弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンクした自転車はパンクしていない自転車よりも雄弁である

もうこんな時期ですね。いやあ。新学期。
科目登録の時間を見くびってたら、なんと期間過ぎてました。まあ、別に単位足りるからいいんですけどね。
後期もお金をたくさん使う予定がたくさんで死にそうです。

9月はなんか精神的に大変だったけど、後半は割と安定してました。後輩から借りてたMGS2を始めたのが良かったのかもしれない。どうしてあんな神ゲーを一ヶ月も放置してたのかよくわからないですけど。伊藤計劃を読んだ後にやると、もうサイコーですね。サイコーという単語はあれのために存在しているといっても過言ではない。
周囲の話によればMGS3のほうが泣けるらしいので、大変そうだなあ。きちんとプレイする日を決めて、誰にも邪魔されないようにやらないと、もったいない思いをするかもしれない。

なにかを夢中でやってるときに、家族とかに干渉されるのが凄く嫌なんだけど、それは相手にとってはスゴイ理不尽ですよね。「邪魔するな!」って立て看板でもしとけばいいんですかね。家の中でスマホで連絡っていうのも嫌だしなあ。だから自衛するしかないや、っていう答えです。いや、MGS2のEDムービーの超いいところで(雷電がドッグタグ投げ捨てるあたりのとこ)親に「なんで単位落とした!」って詰問されたらまあ、キレそうになるよな。お互い運が悪かった。でもいっこ単位落としたくらいであんなことされるんなら、取得単位4単位とかの人ってどうなるんだろうなあ。
それと関連して、メールとかいう文字媒体って、そういうマの悪さを解消するための画期的な道具だと思うのに、何故か即座の返信を強要したりする意味不明な人達が多くて困りますね。既読とか何の意味もない機能がついたツールを便利といって使ってるのはちょっとアレな感じがする。あんな会議に適さないアプリで会議して、半数もその内容についていてけないとかいうのアホすぎてちょっと困りました。というか、会議に適さない人が多くてそれもちょっと困りました。世の中、ちょっと困ること多くて困りますね、満員電車で真っ先に下りたと思ったら、すぐに進路で立ち止まる人とか、きっと突き飛ばして欲しいんだろうな、そういう実験に参加して報酬をもらってるんだろうな、って思ったりします。自分は避けようとしてホームと電車の間に脚を突っ込みかけたけど。

最近異様に愚痴が多いけど、まあ、そんなもんだよね。
楽しい思い出は蒸発するけど、嫌な思い出は堆積していく。
嫌な思い出っていうのは負荷がかかるんですね。筋トレと一緒ですね。負荷がかかる。破壊される。修復する……。
この感覚は、あらゆる場面で必要なことと思います。
負荷のかけ方って、割と理屈で説明できるけれども、それを実行して持続するのは尋常じゃなく難しい。運動が続かない人とか、日記が続かない人とか、歌がうまくならない人とか……難しいんだけどね。それが頑張るってことですよね。一時的な困難にいつもよりも大きな力を働かせることを頑張るというのではない。頑張るっていうのは、そう決断した時から長いスパンで実行されなければいけない意思表示なんだよねえ……、それが分かってない人の「頑張る」っていうのは、本当にアテにならない。
う~ん……愚痴になってしまう。昔はこんなに口の悪いことを言う子じゃなかったのに。

反省を活かして、9月はひたすらおはなしのアイデアというか、骨子というか、それ以下の細胞というか、遺伝子情報というか? そんなのをひたすらメモしてました。割と楽しい。ブレインストーミングではないけれど、とにかく無責任に妄想を広げるのは楽しい。マインドマッピング。
半壊と昇華の話はまだ続きます。くどいなあ。多分、今度が最後だろうなあ、っていう感じ。
なんだか最近、このアクティビティのことをなんと言ったらいいか分からなくなってます。あらゆるひとの批評や思想を読んだ結果、文学ではない、もっと俗っぽいもの、小説でもない、もっと濃度の薄いもの、物語……? それにしては筋が柔らかい……。
困ってますね。おはなし、なんて、そもそもの原点みたいなタームを持ちだしてしまった。
個人的な位置づけでは、文学は大江健三郎で小説は伊坂幸太郎で物語はライトノベル全般という感じですなあ。
自分が書いてるのはおはなし。うん、いいね、この稚拙な感じがまた、ぴったりというか。


スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 00:28:56|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魔界旅行記 | ホーム | ちょっとしたメモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1468-a8781ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。