弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それって虚構、フィクション

 「バケモノの子」を見てきた。うふふ。
 泣ける映画なので、友達と一緒に行ったりすると気にして存分に泣けなかったりするので、一人で観に行くことを推奨します。ちなみに僕は「コクリコ坂から」を一人で観ましたが、精神的負荷がデカいのであんまりオススメはしません。

 こう言っちゃなんですけど、「普通の映画」でした。嫌だなあ、この言い方。
 とても良作だと思うんですよね、映像技術面では本当に言うことがない。渋谷交差点のあの夥しい人々の群れを、一人ひとり動かすことによって表現するという、恐ろしい執念と、戦闘の動きの滑らかさと、演出効果の馴染み方と、圧巻。基本的に退屈することはない。
 だから、普通に良作、という意味で「普通の映画」。本当に嫌なんですが、一応褒めているつもりです。
 何故普通か。順番に書いていこう。
 親子愛がテーマの作品だったけれども、実は親子愛じゃないんですよね、これ。「サマーウォーズ」の感想の折にも触れたこと、それは「この物語をやるなら別に家族じゃなくても良かったのに、わざわざ家族でやった意味」ということです。その意味の本質を僕は、家族というものが、その存立自体、自明でもなんでもない共同体であることを知らしめていること、と言った。
 で、「バケモノの子」はそれを思い切りやった。
 主人公の家出少年蓮は、バケモノの熊徹に育てられる。これは、虚構としての親子という家族であって、ホンモノではない。ホンモノではないけれども、そこには確かに親子の絆と愛があったのだ! ……というのが非常にざっくりとした総括になる。
 で、この作品はそれを非常に、上手に語ってみせた。今までの細田作品ではっきりと提示できていた問題を、上手に解いてみせた、というものだった。
 だから、「普通の映画」です。こうやって解くのじゃ、とでも言うような、あまりにも良く出来た模範解答のような映画。
 「おおかみこどもの雪と雨」が馴染まなかった人も、この作品の後では多少見方が変わるんじゃないか、「サマーウォーズ」の見方も変わるんじゃないかな。
 「親であるから」、ではない、「子であるから」ではない、そういう思考停止状態から、僕達が家族という共同体を考え直すにあたって、とてもラディカルな部面を、最もキャッチーに描き出した作品だった。
 で、解答編のような意味合いの強い作品だったように思われるので、スッキリと終わってしまうのだ。それまでの細田作品がもたらしていた不穏さ、そして鑑賞後に糸を引くような感慨が、あんまり無かった。あの感覚を読み解くことが、なんとなく楽しみだっただけに、なんとも普通の映画だったなあ、と思ってしまったわけだ。
 ただ、やっぱり面白いことには変わりないので、周りの人から「とりあえず有名だから観に行ってみたんだろう」と思われても良いような人は観に行くことをオススメする。

 ちなみにヒロインの子は、割と重要な役割を担っていたんだけれども、あまりにもバケモノの人たちとの世界が濃厚すぎて、ちょっと食われ気味で、友人たちの評判はあまり良くなかった。恒例の可愛い女の子を求めている人はちょっと注意。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/22(水) 00:54:44|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怒らせて、食べるお話 | ホーム | 「時間が待ってくれる」ってどういうことなの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1520-1e88646b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。