弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

七人の武器屋

七人の武器屋
タイトル:七人の武器屋
著者:大楽絢太                  イラスト:今野隼史
出版:富士見書房(富士見ファンタジア文庫) 価格:650円前後……?
霞弐消化分:先日最終巻読了 本編は全て揃ってる
あらすじ:
こんちは!オレ、マーガスって言います。ドラゴン棲息地帯にほど近い、このフランの街で生まれ育った十五歳。ツルッパゲの悪友・ジャンと遊んで暮らすしがない暇人―だった。昨日の夜、あのチラシを見るまでは。でも、今日からオレは武器屋『エクス・ガリバー』のオーナーの一員!!うぅ、燃えるぅ!だけど、一夜明けて出勤してみたら、なんだか様子がおかしい。…ええっ、店内にろくな武器がない!?ロコツに怪しいオーナー募集告知に引き寄せられて集まった個性豊かなオコサマ七人が、ノリと情熱で経営に体当たり。

※ネタバレを含む可能性有り


……書きたかったこと全部吹っ飛びました。よくあるよくある(笑)

とりあえず、最終巻を読んでの感想。
「コイツ等らしい」という一点に尽きますね。
アクション要素は、最後に少しあっただけなのがちょいと残念。
それでも、七人のうちの五人?が抱える葛藤を全て解消でき、結果的に当初の例のチラシ「やりたいことが見当たらない」という、悪徳金融者さながらのあくどい宣伝文句を皮肉にも本物のモノにして、自分のやりたいことを見つけた彼らに乾杯です。
しかし奴ら……恋愛の幅を超えすぎじゃ

作者がゲーム雑誌編集者志望だったからかは分かりませんが、コメディアンな作風になってます。
主人公の主観的視点によって描かれるストーリーは軽やかなテンポというか、文体で進みます。どちらかというと、若年層向けのモノですね。自分の将来を決定する最も重要な時期にある、中学生~高校一年辺りまでがターゲットでしょうか。己も中三というストライクゾーンの時期に読んでしまったものだからもう……元はといえば、あさっての漢検を受けるきっかけとなったのは貴様だったのかっ!
……まぁ、タゲというか、狙いが狭く絞られているのが欠点ですかな。個人的には、あのテンション好きですが、免役の無い人が読むと結構あれだったり?

しかし、七人も主要メンバーがいるのに、誰一人空気になっていないのがスゴイ。
しかも、超脇役を土壇場で登場させるという、明らかに狙った演出もあり。
一巻で自分たちが死と隣り合わせの場所に居るのにも関わらず、「私、帰ったら結婚する」とかいう、典型的な死亡フラグを残したのにも関わらず死ななかったノンに関しては脱帽をせざるを得ず、しかもその結婚式はヤヴァイくらいクオリティの高いという、なんとも理想な主婦様。彼女には、運命に立ち向かう素質が在るみたいです。
そして、ツンデレケンジ君ですが。挿絵での彼が徐々に逞しくなっていっているという点がイイ。一度だけ主人公になっただけありますね。最後の挿絵はめちゃくちゃかっこよかった。嫁になってくれ

……因みに、最終巻のイラスト今野隼史さんの後書きを見たときは、鳥肌が総立ちしました。
ヤばい……かっこよすぎる……

というわけで、今日はここまでです。読破サンクスでした。

面白かったらお願いします
ブログランキングにほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト
  1. 2008/11/06(木) 20:59:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日は明日で暴風雨 第五話 今日も明日も安全運転で | ホーム | つっこみばとん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/212-f095c379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。