弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

丹念に描かれた暴力だけを残して

「ウォッチメン」。ウィキペディア見たら、全部ストーリーが書いてあって、フフッという笑みが漏れた。ネタバレします。

 最近ヒーローものの映画を見まくっているが、実は「ヒーローが悪役をぶち倒す」という構図が気に入っているからだったりする。例えば、「アベンジャーズ」なんて何も考えずに観られる映画で、みんなそれぞれ何か個人的事情をいるけど、そんなこと言ってらんないくらいにヤベェ敵が出てきたから倒そうぜ! 結託だ!という話だ。これがヒーローの原型、みんなが憧れるヒーロー像。
 「アイアンマン」になると、主人公が兵器製造会社社長だったけど、目の前で自分の作った爆弾が爆発して死にかけたから、今まで俺は間違ってたんだ、と改心したところ、「今までそれで一緒に稼いで来たじゃねえか!」とか言った奴をボコボコにするわけで、ちょっとごたごたしているけど、基本的に悪人をボコる(実際にはもっとストーリー複雑なんだけど、面倒臭かったのではしょった)。「スパイダーマン」は遥か昔に観たので全く記憶が無いんだけど、とりあえず悪役をボコってた気がする。「バットマン」も結局悪役ボコボコにしてた。

 「ウォッチメン」の悍ましいところは、悪役が冷戦という大きな物語であったところ。まさかニクソンをボコボコにするわけにもいかないので、とりあえずロールシャッハが囚人をボコボコにしてる。ダニエルもローリーも囚人をボコボコに。それくらいしかボコボコ枠が無い。悪がいない。
 だってこれはヒーローの映画ではなく、正義の映画なんだもの。
 舞台は冷戦下のアメリカ。ソ連とむちゃくちゃに仲が悪くて核戦争寸前。パラレルワールドらしいので、両陣営戦争始める気満々。「爆撃しろ」とかニクソン言っちゃう。
 突然だけど、「トロッコ問題」って一時期有名だったものがある。以下wikipediaから抜粋。

(a) 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。
そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。
(1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?


 こういう状況がヒーローの物語中にあったなら、彼らは大抵、第三の道(両方助ける)ことをするんじゃないかと思う。
 つまり、トロッコをA氏が自分で止める、とかいう方法。むちゃくちゃ強いヒーローなら、それができちゃうから、ほとんどの場合そうする。A氏のAはアメリカンヒーローのA、というわけ。
 だが、「ウォッチメン」は、容赦なくこのB氏を殺す。思い切り分岐器で、トロッコの方向をひん曲げる。
 世界の主要都市をDr.マンハッタンというチートヒーロー(?)の力を流用する新エネルギー兵器で破壊した。それによって、何百万人も死んだが、アメリカとソ連は、このDr.マンハッタンという「敵」の前に手を取り合うことを表明した。そうすることで、何億人という人々が救われる。
 正義のためには誰も殺さないようにするのがヒーローっぽいけど、そうではない正義の姿が映像として表現されている。都市が青白い光線で焼かれ、人々が消滅していくシーンを見て、これがヒーロー映画だ、と言えるんだろうか。そこにあるのは、僕らがよく想像はするけれども、表現されてこなかった正義のあり方だ。こういう正義の形もあるんですよ、いかがでしょうか、とまるで「選べる保険」みたいな体で見せつけてくる。映像として、表現として。それが非常に面白かった。
 
 正義は存在する。
 けど、実のところ、僕らは一度も「正義」というものに立ち会ったことがないんじゃないかと思う。今まで表現され、遂行されてきた「正義」っていうものは、実は「正義」の一側面にしか過ぎないんじゃないか、と。不完全な「正義」なんじゃないかと。決して「不正義」なのではなく。
 その不完全な「正義」を、完膚なきまでに見せつける、という試みと、それに対する自らの反応を考えなければ、この映画ってヒーロ映画でも正義の映画でもなくなってしまう。
 でも、「正義」はある。まだ終わりではない。
 最後に届けられるロールシャッハの手記は、そんな希望なのか絶望なのか分からないアイロニーを残して、映画は終わる。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 00:13:13|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<With love, from You | ホーム | 「人間」を乗り越える「人間」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/1524-9bf5aef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。