弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たのしい仲間が増えました

昔ははきだめみたいに、それしか能がないのかよと思うくらいに、更新しまくってたみたいだけど、ここ2,3年は月1か2くらいなので、振り返るのがとてもたやすい。いろいろあったなあ。端から見たらよく分からないただの雑記でも当時の状態を思い出せて、すごく懐かしい。不思議なもので、昔の自分の文章を読むのは、死んでしまった人間の意思を読むのと似たような気分がする。いや自分は実際に知っていた人間が死んだ後に彼女/彼の残したものを読んだこと無いので知らないけど、しかし自分が書いたとはいえ……というか自分が書いたからこそ、死者を見るような眼差しを使って見てしまうんだと……思う。一年前の自分なんざ粉々になってますね。毎日毎日地道に殺してきましたから。一年前の自分と、今の自分が何も変わっていない、人は変化することはない、っていう人は嘘つきか怠け者か傀儡ですね。そんなこと有り得ない。自分のことを変わってない、って言い張れるのは自分ではない他者だけだし、その他者がいるということは無事に生きているという何よりの証左なわけですね。

サークルの話ですが、昨日最後の先輩を送り出して、俺の代が最年長ということに……もう現役ではないんだけど、う~ん、なんというかなあ。たった一年年上なだけで、どうしてこうも自分が子供みたいな気持ちになってしまうんだろうなあ。いつまでたっても、追い越すことは出来ないような、あなた達がいなければ自分で立つこともできない子供みたいだ。もう年もとったしいい加減大人だと思っていたけど、そんなことは全然なかった。あなた達の前にあっては、俺はいつまでもガキのままで、一生を終えるしか無いんだと。そしてこういう気持ちが、純粋な『尊敬』というわけなのだと思いました。そういう関係にあっては、敬語なんて必要ないんですねえ。本当に。
これから就活ですけど、そっちでも尊敬できる人のもとで働きたいもんですわ。それなら残業だっていくらでもしよう。いくらでも力を貸しますとも。正しいことならいくらでも。それなら別に裕福でなくても良いなあ、と思う。
とか書いちゃって、ブラック思考に思われるととても困るのですけど。正しくないなら、ふつうにやめますわ。

みたいな感じで心構えを書いてると、意識高い系みたいで嫌だし、後で読み返しても嫌な気分になるだろうのでこれくらいで抑えておこうと思う。が。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/24(火) 01:24:17|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<失敗を失敗する | ホーム | 読書嫌いよ、永遠に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1480-e557ea38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。