弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なにかを作るということ、そしてそれを誰かに見せるということ。

「発売された直後、続編として期待を背負った「メタルギア ソリッド2」は激しい賛否の嵐に巻きこまれました。今でこそ評価をされているタイトルですが、当時は雷電という新キャラクターや、ラストにこめた強すぎるメッセージ、ゲームとしては難解なストーリーがファンには届きにくく、ウェブサイトの書き込みや評判を見るたびに気持ちがふさぎました。そんな僕を最初に理解してくれたのは、伊藤さんだったのです。彼は自分のサイトで「こんなゲームを喜ぶのは俺だけだ!」という主旨の文章を載せてくれていました。僕がゲームにこめた謎かけやメッセージをかくもよく理解してくれている人がいる。その事実だけで、僕は救われた気がしました」(小島秀夫「伊藤計劃さんとのこと」伊藤計劃『メタルギアソリッド ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』角川文庫、2010)

僕自身、承認欲求なんて邪魔でしょうがなくって、これが無ければもっと奔放に、自分のしたいことを自分がしたいがままにやれるのに、と思ったことが多々あります。
でも、なにかを創りだすというのは、承認欲求それ以前の問題なんであって、僕にとっては自明の問題なんですね。そして、自分という領域から無限の可能性を掬すること、それを誰かに伝えたいと思うこと。承認欲求は、その後についてくるものなんだと、最近は思ってます。というか、今思いました。まる。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/20(金) 23:40:40|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悪人笑気説 | ホーム | ↑↓↑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1485-23f28616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。