弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

午後全部、昼寝に費やしてしまった。まぁ、四時間半睡眠だから当然か。いつもの半分に一気に減らしたら、埋め合わせも必要になるね……。
この分だと今夜は眠れそうにないな。もういっそ、オールでもしちまおうかと思ってる。でもそうすると、明日を生き延びられる自信がない。まぁいいか、どうせずっと休みだし、今ぐらいしかできないし……。

いよいよ明日は本命の早稲田文学部の合格発表だが……、胃が痛くなるなあこりゃ……。
平均が下がってくれるならいいんだが例年通りだとマズい……。だけど、もう祈るしかないね。でも、祈りってどうやってやんの……、心中で呟けばいいだけなのか。
これは文化構想学部の試験日の夜に匹敵する圧倒的緊張。もう絶対寝られないじゃん……。
……十二時間後くらいか。朗報を……。

空の軌跡はRPGというジャンルの中ではド王道なものらしい。
だとしたら、俺はこういう王道が大好きだろう。王道を知らずして独創など存在しませんから。
ただし、下手な王道だと、問題の解決が暴力に依存してしまうことが往々にしてある。
「俺はこう考える!」「私はこう思う」
「相いれぬようだな……、ならどちらが正しいか……勝負だ!」
という展開になりがち。ここをどう上手くカモフラージュするか、だよね。
口先だけの正義は綺麗事だけど、全身、或いは命をかけた正義は綺麗事と乖離する。フィクションが熱を持つのは、そういう時か。人間の絆、愛、信頼は、登場人物が未来への岐路に立たされた時、何の疑いもなく読者に受容される。それは、作家の「愛」という漠然とした概念への一つの解釈として、容易に受け入れられる……、と。
まぁ、それが王道ということで、好きだよ。
もう良い感じに信者になりつつあります……、この調子で行くと英雄伝説Ⅶも買うことになるな。
まぁそれもいいか。

にほんブログ村 受験ブログへ
スポンサーサイト
  1. 2012/02/25(土) 19:33:20|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<結果発表(三) | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1194-67a28400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。