弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近きっかり虫を見ないなあ、って思ってたけど、無理のねえ話で、そりゃ冬だったからなんだけども、最近ちっこい虫が増えてきていよいよあの嫌な季節がくるんだなあ、って気分にさせますね。四季がなければ代わり映えがない、みたいな意見があるかもですが、実際に四季の無い地域の人たちは別に代わり映えが無いなあなんて思わないだろうし、というかそちらのほうがむしろ生活の方針が変わらないから生活しやすそう、みたいなことを思ったりますが、でもこういう季節の入れ替わりでトレンドの変化が促されることで良い思いをしているところがある資本主義にとって、四季というものはつくづく都合の良い循環なんだなあ、って思いながらアリを潰すわけです。昔からアリを潰すのが好きで、それは単なる猟奇的な価値とか子供の悪ふざけとかではなく(あ、いや、悪ふざけだと思うけど)、ある謎の機構によって活動するチカラを得ている物体を、指先一本で無効にできるという不思議かつ希少な現象に耽溺しているというべきものですね。つまるところ幼稚な戯れにすぎないわけですが…。

こんなやたら長くてどうでもよい前振りはどうでもよいのですが、たま~~に更新報告をするマイ連載小説通称ぐそたちですが、なんと来る8月で1歳になります。いま9ヶ月ってことやね。時のすぎるのはえーなー。みなさん、時間を大切にしましょう、なんていうことを言いたいのではなく。
なぜコイツがこんなに遅筆なのかというと、単にアイデア欠損で進められないとか忙しくてモチベが上がらないとか、いろんな要因があるけど、なんとコイツはプロットがラストまで完成してないのに見切り発車してしまったオオバカものなので、ダメなんでした。終点が決まってないのに出発する湘南新宿ラインみたいですね。とりあえずいけるところまでってノリで、途中でいろんなものに突っかかる。これがTOKYO STYLE。
で、この原案を思いついてから、9ヶ月、ようやくラストがまとまりました。考えていないようでちゃんと考えていたんだよ。いろんな本を読んで考えてみた。推理小説というものは、犯人を予想する読者と作者の駆け引きみたいに考えるところがあると思うが、それだと単なる娯楽であってそれ以外の表象に目を向けなければ、それは作品をみたことにはならないんだなあ……とか。ミステリってさ、あくまで人間の死を扱ってるからさ、死っていうのは非日常的なものだからそれについてくるものってのも、それなりの非日常性かつ必然性がなきゃいけないし、そうなると必ずどっかしらになんかしらの欠陥が無ければいけない。遺産目当てとかいう至極単純な動機じゃ、やってけないんだよ…、とか。
あんま考えてないなーって思いつつ、でもなんとなく物語が決まって嬉しかったんで。
ライトノベルの形式は頑張って保っていきたいけど、主題が主題だし最近読んでるものが読んでるものなので、つまんなくなるかもなあ、なんて思いつつ、でも完結はさせるぞ~みたいな曖昧な気概もあったり。


スポンサーサイト
  1. 2014/04/28(月) 21:37:13|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



むかしつくった曲。
ようやくものの作り方がわかってきた頃なので、なんか張り切ってる感がある。
次作りたいなーっていう感じはなんとなくあって、ドラムンのリズムを無視し続けていたのはもったいないな、と思ってます。でもドラムスの音がちゃんと作れるかどうか……、というか、そもそもこのニューPCで環境がちゃんとできるかっていうそもそもの問題がある。
日曜辺りに導入を頑張ろうと思ってるけど……うーん。
UTAUのほうは、元気のいいやつがいいなって思ってる。なんも思いついてないけど。

ほああああああ、近日はずっっっとMIDI打ちをしていたので、もう正直動きたくないんだけど、もう一曲集やって!って言われてるから、なんか体から悪いエキスが出そう。
合唱曲のMIDI打ちってけっこう、需要が高いと思われるのに、かかる労力ゆえに誰もやろうとしないし、やったところでロクに聞く人なんていないし、かなりカワイソーな事業のひとつである。国はMIDI打ち師に税金を出すべきだ、って言って、国会議員がみんなMIDIの経験があるのなら、満場一致でその法案通るのにな。
しかも苦労して上梓したところで、「音違うとこある笑」みたいに、あー確認が足りないねえ俺がやったら全部正しく打ち込めるのになーあーwwwみたいなノリで言われると、!?!?!?!?ってなって大変なので、メンタル修行にとても役立ちます。いかがですか。
しかもぐぐったところ、MIDI音源を販売してるところがあるのね。パート別音源で241円……? 俺がやった仕事は1200円ぶんくらいの価値が有るぞ!一人につき!金払って!!!!!! そういえば高校の時に、MIDIの音取り音源をCDに焼き付けて販売してた人がいたな。かなり評判悪かったけど、今となってはありえないくらい気持ちがわかる。料金が発生してもおかしくないの。でもきっと誰も聞かないんだ。俺だって、そのCDを買ってついぞ聞かなかったからわかるんだ。

無一文生活続けてると、精神がけっこう荒れますのでお気をつけて!!
もう有給とって、徒歩で関西まで行って、知らない誰かとして過ごしたい! 関東出身の誰か、みたいなノリでいきたい! うおおおおおおおおおおおおおおお!
  1. 2014/04/26(土) 00:55:57|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしはいままでさぼってたつけが回ってきて死にそうですが、皆さんいかがお過ごし???
最近わたしは批判の心というものを学びました。つまり、他人の提案に「大丈夫だろう」というふうに構えていると、死んでしまうということなのです。かなり飛躍しましたが、もうめんどうくさいのでいいです。
つまり、こちらからの信頼というのはある種、無責任なところがあるわけです。あの人ならやってくれる!っていうわけだから、つまり俺抜きで大丈夫だということです。それは無責任ですね。まあ、無責任でも大丈夫、という確信が信頼と呼ばれる側面もあるのでそれはそうです。
でもこれだとやはり限界があるので、あちらからのこちらへの信頼に信頼するという観点を考案しました。つまり、あの人は自分のことを信頼しているから、自分もそれに応えねば、という発想です。この思想をなめらかにするのが、金銭なんだけども、ま、我々は無償でそういうのをやってるから、そういうものを仮想してやっていかなければいけないんですな。
ここ数日ですっかり生きる自信を失うある出来事があったんだけど、まあ良いことばかりあって人生こういうことばかりなんだって思うと良くないので、いまは落ち目の時なんだ、って考えて日々生きてます。

一文無し生活一週間過ぎました。
お金がないと風邪をひくようです。しんどいです。前屈をすると、頭がちょ~痛くなりますし、鼻血みたいに鼻水が出ますし、何かを口に入れても味がしない。
さんざんだ!
俺がなにをしたっていうんだ!
たった一日、下着で寝ただけなのに……。
というか寒くないですか。もう四月も下旬なんですが……、あれ。

  1. 2014/04/24(木) 00:30:23|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1on

ついにボーカルものの曲を作ってしまいました。
とりあえず聞いてみてください。



UTAUでもボーカロイドタグ使っていいのね。
正直あんまりいいできだとは思ってないので、またいつか作ります。身が落ち着いて、金がなくなった頃にでも。
曲調は暗いけど明るい歌を、って思ったけど、全然そんなことはならなかった。そりゃまあ、そうだよね。
それにしても作詞のセンスというんは、ほんとに出るんだなあ、って思います。詩的センスというの。キャッチコピーとかいうのも、なんだかんだ、こういう詩的な言語的感性が一枚噛んでるもんだなあ、って最近はとくに痛感しています。なんせ、小学時代はミステリの虜で、中学時代はラノベにはまり、高校時代は本を読まず、大学時代に入って読むは綾辻行人。あっ、原点回帰してる…。
ま、次から頑張りますってことで。次があるか知らなけど。
というか、重音テトってBPM150くらいまでが適正って書いてあるけど、ふつうにもっと速いのやってるよね。釣られた…。

そうそう、パソコンをアップグレードしました。
XPがサポート終了ってわけなので、流行に敏感なのね。windows8になりました。ぬー、抗えない。
でもスペックが四倍近くになったので、快適です。艦これがサクサクで、セリフが噛み噛みになることもなくなりました。でもぶっちゃけ、それくらいしか今のところ恩恵を感じてない。つまり、windows8は滑舌パッチだったのさ。
あと解像度がエライ大きくなったのか、画面がちっちゃく感じる。目がエライこと疲れる。これはもうwindows16くらいになったら、顕微鏡使わないと見れなさそう。160000×100200とかになってそう。新しいウィンドウズはプレゼンに最適です。向こうの島の人達もらくらく画面を見ることができます。

ただ、今までReaperのv0.999使ってたんですけども、これがXPにしか対応してなくて(2006年の最新版だから当然)、馴染みのDAWがなくなってしまって、いまDTMが宙ぶらりんな状態なんです。
Studio producerあたりに移ることも考えてるけど…
というかDTMとかいう界隈はとても闇が深くて、DTMに興味をもって半年になるけど、まだ意味不明な単語が多すぎててんやわんやです。

……ノベルへのモチベが吸い取られているのがとてもよくわかる。
今季はいちおう、けっこう良い授業がとれた感じなので、文学方面のモチベが高くなるはずなんだけど、サークルが如何せん幹部代なので、そっちにかかりきりでどうも。というか時間がとれない。忙しい。そしてカネがない。いやこれは関係ない。
がんばります(*^_^*)
  1. 2014/04/19(土) 00:58:04|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新館期間が終わって、コンサートも終わって、ほげーーーーーってする間のない毎日で、俺としたことが、目覚ましもなんもかけずに眠って起きてもまだ8時とかいう、超健康的な生活にむかいつつある。
三月末は4時に寝て13時に起きる感じの生活をしていたのが嘘のよう。8時って一日がまだあと16時間あるんですが。ハイブリッド過ぎておじさん痩せてしまうわ。

一年生というのはほんとうにフレッシュマンズ&フレッシュウィメンズで、受験勉強ほやほやの賢い脳みそと、希望に満ち溢れた瞳と、上級生におごってもらえる財力があるのが本当にうらやましい。わたしはせんぱいはおごってくれるなんていう文化を知らずに、あらゆる誘いを固辞して18時には家にいた健全児だったから、いまはわたしがおじいさん。孫にあげるのはベルダースオリジナル。彼もまた、特別な存在だからです。いや、ちがう。いや、そう。
ベルダースオリジナルを食べてみたけど、甘くてクリーミーだった。あのおじいさんは嘘をついていなかった。

UTAUという歌ってくれるソフトがあるらしいってことで、なるほど、っておもってさっそく詞を作って曲を作ったが、これの難しさたるや、畑亜貴という作詞家はほんとうにスゴイんだな、とか、ボカロPはさぞかし脳みそがマヒしているんだな!って思った。超恥ずかしい。顔真っ赤かで作業していた。恥ずかしい。
しかし技術の進歩はドヤ顔でも問題ないくらいに著しくッテ、なんらハードを持たない無一文の男でも、さくっと一曲できてしまった。ほんとうにすごい。googleすごい、どんな情報でもさくっと手に入る。そう、iphoneならね。たぶん。
友達に絵を描いてもらってるのでそのうちUPします。

うp、ってけっこう口に出すと恥ずかしくないかな。
うぷっ、って。
ぷっ、て。
う↑ぷ↑、みたいな。
実況者がうぷっ、って言って、視聴者が、うぷ~↑っていう構図。
普通なら、実況者がアップ、って言って、視聴者が、アップ(*^_^*)ってなる構図。
アップのほうが格好いいよ。やっぱり。なんてたってアップだもん。アップするんだよ、俺達は。アップして、ダウンするんだ。上がって、下りる。楽しい。人生は上がって、下りることの繰り返しなんだよ。それに満足できるか、できないか……それは自分次第だろ?

久々にすごい思考停止した文章がかけた。
最近のテーマは思考停止です。思考を停止しながら、読者の思考を動かさざるをえないような文章を目指してます。
  1. 2014/04/08(火) 00:26:44|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんばんは。
イヤホンが壊れて、しかたないので付属のイヤホン使ったらクソ過ぎて大変な思いをしています。
別に音質が大変なのは重々承知していたけど、耳が痛いのはもうダメで、しかたがないので脳内再生するしかありません。
すると、そんな透明なイヤホンをすり抜けて、いろんな人の会話が聞こえてくるわけです。
会社の歳の離れた女同士の会話は、何だか自動で切り替わるポイントみたいで、別段聞き流せます。
歳の離れた男と女の会話は、イヌとタヌキのじゃれあいのよう。男といっても、おっさんではなく、おじさんに限りますが。おっさんはとにかく居丈高で、自分が着実に高いところに登ってきたんだぞ、という気概を持って、天高くからヤリを落とすような話し方をする。実際に落としているのは目薬だというのに。まあ、でもおっさんは排気ガスみたいな声で、錆びたユーホニウムのマウスピースが振動するような笑いを出すだけなので別にいいです。
大いなる問題は若い女同士の会話。とくに、休日の昼過ぎに新宿行の埼京線に乗ってくるような、ちょっと収入を得たばかりの女子中学生というのが曲者中の曲者で、きっとこの人たちからお便りをもらうボカロPはさぞかし苦労するんだろうなあ、とか無意識に思ってしまうくらい。ぼくらも中身の無い話をよくするけど、それ以上に中身が無い会話というのはとにかく苦痛でしか無い。つまり、全て感覚に頼りきった会話というのはぬるんと意味が抜け落ちて、ただ発声された声だけでしかない。とてもよくない言い方をすれば、電車がレールをこする音を大きくするスピーカーみたいな存在なのですね。なに子が嫌だ、なに男がキモイ、という好みの問題でしか、彼女たちは自分の感性を用いていない。それ以外には、なにか建築物に自重を与えないためのステンドガラスみたいな会話しかしていない。ステンドガラスの模様は、彼女たちの肉体の有り様です。そこに差し込まれた光に錯覚して、男は祈りを忘れて躍り上がっていくわけですね。
おじさんときちんとものを考えている若い女の会話はとにかく良くって、彼ら彼女らの会話は耳朶を柔らかい綿棒でころころと撫でていくようでとてもいい気分がする。……じゃない? でも……。たしかに……。柔軟な応酬が、何故か一人であるがゆえに神の視点を与えられた僕にとっては、いちいち意外であって、いちいち非日常的なんである。

村上龍の「インザミソスープ」という頭のおかしい小説では(ぼくが人生ではじめて嘔吐を催した作品)、主人公が意志を伝えようとしてもきちんと伝えるのはむずかしい、みたいなことを言います。みんな、伝えたいことを伝えているようで、相手からみたら全く妙ちきりんな行為をしているようにしかみえない。そうであると、侵略者は容赦なく牙をむく。なんだか大変だなあ。身内なら相手の厚意を得るような曖昧な微笑でにへらにへら、ってしていればいいけど、あらゆる身近なコンテクストを離れた人間にとって、にへらにへらと笑うのは、ただの侮蔑或いは馴れ馴れしさでしかない。馴れ馴れしさって、なんだか相手が自分を軽んじているように思ってしまうのは、僕らの立つコンテクストの問題なんだろうか?ってつくづく思って、留学から帰ってきたボーイたちがクチャラクチャラしながらケツを触ってきて、「ロスでは日常茶飯事だぜ」っていう、この感覚はもはや拭えない差だと思うし、そのことをハッキリNOと伝えないと闘争は起こらないし、闘争が無ければ決着はないからどっちが正しいのかも分からない。だって、世界の端っこと端っこだもの。それを良くない角度で結んじゃったんだから大変だよ。ああ、おれたちは大変な世に生きているんだ。

大学生活ですが、新歓してまっせ!
いよいよ三年生なので、エラい学年です。毎日ぼくは遅刻していくのですが、毎日おこられてます。
  1. 2014/04/01(火) 23:45:10|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。