弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

失敗を失敗する

プライドの話をしようと思ってました。

pride (http://ejje.weblio.jp/content/pride)
1【不可算名詞】 [また a pride] 自慢,得意,満足 〔in〕《★【類語】 ⇒vanity》.

2【不可算名詞】 自尊心; 誇り,プライド 《★3 の意味と区別して true pride ともいう》.

3【不可算名詞】 うぬぼれ,高慢,思い上がり 《★2 の意味と区別して false pride ともいう》.

演習の発表とかで、「結論がシンプルに過ぎる」とよく指摘されるんですが、自分は表現の方を重視しちゃうので学術的な文章ではシンプルにならざるを得ないんですね。そういうわけで、今回もとてもシンプルに。
2のポジティブな意味が「true」、3のネガティブな意味が「false」となってるのが面白いですね。英語圏の人はこれらをプライドの一言で使い分けないが、本来の意味は2に依っている。こっちが原義なのは一目瞭然です。語源は知りませんが。
自尊心とか誇りとかいう、プライドが無い人って、正直いないと思います。いやいや、俺にはそんなの無いよ、だって……と言いたい人もいるかも知れないが、そうやって言うこと自体がプライドでしょ? 生きている以上本当のプライドは存在する。
で、それと同時に失敗したプライドも存在する。うぬぼれ、高慢、思いあがり、か。本当のプライドとニセのプライドは余裕で同居する。同居している。そして、こちらも必ず存在している。この際程度は確かに問題であるけれど、(例えば自己分析みたいに)自分に対する評価をしなくちゃいけない時にアウトプットする自分像だって、結局コレに過ぎないと思う。
で、その二つの対置について考えていくと、自惚れの類は、虚像であると言えるかもしれません。自分は『こう』である、という思い込み。こいつは俺がいなくちゃ生きていけないんだ。俺はやればできる奴なんだ。俺は本当は強いのに。俺はこんな奴よりもずっとできるのに。エトセトラ。こういう典型的な思い込みは偏ったプライドと言えるけれども、その典型的な思い込みの上にこそ、本当のプライドが根を張っている。良いか悪いかで語られがちだけど、本当の尊厳はそんなつまらない区分で終わるようなものではない。それはニセでしかないのです。
で、TrueはFalseに根を張っていると言いましたが、Trueが本物である以上、人はトゥルー以上の存在になれない。そしてFalseを基にしている以上、トゥルーは大きくニセに依存していることになる。
だから、定期的にニセをニセだとはっきりと理解し、その上に生えるトゥルーの木を切り倒すことが重要になってくるわけです。(なんとなく、坂口安吾の「文学のふるさと」に寄っていくような感じですが、ここ一ヶ月くらいずっとこんな感じなので許してください。)そして始め直す。何度でも始め直すこと。初心忘るべからずですね。この言葉、世阿弥が『花鑑』で使った言葉ですが、よく思われる『始めたばかりの頃の気持ち』が初心なのではなく、こういう『始め直し』について言ったことです。何かを会得した時、何かに気がついた時、自分の思考や認識や表現がガラリと変わる瞬間がある(あるんです)けど、そのときのことを『初心』と言って、忘れるな、と言っているわけです。
だから、『失敗を失敗する』こと。マイナスをマイナスでかけてプラスにする、みたいですけど、これが数学と違う所は永遠に失敗であり続けることです。え~、どうせ失敗するのかよ~、ってなるところですが、そうではない。それはあなたにとっての永遠の失敗に過ぎないから。そもそも、成功したい!という気概で、プライドというものは扱うべきではない、と思うのです。成功と失敗、勝ち組と負け組という括りのうちでしか、プライド(を始めとすること)を考えられないのであれば、メビウスの輪みたいな偽物のプライドの中で、永遠に回り続けていればいい……とか辛辣に思っちゃうわけです。

プライドの失敗の仕方は、ただ外に出ることだと思います。家から、というのもそうですが、自分の内から出ることがその主たる意味です。なんだかこの先まで行くと、自己啓発っぽくなるので嫌なので(既にそうなってるかも知れないけど)この辺にしときますが、やっぱり本を読むことだなあ、と思う。本だけじゃないけど……あらゆる芸術、カルチャーと呼ばれるものだと思うけど……手っ取り早いのは、やはり言葉を持つということ、かなあ、と思います。それだけじゃないとも、思うけど……なんだろう。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/06(金) 23:29:33|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<喜びの空 | ホーム | たのしい仲間が増えました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1481-4e29ec1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。