弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じゃーん!

 2週間で長編小説を書き上げました。過去新記録です。
 文量としては230枚くらい。これを文庫本基準に直すと、なんと78枚という脅威の軽さ。ふつうの新人賞は100枚くらい要請してくるので、全然足りません。ただ、読み直して説明不足なところや、補っておきたいところを加えれば、もうちょっと膨らむものと思います。
 で、一度ざっと読み直してみたんですが、文章が下手くそすぎて死にたくなりました。先日の記事で100枚を超えるとバテるとか書きましたが、最初からバテてます。赤入れするのが面倒なくらい。これは人に見せられる状態じゃないので、結構大幅な推敲が必要になりそうで、今から憂鬱です。推敲が一番嫌いなんです。
 内容的には、つまらないと言われるだけの内容になったと思います。自分で読んでて眠くなりました。目論見通りで良いのですが、自分が読者になってみるとすごいイライラしますね。
 というのも、自分は大筋は決めるものの、ディテールは書きながら考えていくので、理屈として行き詰まるところはすごい文体が荒れるんですね。それこそ文法とか、てにをはが機能しなくなるくらいに笑 「文体が耐えられない」ってああいうことを言うんだな。それが生のママでているので、すごい読みづらい。自分が書いたものなので、何を言わんとするかは分かるんだけど、きっと知らないで読む人は分からないだろう文章。
 それと、やっぱり登場人物の生成変化の「ステップ」が見えにくい。というのも、作品を書いてる最中はずっと頭のなかに彼女ら/彼らが存在するので、書いている段階とは関係なく、自動的に成長していくのですね。それが突然露呈するので、「お前いつの間にそんな!」っていう事態が出現する。でもこれって、小説とかシナリオ書き始めの人には絶対現れる症状な気がする。何年間初心者を続ければいいんだ俺は。
 そして最後に、世界観の設定をちょっと面倒臭いものにしたんですけど、僕はSF特有の「その世界観を一人称で語る」というのがなんとなく嫌で、例えば、20XX年、こういうガジェットが開発されて人々の生活はこれこれこういう風に変化した、とかいうモノローグというか、説明調というのがなんだか変だなあ、って思ってました。歴戦の兵士であるソリッド・スネークが「戦争は変わった」というのならともかく、今の時代しか生きたことのない人が、一人称で語ったりしませんよね。現代が舞台の小説で、スマートホンが発表されてから数年、その衝撃的な席巻によりガラケーは駆逐されていった……なんて書かないし、SFの世界に生きる人もそういう感覚でその時代の技術を享受しているんだろうと、敢えて最小限の説明しかせずに、やってみた。
 その結果、全然わかんない!
 説明しないとダメだこら、ガハハ。というわけで、SFが現在の世界を相対化するジャンルである限り、この手法は恐らく永遠に生き残るでしょう。それか、限りない近未来を描くか──『虐殺器官』みたいに。

 そんな具合で大幅推敲をしていきます。一番嫌いな作業ですが、頑張ります。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/29(水) 00:47:37|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「人間」を乗り越える「人間」 | ホーム | 怒らせて、食べるお話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1522-0e9aa8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。