弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんばんは。
イヤホンが壊れて、しかたないので付属のイヤホン使ったらクソ過ぎて大変な思いをしています。
別に音質が大変なのは重々承知していたけど、耳が痛いのはもうダメで、しかたがないので脳内再生するしかありません。
すると、そんな透明なイヤホンをすり抜けて、いろんな人の会話が聞こえてくるわけです。
会社の歳の離れた女同士の会話は、何だか自動で切り替わるポイントみたいで、別段聞き流せます。
歳の離れた男と女の会話は、イヌとタヌキのじゃれあいのよう。男といっても、おっさんではなく、おじさんに限りますが。おっさんはとにかく居丈高で、自分が着実に高いところに登ってきたんだぞ、という気概を持って、天高くからヤリを落とすような話し方をする。実際に落としているのは目薬だというのに。まあ、でもおっさんは排気ガスみたいな声で、錆びたユーホニウムのマウスピースが振動するような笑いを出すだけなので別にいいです。
大いなる問題は若い女同士の会話。とくに、休日の昼過ぎに新宿行の埼京線に乗ってくるような、ちょっと収入を得たばかりの女子中学生というのが曲者中の曲者で、きっとこの人たちからお便りをもらうボカロPはさぞかし苦労するんだろうなあ、とか無意識に思ってしまうくらい。ぼくらも中身の無い話をよくするけど、それ以上に中身が無い会話というのはとにかく苦痛でしか無い。つまり、全て感覚に頼りきった会話というのはぬるんと意味が抜け落ちて、ただ発声された声だけでしかない。とてもよくない言い方をすれば、電車がレールをこする音を大きくするスピーカーみたいな存在なのですね。なに子が嫌だ、なに男がキモイ、という好みの問題でしか、彼女たちは自分の感性を用いていない。それ以外には、なにか建築物に自重を与えないためのステンドガラスみたいな会話しかしていない。ステンドガラスの模様は、彼女たちの肉体の有り様です。そこに差し込まれた光に錯覚して、男は祈りを忘れて躍り上がっていくわけですね。
おじさんときちんとものを考えている若い女の会話はとにかく良くって、彼ら彼女らの会話は耳朶を柔らかい綿棒でころころと撫でていくようでとてもいい気分がする。……じゃない? でも……。たしかに……。柔軟な応酬が、何故か一人であるがゆえに神の視点を与えられた僕にとっては、いちいち意外であって、いちいち非日常的なんである。

村上龍の「インザミソスープ」という頭のおかしい小説では(ぼくが人生ではじめて嘔吐を催した作品)、主人公が意志を伝えようとしてもきちんと伝えるのはむずかしい、みたいなことを言います。みんな、伝えたいことを伝えているようで、相手からみたら全く妙ちきりんな行為をしているようにしかみえない。そうであると、侵略者は容赦なく牙をむく。なんだか大変だなあ。身内なら相手の厚意を得るような曖昧な微笑でにへらにへら、ってしていればいいけど、あらゆる身近なコンテクストを離れた人間にとって、にへらにへらと笑うのは、ただの侮蔑或いは馴れ馴れしさでしかない。馴れ馴れしさって、なんだか相手が自分を軽んじているように思ってしまうのは、僕らの立つコンテクストの問題なんだろうか?ってつくづく思って、留学から帰ってきたボーイたちがクチャラクチャラしながらケツを触ってきて、「ロスでは日常茶飯事だぜ」っていう、この感覚はもはや拭えない差だと思うし、そのことをハッキリNOと伝えないと闘争は起こらないし、闘争が無ければ決着はないからどっちが正しいのかも分からない。だって、世界の端っこと端っこだもの。それを良くない角度で結んじゃったんだから大変だよ。ああ、おれたちは大変な世に生きているんだ。

大学生活ですが、新歓してまっせ!
いよいよ三年生なので、エラい学年です。毎日ぼくは遅刻していくのですが、毎日おこられてます。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/01(火) 23:45:10|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1431-670f625d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。