弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(上)

夏休みは終わったけど、実はまだ延長戦があって、恐らく最後になるであろう大会が今日あった。
よく考えると、めっちゃ濃い三日間だった。
少し長くなるだろうけど、地道に書いてく。

さて、うちの学校はよくあるパターンの、九月第一土日曜日に学園祭がある。
他の学校はどうだか知らんけど、結構こういうイベントに力入れる学校だから、前日前々日は文化祭の準備というまとまった時間が与えられる。
俺のクラスは、夏休み中から、結構準備してきたと思いきや、実は二割程度しか完成していなく、それを一日半で作り上げようぜ、というのだから、無茶な話。
しかも、一日目、木曜日だが、その日は買出しが禁止されているので、物資が足りない場合はお手上げ状態。
で、うちのクラスは適当な遊び処みたいな感じなので、各アトラクションごとに人員が製作に割り当てられてる。
そして、俺の班はまさにそのお手上げ状態。
というわけで、二時間くらい暇だった。
ステンドガラスを窓に貼り付けるように言われたけど、これも物資が足りなかったので、残念。
でも、妙に疲れて終了。
その日の部活は結構士気が低迷してて残念だった。後日談だが、顧問は音が残念すぎて眠れなかったらしい。
金曜、この日は学校こぞって文化祭の準備。
買出しオッケーなので、解禁して速攻ででかける。
女子に外装を任せて、百均で画用紙だとか布だとか色々買って帰るまで、小一時間。
帰ってすぐトイレに行って、戻ってきたら今度はダンボールで切り取った文字に、画用紙を貼って見栄えを良くしてくれ、と頼まれた。
文字は「もぐらたたき」
とりあえず、も、あたりからいこうと思って手をつけたら、そこで文芸部の使者がやってきた。
「Tシャツ代」
そういう連絡が、代金の請求以外来てなかったので、すっかり貰わない気で居たのだが、どうやら俺の分が用意されているらしい。
見知らぬ一年生と共に文芸部室に向かうと、Tシャツを貰った。
ヘンタイ的なデザインだったけど、去年よかマシかな、くらいのものだったけど、まぁ、もらっておくことにした。代金は結構しつこく言われた。
クラスに帰ったら、もぐ、まで出来てたので、ら、に着手しようと思ったら、また数分前に聞いた声が俺を呼んだ。
「机運ぶの手伝って」
って、凄まじい遠まわしに言われて、向かうと机を二百メートルくらいか運ばされた。
まぁ、音楽部で鍛えてる俺の前には、そんな大した仕事じゃなかったが、一緒に運んでたスーパー草食系の一年生はキツそうにしてた。
今度こそクラスに帰ったら、まだ、ら、が完成してなかったので、適当に作り始めること二時間ちょい、もぐらたたき、という大字が完成した。
それを区切りに昼飯。飲食禁止の練習室で喰った。なんか、めっちゃ男が溜まっててムサかったけど、場所が無いので仕方がない。
帰ったら、今度はもぐらたたきのもぐらがない問題が勃発。
ありあわせで作ろうとしたけど、どう考えても布の色が足りずに、買出しにまた行くことに。
学校を出た時間が、14時。
門のとこにいた先生に「14時になっちゃったからダメだ」みたいに言われたけど、別にメロスみたいに人質をおかずにすぐ帰ると押し切って校外へ。
宣言どおり、10分で帰ってきたけど、汗だくになって果てた。

続きはあした
スポンサーサイト
  1. 2010/09/05(日) 22:03:29|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(下) | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/750-a546fd6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。