弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第拾参回ーちょっとした食料難解決編ー

弐「弐人が今日電波目覚ましを買って貰ったらしい。とことん贅沢なやつだ。環境問題の敵だ。」
屍「なんでまた…?」
弐「部屋の電気はつけっぱ、パソコンはつけっぱ、エアコンはつけっぱ、扇風機つけっぱ、風呂の水ながしっぱ、極めつけは時計の電源をつけっぱだと!?」
霞「時計はいいんじゃないの?」
弐「甘いな。驚くなよ!奴の時計はNINTEND○ DSだったんだ!」
屍「隠す場所間違ってるし。伏字に見えない。弐ってさぁ伏せるのめちゃくちゃ下手くそでしょ。いつか伏字の丸が⑨になってたような気がすんだけど。」
弐「そうやって過去の記録を改ざんするのはやめろ!」
屍「してないし。」
霞「絶対してないよ。お兄ちゃんにそんな権限無いもの。」
屍「うっ……。」
弐「まぁ発見するかはリスナーしだいだが。まぁこの電波時計っていうのはクセモノでな。弐人の部屋から電波が届かないらしいのだ。」
屍「ただの時計じゃん。」
兎「あら。今日はちょっと早めに始まってる。」
霞「おね~ちゃんお帰りー。」
弐「ごっちゃごちゃの紙袋にフランスパンなんてなんて古典的な格好をしてるんだ君は……。」
兎「意識したわけじゃないから。」
屍「フランスパンなんて売ってる店あんのか……?」
弐「自分で作ったんじゃん?」
霞「通販とか。」
兎「……なんかからかわれてるみたい……。」
弐「通販とか……そこまでして欲しいものでもないだろう。」
屍「てか何を買ってきたん?」
兎「食料だよ。食料。」
弐「そうか食料か。そういえば餓死寸前だったな。昨日は。」
屍「目をつぶってカロリ○メイト喰ってたな……。」
霞「よくお腹壊さないね。」
弐「俺の腹は妙に頑丈だ。ってお前ら腹減らないの?」
兎「減る。」
霞「お腹すいたー。」
屍「夏ばてだから食欲沸かない。」
弐「なるほど。参考にならない意見をありがとう。」
兎「なんの為に訊いたの……。」
弐「いや、腹が減らないテクニックでもあるのかなーってさ。」
屍「そんなことよりインスタントの食品が多いんだけど。」
兎「だって面倒くさいんだもん。」
霞「チキンラーメンって器無いと食べられないんじゃないの?」
弐「なんで焼肉のタレ?飲むのか?」
屍「自分で一からポップコーン作るやつとか……。」
兎「う……うるさいうるさいうるさーい!!折角買ってきてやったのに!……うえーん……。」
屍「お……え……む……。へ……が……。」
弐「屍の首握って振り回すのやめい!!マジで!」固有名詞からただの名詞になるから
霞「お姉ちゃん。」
兎「うん?」
霞「ドンマb
兎「ううううっぅぅぅぅぅ……。」
弐「霞。フォローになってない。」
兎「バカヤロー!皆餓死しちゃえばいいんだー!うぇぇえぇぇん……。」
屍「行っちまった……。」
弐「日の沈没とともに帰ってくるだろう。そろそろ時間だ。」
屍「なんかすっきりしないな……。」
弐「お疲れ様ー☆」
霞「バイバイ。」

霞「押せば幸せ。魔法のスイッチ。実体験談…ガリガリ君2本目でアタリが出た。
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
  1. 2008/07/24(木) 20:24:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<保護課及び対策課その九~コメディ風味編~ | ホーム | 第拾弐回~ちょっとした食糧危機~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/22-2968fa62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。