弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告



最近のリア充度が我ながら異常。


かくいう昨日といえば、先輩方のありがた迷惑なお説教を授かった後、個人的に結論を出せない話合いを二時間半ほどし、お台場行くのに埼玉経由ッ並のだらだら展開を見せた後、部活はお開き。
俺としては、哲学ってのは個人の考えであって、共有するものじゃないと思う。そんでもって、それを押し付けるのはあってはならないと思う。俺がどう足掻こうと、転がることをやめない会議はこりごりだ。
しかも、もっと規模を大きくしたものが金曜に控えていると思うと、非常に気分が重い。
考えすぎだろう、そういわれるから不安になるんだ、後姿を見てるだけあって覚悟はとうにできている、視線を感じなかったのか? 思ってるだけで見てなかったのか?
吐いてもしょうがない愚痴が蔓延し、それでも尚愚痴を量産し続ける頭にうんざりしつつ、嵐の翌日の様な気候を横目に見つつ、彼女さんの姿を探した。
いねぇ。
今日は振られたのか、と思いつつ歩を進めると、トイレの前に荷物があった。
分かってたけど。

そして、チャリ置き場に向かった訳なんだけど、双頭手にはゴミ袋。
定演のゴミは、全チャの人間が家で始末するのだ。謎の文化だが、確かに電車に持ち込むのは良くない。というか、学校で始末しろよ、と思うが、何故かゴミ分別の区分が激しい地域なので、メチャクチャゆるい地元に持って帰ろうという魂胆である。個人的なものだが。
しかし、よく考えてみろ。ゴミ袋って、中にゴミが入ってるんだぜ。
「なんだこのカップルwwww」
と指差しで笑われた。お前もでかいの携えてるじゃねえか。


この後、二人でひっそりと打ち上げをすることを企ててたんだけど、その話合い笑のせいで、大半が崩されちまった。それでも、メインの夕飯だけはできそうだったから、このクソ邪魔(俺が言ったんじゃない)なゴミを処分しようと、各々の自宅へ向かうことに。
俺の家の方が学校から近くて、しかもほぼ毎日来てるから、一向に良かったんだが問題なのは相手さんの方。誰かいるかも知れないから、と俺を近くの角で待機させておいて、色々とごちゃごちゃやってすぐ戻ってきた。面白かった。

当初の予定では、サイゼリアだったんだが、何故か無性にお好み焼きが喰いたくなったので、その隣のお好み焼き屋に入った。
一年ぶりとか余裕だったから、俺がひっくり返したのは悲惨になったりした。日本沈没みたいになったりしたんだが、彼女さんは期待通りの上手さだった。情けないが宿命だと思う。
二人ともマヨネーズ嫌いで、ソースの上から鰹節と青海苔をまぶしただけのシンプルなものだったが、それはもううめぇもんだった。実質の食事が十二時間ぶりだったからかも知れないがな。
それから、鉄板の温度調節に悪戦苦闘したりしたが、一時間ほどかけて三枚食いきった。意外と量が多いんだこれが。

さて、支払いを済ませ(割り勘なんだが、まず一人が全部払い一人が見合った額を渡す方式を取った)、このまま別れるのもどうかというので、近くの公園にいった。
夜の公園ってのは、驚くべきほど静かでベンチもさりげなく豪華仕様、街灯も中世を彷彿させるデザインで謎の雰囲気を醸していた。
二人で一つのベンチに座って、何をするかと思ったらどうしたと思う。何もしないをするんだ。驚きだろう。
そっから一時間くらい記憶が無いんだが、多分眠くてウトウトしてたんだろうと思う。正直出来ればそのまま眠りこけて、膝枕的な二次元でしかありえないような事態を望みたかったが、人間そんな上手く出来てない。
ふとした瞬間、意識が明瞭になった俺のテンションは凄いものになっていた。性的な意味では決して無いが、広義で見ればそうなんだろう。否定はしない。誤解はするな。

こっからキツくなるぞ。

































































疲れたから明日書く。

スポンサーサイト
  1. 2010/04/19(月) 23:45:28|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

うわぁ、リア充だ。
うらやましいです。
  1. 2010/04/20(火) 18:56:32 |
  2. URL |
  3. 柊 #vs0NW1Qw
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

やっほう。
  1. 2010/04/20(火) 21:35:24 |
  2. URL |
  3. かにしと #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/630-8bf06c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。