弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喉がドラゴンブレス

更新をすっかり怠ってた。
サークルの夏合宿があって、それがもうこれでもかってくらいつめ込まれた日程で、12時間くらいずーっと歌ってたから喉が疲れきってて、そのはずみでブログを更新する気も行方不明の消息不明になりまして、まぁなかなか忙しいと大変ですな。
夏合宿は取り立てて書くような事ないんだよね。ネタも何もない、練習のための合宿だしね。
あ、夏合宿と表記してるのは、また来週の日曜からどーんとでかい合宿があって、それがなんと六泊七日というなんがい合宿なの。それと区別してるのよん。
ネタがあったとすれば、俺たちの部屋が乗っ取られて宴会の会場になって、俺は他人の部屋で寝入ったことかな。俺だけ七時間睡眠で元気なのに、他の二時間とかそういう勢がげっそりしてるコントラストが眩しかった。

で!
今日は初めてまともなバイトやってきたよ。模試監督のバイトです。しかも、デビュー戦が早大入試プレテスト。一年前、俺が泣きながら結果を報告してたあんの忌々しい模試だけども、模試監督ならそんな苦しんでる受験生を教壇から眺めることができる。二割のわくわくと八割の緊張を抱えて、朝七時に出勤する。
ミーティングがあるというので、割とレクチャーしてくれるのかと思ったら、すんげーあっさりとした説明で終わった。教室づくりとか……え。しかも、俺一人で一部屋担当するの? 初めてなのに。どうなっても知らないよ。ガタガタしながら教室行きます。
がらんとした教室を前に途方に暮れてると、控えの人が来て黒板の書き方とか受験番号の配置の仕方とか教えてくれた。マクミラン大尉かよ、と思うほど頼り甲斐があった。
生徒がぞろぞろ来ますね。俺は問題を担いで教室に向かう。……で? 配るの? 困惑してあの控えの人いないかなー、と教室の外をのぞいたら受験生に声をかけられた。
「あの、この部屋どこかわかりますか?」
「部屋?」
受験生が指差すのは自分の申込番号。申込番号で受験部屋解るとかどこのエスパーだよ。インチキだよ。
「こっちが受験番号ですけど」
って受験番号を指さしたら「えっ、そうだけど」みたいな顔で、
「はい」
と言う。ポカンとしたいのはこっちだ。ただでさえ勝手がわからないのに助けてよ。
「下に受験部屋が解る紙があったと思うんですけど」
と苦し紛れで言った。そしたら彼はまた「そうですね」といった顔で、
「はい、4Bって書いてありました」
わかってるんのかよ! と突っ込みたかったけどむしろ安堵の方が大きかった。
「じゃあ4階にいけばありますよ」
「えっと、ここは?」
「6階です」
「……ははっ」
「はははっ」
僕達少し仲良くなれたかな。
その後はなんやかんやで何とかなったなあ。台本通りのこと言って問題配って問題回収して控えの人に枚数確認してもらって……っていうのを繰り返しだしね。早稲田受験する人たちだけあって物分かりもいいし。志望学部のこと全く説明しなかったのにミス0人という奇跡。他のクラスでは商学部志望だったのに政経受けた人もおった。というか、英語が商学部で国語が政経というグローバルな受験してた。必ずいるんだって。大変そうだった。
しかし模試監督やってるだけで先生って呼ばれるのね。「先生」って呼ばれてビビったよ。俺を先生と呼ばれるとなあ。せめて「監督!」って呼びなさいとね。「教官!」でもいいよ。何も教えてないけど。女子高生ならなお良い。
でも考えてみれば、受験生は一つしかあるいは年齢変わらないかも知れないじゃない。そんな近しい人から先生だなんて、人生を俯瞰的に見たらお咎めものだよね。
「エアコンの風があたるので上に向けることはできますか?」って、ああうんすごい気持ちは分かる。しかし事務所で一括管理だから俺にはどうにも……って言ったら「わかりました」って割と素直に引き下がってもらっちゃったので、少し後味が悪かった。
でも仕事じたいはすっごい楽ちんだった。最後、答案の回収時間にズレがあるのは困ったけどね。必死に歩きまわって解答用紙回収した。ごめんなさいね。
お給料は即渡される。諭吉さんには届かないけど、随分おいしい。
嬉しくってそのまま帰り道でゲーム屋に寄ったら二本買っちゃってバイト代の大半をふっ飛ばした。
なんか罪悪感。でも凄い嬉しい。
碧の軌跡が新品で3000円切ってミニサントラ付きとか……買わないわけねえじゃん。
あとバトルフィールド2買った。これはオンライン要素を含むトロフィーが多いからオンラインやってみようかなって思ってる。でもCODと随分勝手が違うから苦労しそう。遮蔽物がぶっ壊されてすぐ死ぬ。
そんな感じの一日。疲れたから昼寝してしまった。
小説のプロットができたのでさっさと取り掛からないと〆切間に合わないカモ。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーサイト
  1. 2012/08/12(日) 23:18:43|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コロシアイなんて嫌だよー | ホーム | モチベーションの捜索願い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1311-d525e2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。