼み込んでゲーセンに行かせてもらう。名古屋駅から一番近い所。音ゲー。どの機種も二台ずつくらいあったなぁ。DDR、GITADORAはひとつずつ。でも待ち席が異常に多かった印象。ローカルルールが激しいみたい。すごい注意書きが書いてあった。けっこう治安が悪いのかも。
メンテは東京に似てる。ボタンと皿は適度なかたさ。音響がやったら大きかったからなんとなく選曲が恥ずかしかった。
そういうわけで弐寺愛知行脚達成。パチパチ。全国行脚にいくらかかるんだ……どこの高等遊民が達成するんだろう。

なんか名古屋にゲーセンしかないようなレポートになってる。
しかし我々はこの小旅行をものにするだけの準備がなかったのだ。まず時間がない。16時にはバスに乗らなくちゃいけなったから、用事を抜いても三時間ほどしか猶予がなかった。
そしてもうひとつ。超重要なこと。カネがない。
電車賃が思いの外高くて、ぐわんぐわん飛んだ。昼飯食ったら、小銭ポケットに一円玉だけ残った。
所持金一円。ガチで。ネタでもなんでもなく。これ、suicaがicocaちゃんと対応してなかったら、俺餓死してたよなぁ、危なかったと思う。
一円じゃ何もできねえよ、ってことで本屋で立ち読みして時間を潰す。チケットはもうあるから、あとは帰るだけ。することがなくて時間を潰すだけの旅行の辛さ。本当にしんどかった。この時間がとにかくひたすら暇で、同行者に申し訳なくて疲れてて自己嫌悪で死ぬかと思いました。三回くらいトイレ行った。
ちなみに弐寺はPASERIでやった。いまも500くらい残ってる。所持金の500倍入っていた。
それで、為す術もなく東京へ戻ってきたと。
なんて旅だったんだ!
これ、一緒に行った人が良くてよかったけど、相手によったらマジギレされてもう二度と会話できないような感じになってたことも有り得るよね。数年後なら笑い話だが、二日後だともう面をあげられない。ごめんなさい。ほんとに。
なんか人に貸しばっか作ってる。そのうちとんでもないことになりそう。危機感がとんでもなく募った一週間でしたとさ。

新人賞に原稿を送ってはや二ヶ月ほど。
今思えば、あの物語は久しぶりにまともにかけたような気がする。それはもう荒削りで、突っ込みどころとかやわな部分はたくさんあるけど、伝えたいことだとか、個人的な憧憬とか、したいことを全部詰め込んでかたちにできたかな、っていう感じ。
なによりヒロインはすごく自分にしてはよくできたなあ、と思ってる。
最後のほうは相変わらずクッソ時間が無かったけど、構想に一年かけただけあったなあ。
まぁ何らかの形で公開できると思うので、それまでお待ちくださいや~~~。

次回作にご期待ください。
  1. 2013/06/09(日) 00:44:52|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もー本当に月曜日が憂鬱過ぎて、超熱々のカニクリームコロッケが密閉された衣を寸分の疑いも持たずに口に放り込んで、口の中炎症大フィーバーになってのた打ち回る月曜日(またはそれに準じる人)を見ないとストレス発散できない。
そろそろ新しい趣味を見つけないと、最近はなんもしてない。すごいよ、なにもしてなくて。何もしてないことを語るのに本が一冊書けるレベル。それほど難解で曲折に満ちた日々を送っている。
毎年この時期はマンネリするんだよね。4月ほどの新鮮さも、秋ほどの快適さも無いものだし、何だかんだだで安定してきちゃう時期だから、前途に希望の溢れたい若者にとっては辛い季節だ。いみわかんね。

真面目な文章書きたいなァ、と思う時期。
とはいえ、ブログとかSNSとかにそういう文章を書くと、傍から見ると、なんか頑張って真面目なことかいてるなァと思われるだけだからねぇ。よく長文のつぶやきをする人がいるよね。本人は結構真意を突いてるつもりなんだろうけど、傍から見ると「あっそう…」って感じのものが多い。あっそボタンがあったら十六連打くらいしてる。一回押すと、「あっそ」と素っ気なく言う。十六回叩くと、「ああああああっ、ああああああっそあっそあっそあっそ!」とちょっとチェケらな気分になるんだと思う。
それに後から自分でみて黒歴史になるからね。黒歴史って腐ったバナナみたい。その時はへーきへーき!といって放置して、後から見たらまっくろけっけ。まだゲルバナのほうがよい。
だから小説を書こう!と思ってエディタを起動するんだけど、やっべ、プロットがねえよ!ってなって、プロットを組もうとすると、やっべ、キャラがいねえよ!ってなって、キャラを作ろうとしたら名前が思いつかなくて、じゃあまた後で、となる。
儚い。まるで講義をサボる経過のようだ。
まぁ要するにもうちょい頑張りたいという話。頑張りたい、と言うだけなら楽なので、いっぱい言います。でも誰かに聞かれると後々厄介なので、陰でこっそり言う。頑張りたい。僕は頑張りたい。優しく、頑張りたい。昔は良かった、なんて言わない人間になりたい。昔はあんなんじゃなかったのに、って言われない人になりたい。

  1. 2013/06/03(月) 22:18:18|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。