弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第1709回「ゾクッとする心霊体験談!」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の西内です今日のテーマは「ゾクッとする心霊体験談!」です。夏になるといろいろなところで心霊体験を耳にしますがみなさんはこれまでに心霊体験をされたことありますか?私はこれまで一度もそういう体験をしたことがないので心霊写真を見たり体験談を聞いたりしてもいつも半信半疑ですとは言いつつ心霊系の話はすごく苦手なので、そういう話題になるとさっとその場から立ち去るのです...
FC2 トラックバックテーマ:「ゾクッとする心霊体験談!」



何も書くネタがなくてでも何か書きたかったので。
前に書いたネタのような気がするけどリメイクみたいな感じで。

去年の夏にとても暑いところにサークルの合宿に行った。
普段はけっこう遊んでる感じだけど、その日ばかりはそれ以外にすることがないのでひたすら練習、終わった頃にはもうヘロヘロでもう寝たくて寝たくてしょうがなかったが、我々の使ってる部屋を宴会に使いたいと要請されたので、引き渡した。お詫びに宴会代はカットしてもらったので、サキイカとかさけるチーズとかじゃがりことか色々食べた。
でも雰囲気的に夜通しやるみたいなので、もう寝る気満々だった私は途方に暮れてしまった。そこへ、俺のベッド使っていいよと別の部屋の男に言われたので、そうさせて頂きましょうとさっさと部屋から退散した。そうしたら、俺と同じような心境の同じ部屋の男が二人ついてきた。
合宿所なので部屋は狭い。その四隅にベッドが置いてある程度のものだった。トイレも洗面所もない。
私は入口から見てすぐ右のベッドに横になった。一緒にきた二人のうち、一人が入り口から見てすぐ左のベッド、もう一人が奥の方へ行った。明かりの必要性がなかったので、部屋は真っ暗だった。
すぐ眠れる、って思ったけど、宴会の喧騒から抜け出してきただけに脳が興奮していたのか知らないが、簡単に寝付けなかった。
そうこうしている間、俺以外の二人が歓談をしていて、やがて入り口に近い方に居た奴がトイレに行くと言って、部屋から出て行った。睡眠に向けて格闘中の俺と、奥に居る奴が残された。
やがて、そいつも歯磨きをしに行ってくる、と俺に声をかけて出て行った。俺は生返事をして、その後は眠りにつけるようにずっと目を瞑っていた。部屋には俺以外誰も居なくなった。
やがて、戻ってきたのはトイレに行った奴だった。
「歯磨き行く?」
と、声をかけてきた。
あー、こいつは奥に居る奴がもう既に歯磨きへ行ったことを知らないんだな、と思って、でも教えてやる気にもなれず、ほっておけばいないことに気づくと考え、俺は黙っていた。
……黙っていたはずだったが、
「ううん」
と、部屋の奥から否定の声が聞こえた。
は?
「あっそ。じゃあ俺もいいや」
とかいって、トイレに行ったそいつは入り口に近い、俺がいないほうのベッドにのそりと乗っかって、携帯をいじり始めた。俺も黙っていた。
少しして、歯磨きに行ったやつが帰ってきた。
「え?」
トイレに行ったやつが初めて気づいた。「お前この部屋にいなかったの?」
「歯磨き行ってた」
「は? え、でも『ううん』って言ったろ」
「誰がだよwwwwwwww」
知らんがな。
俺も流石に聞き流せるような状況でなくなったので、起き上がって一部始終を話してやった。
まぁ、つまり、誰もいないはずなのに、誰かが返事をしたんだ。一人だけなら幻聴ですむかも知れないが、なんとも自然とトイレに行った奴が自然に意思疎通をしてしまったので、二人の人間が声のヌシがいない同じような声を聞いたというわけ。
そうしたら、歯磨きにいった奴がすっかりビビってしまった。電気つけたまま寝ようぜとか喚き始めたところで、トイレのやつが調べてこの合宿所で昔人が自殺したとか云々とかを喋り始めたら、もう歯磨きのやつはビビリすぎてマジギレ寸前。もう寝るとかの騒ぎじゃなかった。

思ったより怖くない話。

もうひとつ。友だちから聞いた話。みじかい。
バイトが終わったのが夜遅くて、夜道を歩いてた。
低い塀のアパートに面した道だったんだけど、その一室の窓からおばあちゃんが顔を出して、
「エエヘヘヘヘヘ」
と、笑ってたらしい。
「うわこええ」って思った程度だったんだけど、家に帰ってから親にそのことを話したら、
「え、あそこ誰も住んでないよ」
と言われてワーーーーーーーッってなったとかなんとか。

そんな怖くないな。
今夏はゲームやりますよ。
そこそこ。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 21:25:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1404-325555a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。