弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日も今日とて全力疾走

ん、しりとりって意外と頭脳戦だったりします。
「ぷ」嵌めなんて恒例中の恒例。その程度で満足してちゃ駄目です。
嵌まりやすいのが、「り」と「る」と「ぷ」ですが、意外と「と」なんかも嵌まります。三十分もすれば、語彙が尽きてきて、自動消滅します。あと、「ち」なんかもねらい目です。こっそりとばら撒いておけば、あっというまに消滅ですから。

何故しりとりを話題に載せたか。
答えは至極単純に、今日プレイしたから。
一人持ち時間が30秒。四人でやったんですが、過半数がその単語の存在を知らないとタブーという、何気にキツイルール。
勝ちました。最終的に「と」と「ぷ」が詰みワードになって、わーわーやってましたね。自分でもよくあんなに語尾に「と」がつく語を挙げられたと思いますよ。あの万愚の顔は忘れられねえぜよ……

というわけで、今日は国際理解を深めるということで、大使館訪問なるものに行ってきました。
前日の就寝時刻が深夜2時。別に見たいアニメも無かったんですが、何故か寝れずにそこまで至る。
というわけで、ねむねむな訳で。

二年ぶりくらいに東京都心に行きました。東京メトロも懐かしいです。切符が蒼いのが素敵。将来、首都直下の大地震が起きるまで他の起きなさそうなところで過ごして、起きたら東京メトロで一日過ごすのもいいかもしれませんね(笑

──下記は、我々の行動を記した貴重な書物である。


大使館なんて、外交の仕事に就きたいなんて思わない限り、一生縁の無い場所です。
場所が場所所以、「そんなところに大使館があったんだ~」ということも珍しくないらしく、これはこれで貴重な体験らしいです。

我々がたどり着いたのも、例外では無かったっぽいです。
「どこにあるんだ?」的な会話をしていると、スルーし掛けたビルに目的地の大使館の国旗がゆらりゆらり。
時計を確認すると、約束時刻の四十五分前。
「どうしようか?」
と顔を見合わせる班員たち。五分前行動とはいえ、四十五分前行動はいささかやり過ぎである(笑

とりあえず、班長が代表的な感じで様子を見てくることに。行ってらっしゃいです。
帰ってくるまでの間、ちょっとした狂乱がありましたが、些細なことなので書きません。
十分ほどすると帰ってきて、中で待っていていい、とのこと。早速ゴートゥーゼアーします。

なんだか、ビルの一部を切り取って、そこに外国をそのまま押し込んだような雰囲気。
壁が途中から色が変わって、その国の国章が掲げられてます。ちなみに、国章に描かれている全てのものに、厳密な意味がこめられており、それらを連結することによって共通の大きなモットーを現しているそうです。日本だと、菊の花、だそうです。……。

中に入ると、その国の象徴的な農作物だとか、文化だとかが展示されてました。
あとはひたすら三十分そこで待つだけ。
時折、外人さんががちゃりと扉を開けて入ってきて、その度にきりっと背筋を伸ばして一列に並ぶ班員(男子)を半眼で見て苦笑いする霞弐。実のところ、通訳がいるか居ないかで、彼らの運命が決まるらしいです。僕は楽観的。

二十分ほどすると、金髪碧眼の女性が。マジかよっ。
アメリカンに握手で挨拶(アメリカじゃないですが)。
通訳さん居ました。こりゃ助かった。

大使館入館。
扉にはセキリュティが掛かっており、二重扉になっていました。
一つ目のドアが閉じないと、二つ目のドアが開かないという安心設計。セコムですかね。
撮影禁止、ということでカメラ、携帯は没収。持ち物検査はありませんでした。

会議室のような場所に通されました。お菓子にジュースにプレゼン用モニター。準備超バッチシじゃないですか~。
訪問開始。
外交官さんと通訳さんの連携で次々と国の紹介が為され、我らはひたすらメモをとる顛末。
時折、お菓子をつまみながら……と、隣の皿を見ると既に空。こちらの皿にまで手を伸ばしてくる始末。
直方体をしたお菓子で、乾いてぱりっとしているものと、甘いペースト状のものが交互に載せられているもので、病み付きになりました。
ジュースはマンゴージュースと後もう一つ……忘れました。
マンゴージュースはオレンジジュースの酸味をなくしたようなもので、南国テイストでした。口の中に甘味が残るのは仕様です。

一時間ほどでプレゼンは終了。予定は一時間なので、万事バッチシ。……だったはずなのですが、予定に含まれていた質問と、学校紹介がまだ済んでません。
「やっちゃえば?」
ということなので、質問、と学校紹介。え、僕が学校紹介するんですか。え?前? ははっ冗談も過ぎますねぇ、面白いですよ。え?本気? ……さよならっ。がっ!分かったよ、分かりました、やります、やらせていただきます! というわけで、紹介しました。

そんでもって、紹介が済んだ後も色々と話していたら、なんとあれから一時間経過(爆
いろいろとお土産を貰って、いざ退散。
予定時刻を超越してます。どうしましょう、班長。え、まず昼飯? ですよねー☆
というわけで、昼飯を取ることに。

この後の予定では、江戸東京博物館に行く予定になってました。外見は宇宙戦艦(byY氏)みたいなとこです。
何分、予定より一時間過ぎてますから、同胞がほとんどいません。
とりあえず飯を食おうということで、その近辺を探索。500mほど歩いても、見当たらないので引き返す我らご一行。

途中で見つけた喫茶店に入店。「もう、ここでいいよ。腹減った」
店内には既に一組のお客さん。あとは空席。団体用の席に腰を下ろします。
全員で多様な種類のうどんを注文して、雑談タイム。「時間ヤベーw」「時間w」
三時に集合で、その時点で二時でした。
ご注文の品が届きました。こ、こらうめぇや。
我はきつねうどんを頼みました。油揚げがぷかぷかと浮かんでます。ちょいとつまんで口に放り込み、噛み砕くと熱湯がぶしゅっと噴出して舌をもろ直撃。火傷未遂です。←この動作を10回繰り返す。
あちぃ……
やがてお客さんがいなくなると、店内には我らだけ。
「どこから来たの?」
 と店員さんに訊かれたので、埼玉から来た旨を伝えると納得。修学旅行かと思ったらしいです。地方の中学校は修学旅行で東京に訪れるんでしょうか。
そろそろ喰い終わる、というところでまた店員さんから声が。
「ソフトクリームサービスしてあげるから、」
と。
ぇぇえええええええええええええええええ……マジすか、タダすか、、やったw
釣りではなく、マジでソフトクリーム奢ってもらいました。いやはや、不景気なのに……太っ腹ですね。
……また来ます、なんて言っちゃったけど、大丈夫でしょうか。

そして、そのあとすぐに博物館へ。その時点で、集合時間の二十分前。これはもう笑うしかありません。
江戸東京博物館の入り口、知ってる人は知ってると思いますが、エスカレーターになってるんですね。なが~~いやつ。ふたつそれがあって、片方は入場、片方は退場というやつです。
有名とだけあって、外国人の観光客も多いです。
友人Aとぽけ~っとそのエスカレーターを上っていたところ、対向の退場する方のエスカレーターに同年代らしき異邦人の方が。
「コンニチハ」
と、前にいる班員に向かって挨拶してきました。
これを見た友人Aが、その人に向かって
「こんちわーす」
と言いました。
するとどうでしょう。予想だにしなかった言葉が。

「ダレダヨ!www」

友人A凍りつきました。予想外だけに笑いが止まりませんでしたw
この話は笑い話といて、彼の語り草になるのでしょう。

そんなこんなで入場したらすぐ退場w

すぐに退散して今に至ります。
とにかく眠いです。はぃ。かえって即行寝ました。眠い、眠い。

というわけで、今日はここまでにします。長い文読破ありがとうございました。

面白かったら応援お願いします。
ブログランキングにほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/10/28(火) 21:11:22|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鬱病って怖いんですね。。 | ホーム | L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/194-efe89e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。