弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

てづ

明日は二回戦。早稲田は法学部だけど、違います。慶應の文学部です。

ある日、どっぷりと風呂に浸かりながら、高校時代を回想していたら、ある友人の友人にも作家志望の人が居て、その人が「めっちゃ中二の作品書きてえええ!」ということで、大学で神話を学ぶとかなんとかいうのを聞いたことを思い出した。
割と身近な作品でも神話から引用したものが多かったり、古典から引っ張ってきたのとかも、割と多くある。
現代文でちらっと見たことがあるのが、「古典を模倣して、初めて自己を発見する」云々。ようするに、パクれ、って話です。パクるっつっても、トレースみたいな丸写しであることはほとんど無いわけだよね。そういう過程が研磨の過程となって、独創性が育まれていく、っていうわけだ。
つまり、ある一定以上ノ期間を空けると、歴史からパクってきてもパクリと言われない。歴史という大義名分が、模倣を正当化してくれる→考える手間が省く=しかも面白い作品が書ける!
何これ、古典最強すぎ。
しかし受験勉強の過程で、色々と知っていくわけだが、知れば知るほど世界は広がっていって、しまいには「ここから先は大学受験の範囲じゃないよ!」という境界線を日本史では目撃してしまった。
なんとも煩わしい。そこから先は無駄な知識なわけですか。いや、むしろ難問ノ領域というべきか。
まぁ、ともかくも、もっと古典について勉強したいと思ったわけだ。日本の古典に限らずとも、中国は当然のことながら、ユーラシアの向こう側の世界のことについて、知りたい。世界史も勉強したい。
つまるところ、古典を学びたい。
そういうわけなので、文学部を所望する次第なのである。ちなみに、これは願書出してから決めたこと。
……まぁ、三島由紀夫は法学部だったらしいけど。それでも日本文化に知悉してたってすごい。彼は自殺したけど、なんとなくその気持は分かる。今の世の中を見たら頓狂するんじゃないか、しらん。

で、一昨日は文化構想だったが、明日は本命の学部である文学部です。ちなみに、私立では日本最高峰。ベネッセ駿台模試でA判定取るためには、偏差値を八〇以上取る必要がある。
英語が最初なのはありがたい。
英和辞書持ち込みOK、制限時間は百二〇分、問題総数一〇問程度、百五〇点満点、というだけで、相当難関なのは推測できるでしょう。まぁ、時間は余るが、イコール難易度にはならない。あと、二時間が長い。集中力が持たぬ。これが午後だったら死んでたかも知らん。

最善を尽くす。
法学部の方々も達者で。

にほんブログ村 受験ブログへ
スポンサーサイト
  1. 2012/02/14(火) 18:23:22|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2つ目の試験終了 | ホーム | 安堵<<睡眠>>

コメント

谷崎・三島と文章綺麗で大好きです。
三島が小学校時代に書いた作文には度肝を抜かされましたね。
それにしても、試験前夜にして全く緊張感がない自分には困ったもんです。
お互い頑張りましょ!
  1. 2012/02/14(火) 20:34:16 |
  2. URL |
  3. ksk #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

三島由紀夫には百年かけても追いつける気がしませぬ…、よくても彼の小学校時代レベルですかね。
試験前日よりも、試験明けの方が個人的に緊張しました。解答速報覧る時の手が震えて震えて大変でした。

最後まで、頑張りましょう。
  1. 2012/02/14(火) 21:14:34 |
  2. URL |
  3. 可児 司敏 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1182-86a332fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。