弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドラ声

うおおおおおおおおおああああ!

今日は朝11時から19時半までぶっ通しでカラオケやってきました。
五人で行ったけど、累計109曲歌いました。単純計算で一人26曲歌ったことになるの?
まずいまずい、喉がパカパカしなくなりますよ、ホントに。声がぷかぷかして大変だわw
あー、音大に受かった友達が上手すぎてヤバイです。高音もガンガン鳴らします。裏声で女歌手の奴もガンガン歌ってる。いいなぁ、あの強靭な裏声。
女歌手の曲でも、ピッチを5くらい下げれば実声で歌えるね。ふわふわ時間は5つ下げたらなかなか快適に歌えた。ボカロは原キーでも割といけるが。
そういえば、ちょくちょくトイレに行ったんだけど、トイレの隣の部屋が凄い音漏れしてて生声聞き放題だった。でも女子高生くらいがポルノを歌ってたんだがさ……、ゆるかった。無論、男が歌ってる曲だから余裕な音域なわけなんだけど、「音程とれるぜ、歌うめーだろーwww」といったニュアンスな歌声な上に、ちょっとめかして歌ってるつもりなのか、しゃくりまくっててなかなか大変そうだったな。
まー、こっちも叫びまくりで人のこと言えないけどねwwwww
今日はすぐ寝付けそうだな、超疲れた。

なんだか周囲の人間がどんどんスマフォに変わっていきますね。これがトレンドというものなんですかね。
俺はまだ普通に様子見です。ガラケーだけど、全然不便じゃないし……。
まだ満足の声がそれほど多くないほどの発展度なのに、どうしてこうも多くの人が乗り換えていくのが不思議だったりします。流行だから、なんて理由で乗り換えて後悔してる人が多いというのに。

「変わらぬアイデンティティーなどない」って、いつか現代文で読んだが、当時の俺は全く以てそのとおりだ、と思ったもんだ。高校生活で俺は随分変われた、と思っていたから。
でも昨日、中学の友達と遊んで思ったが……、連中は中学の頃と変わらないな、という印象を抱いた。……連中、って含みには俺も入っているんだけどね。なんだか中学卒業の頃に戻った気分だった。とっくに消え去ったと思っていた、俺が嫌っていた自分の部面がまた露呈した。でも、あんまり気にならなかった。俺は内面、全く変わってない。
そーなのかー、と少し幻滅したものの、でもまぁ、そういうのが自己統一性というものなのかも知れないな、と思い直す。いつまでも変わらぬ自己があるもんなんだよ。俺のそれはゲームをやってる時にしか出ないんだけどさ。そういう部面が核となって、自分を織りなす要素が紙粘土みたいにその核へくっつけられていく。
俺はその紙粘土が増えただけで、核は全く変わっちゃいない。むしろ、その核が変わってしまってはいけない?
まぁ、そう考えると高校生活がムダじゃなかったって感じられるから少しは気が楽だなぁ。
多分、その核を上手く包み込める人は「人が変わった」と言われるほどの変化ができるんだよ。俺は通知表の美術2クオリティの不器用さだから、包むのが下手っぴだからさ……変わらんのさ。
まぁ、別に不変いいんじゃねーの? 日本列島の形が一週間後にドライヤーみたいな形になってたらイヤでしょ? ずっと一緒だからいいんじゃないか。
そういう、独白。

にほんブログ村 高校生日記ブログ 男子高校生へ
スポンサーサイト
  1. 2012/03/23(金) 22:02:45|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<kl | ホーム | υ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1223-6c92ed95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。