弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

積極的に身を投じると、色んなことが見えてきて面白い。
「つまらん」と即刻で切り捨ててしまうのは至極残念なことだ。そう思うと、もう払拭できないからだ。
もちろん、実際突っ込んでみてつまらないこともあるだろうが、それは全てではない。十割ではない以上、価値がある。
そんな時間がない、とはいえ、そうのたまって何もしないなら、そうして浪費したほうが生産的ではあるまいか。
まぁ、別にどうでもいいけど。
とりあえず、クラスの結束力が絶無なので、大縄三回しか跳べない。隣のクラスは一回なんだけど。
でも、個人競技が超強いから、ビリは無いな。

あー、相も変わらず書くことがねえなー。最近アクセス数落ち込んでるし。別にどうでもいいけど。
まぁ、思いのほか、俺は単調な生き物らしく、どんなに病んでいても数回寝て起きてすれば、あっという間にどうでも良いという気が起きるらしい。
ただ、俺はよくても人が良くないので、そっちが病んでる間は、俺も病んでることになります。
ちなみに、とある彼女もち部員が居るんだが、こいつの事情を知るとリア充と罵ることができなくなる。
以前にも言った気がするけど、そいつはその彼女に、恋愛対象として好きなんじゃなくて、仲間として好きならしい。仲がそんな良くなかった一つ上の先輩方に比べりゃ、うちらの代の男女仲のよさは半端無いんだが、まぁ、その延長線上って感じか。
それを、そいつは知りつつもそういう関係ということなのだが。
それだけでもけっこうかわいそうな感じなんだが、それに追い討ちをかけるのが相手方で、なんでも別れる理由が無いから別れないらしい。
そんでもって、引退したら別れるとかなんとか。
甘いのぉ。俺だったら、即刻別れると思うが。思うだけだが。
まぁ、確かにきまずくなることはきまずくなるが。それも一時の擦過傷に過ぎないだろうに。月日は最長三ヶ月かけて、問題を綺麗さっぱり洗い流してしまうもんさ。それ以上の修羅場だって、幾度かくぐってきた。
ま、それをその男が知らないことが問題なんだがな。知ったら、多分一ヶ月わら人形みたいになっちまうだろうな。

そんなことより、文芸部の反省会なるものが先日あった。
文化祭を通しての反省だったんだが、いかんせん音楽部に執心だったため、全く反省点がない。
作品の講評を貰ったが、とりあえず文章に欠落は無かった様子。設定に突込みが多々あったが、いちいち短編に設定を練りこみたくなかったので、適当にやってたため別に気にしない。
とまぁ、俺としてはさっさと切り上げて欲しかったが、どうにも全力で反省するらしい、スタンスがいつもと違った。初めて"文芸部の活動"をしているところを見た気がする。
そもそも、俺は払いそびれたTシャツ代を払いにきただけの話だったので、それで義理を果たしたと思って、我関せずと音楽部の事務仕事をしてた。途中で先輩に覗かれたが「すまん」とだけ行って立ち去っていった。どうしたんだろうね。
色々頑張ってたが、どうにも出席率が芳しくないらしい。
音楽部の二年の一ヶ月の出席率は98.7%だが、文芸部の二年の一ヶ月の出席率は数字も出ないほど酷いらしい。
まぁ、原稿を結構出した俺に責は来ないだろう、と、ひたすら黙すること二時間。
精神が疲れた。

今日も疲れたぜ。


スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 21:19:12|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/767-86baeb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。