弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さっき帰ってきた。飯喰って風呂はいって今に至る。
部活中は、主に男とつるむので、大概冗談半分以上の会話である。この冗談半分という感覚は非常に危なっかしくて、それがいいわけになることもあれば、政党防衛になることもあるわけで、相手を輪郭として捕らえてばかりいると、諍いの火種になる。
俺はそういうのを何度も経験して痛い目を見ているので、二次関数のグラフみたいな感じでその幅を広げていく。おかげさまで、軽率な発言で機嫌を損ねたためしはほとんどない。極度の疲労状態で厭世的になって、付近ののっぺらぼうな様に憤慨して、常時不機嫌な時期もあったけど。
その部活が終わると、その日の反省会みたいなもんで、くどくどと出汁をとるような説教を聞いて、ようやく終わり。それから実行委員の会議もあるんだが。

なーんか、最近部員達が周りを見すぎな気がする。自分を遠く、月面くらいに置いて、地球でその意識だけで観察している気がする。
っていうのも、なんか自分で言ってることが成ってないっていうか。
多少の不注意を非難する人が普通に遅刻してきたり、体調に関してしつこく言う人があっさり熱出したり、そういう人に自分はどうなんじゃいって評する人が自らの痩せない体を嘆いたり。
というか、「脚太いのやだー」とか言われたらどないすんねん。
「そんなことないよー」っていったら、「嘘っぽい」とか言われて、「別にいいじゃん」っていったら「ひどっ!」って言われるし、酷い時には「女の子に向かって」云々言われるし、確かに女子って非常に面倒くさいな。最初は丁寧に対応してったけど、最近になっても減少しないから、もう辟易してる。同情が欲しいなら、金をよこせと。
つまり、不機嫌です。ただでさえ、今日警察にチャリの件で聴取されたばかりなので、もうそれは腹立ってます。夕飯もペッパーが効き過ぎたコンビニパスタで喉がひりひりする。
実際、くどくどと説教くさく真理くさく説教されても、それを体現してなきゃ説得力もクソもないよね。グチを言われても困る。不睡眠自慢とか体調不良自慢とかなんなんよ。馬鹿なの?

とか、こんな不満を溜め込んでおきながら、実際いえないんだよねこんなもん。
人は人を結局殺せない、っていうのが、古代から暗示された真理っていうことをこないだ学んだ。
ナポレオン戦争後から、国家の名において国民徴兵令という殺人を許容、むしろ賞賛するような制度になってから、戦争って言うものが一部のもの、武士とかのものではなくなった。
でも、駄目なんだよなー。銃を持って出かけて、結局発砲できるのは二割程度の兵士だけだし、その半数以上は敵を殺してしまったら、自責の念を抱き続ける。
爆撃とか艦とかの戦闘なら、そんなもんはないが。何故か。それは敵の顔、自分と同じ人間の顔がみえないから。
銃撃戦に於いて、一番死者が出る場面は一方が逃走するとき。顔が見えなくなるから、引き金を引きやすくする。
撃った弾がたまたま相手の眉間に当あたったという兵士の話によれば、もう嘔吐するわ震えるわでとんでもない。
自分と同じ種類の顔っていうのは、それだけのものだ。
それに直面してるとさ、怒りなんて出せないじゃない。それを受けた人は如何なる顔をするか、どんな感情の変化が起きて、どんな気分になるか。
怒れないんだよなー、弱虫なんだよなー。いざというときに、動けるかどうかなんだよなー。
風呂で出した最終結論は、俺が怒るときは見限りをつけたときだろう、というもん。
結局それは人を信じてないって事なんだろうがな。
でも、いちいち人なんて信じてたら大変じゃない?って思う。
別に、一人か二人でいいじゃん、信じんのは。
まず一人は自分。
もう一人、こいつはいるかいないか知らないが。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/05(土) 22:56:24|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイトルなし | ホーム | no title>>

コメント

>人は人を結局殺せない、っていうのが、古代から暗示された真理っていうことをこないだ学んだ。


油断大敵だと、僕は思ってます。お気をつけて。
  1. 2011/02/06(日) 20:30:44 |
  2. URL |
  3. 柊 #vs0NW1Qw
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

殺せないって言うのは、殺してしまったら平然とできないってことです。
殺しても平然としてる人は病気な感じらしいです。
  1. 2011/02/06(日) 21:23:31 |
  2. URL |
  3. むほん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/821-2e97d83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。