弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目の焦点合わないわ、思考はぶれまくりだわなのに、無駄に創作意欲がたぎってる。
まず、「文才を感じる」というフレーズに何故かときめく。いや、俺に言われた言葉じゃないのに、どうしてか文才、なんていう言葉がいい。耳障りが非常に柔らかくて光を帯びているような、腹の底に燃料くべてるところがあるとするならば、そこが直に活性化するような、そんな宝石のような輝きを孕んでいるような気がする。
そんでもって、天真爛漫なキャラの絡みが非常に書きたい。最近は殺伐とした活字が飛び交うテスト勉強ばかりうんざりしていて、そればかりが掻きたてられてやばい。
しかし、時間が時間、今後も時間が時間、そしてなによりテストが目前である。そして、終われば即刻部活に引き戻され、謎に多忙な生活に戻って文なんて並べていく余裕がなくなる。テストどうでもいい宣言してしまったので、どうしても今回はとらなきゃならん。一応、策は立てているが一部の教科だけだし。
お陰で人を見る目がぎらぎらする。
先生の話なんてものはどうでもいいが、隣の人の挙動やら視線やら目元やら、顔とか、髪とか、声とかが、今綿密に積み立てている経験に匹敵するだけの情報量を含んでいる気がしてならない。
とくに美少女というものが何なのか、というのが昨今の問題だ。
俺が読む本が悪いのかもしれないが(といっても最近はめっきりラノベを読んでないが)、女性が出れば必ずといっていいほど外見補正が入っている。やれ、イケメンだとか美少女だとか顔立ちが整っているだとかモテそうな顔だとか。俺もよく使う。文芸部の評論会では、指摘されたこともある。(美形の飽和だ!)
そこまで氾濫してしまうと、却ってイメージがつきにくかったりする。
美男子というものは、同じ男として非常にイメージがつきやすい。瞳がくっきりとしていて、瞼の線がかっちりしている。輪郭は作ったように明瞭で、口元は温和か引き締まっていて色が良い。
正直想像の面での補正が大きいものの、しかしこれといって、喚起するのに難くない。
しかし、美少女というものは、知識があまりないのでピンとこない。絵だろうが、である。
それで数多の人が通う廊下を通るときは、眼を配らせる。「秀麗」というものを探すためである。
数というものはくっきりとモデルを提供してくれる。軽く200は通り越すであろうすれ違いを眺めること、おおよそ美麗と醜態という区別がつく。
というのは、性格が確実に現れるという点である。これは女に限ったことではないが、それでも女は顕著な気がする。
そんなんを続けるうちに、ぱっと見るだけで、こんな声で笑いそうだな、という風な邪推ができるようになった。酷い暇つぶしである。
そういう風にして得た邪推という邪推を感覚的に、無意識に行った上でふるいにかけていくと、クラスで一人残った。
確実に美少女だと思う。卑屈でもなければ純真でもない曖昧で的確なポイントを得ている。
非常に柔らかい。全体的なイメージはそれに尽きる。
目じりが柔らかい、瞳が柔らかい、髪も柔らかい、輪郭が柔らかい、声は柔軟に耳に届く、性格も柔らかい。
男の堅牢さと女の柔軟さ。なんだか、俺の中では合点がいった。

でもさー、正直これって好みなんじゃない?って思ったのは今。
つまり、ああいうのがタイプなのさ、って誰かがりんご食いながらごろ寝して言ってる。──暗喩を取り除いて説明すると、責任を放棄した言い方である。
何でそんな周りくどいことを、ってそりゃ、好きなタイプなんて、こんな堅苦しく考えるものなんじゃない。直感的にぱっと体が軽くなったような期待感を抱くような、それを屈託なく考えるものである。
そんでもって、美少女像というものが、結局は人による、という結論を得てげんなりとした。


テスト期間の晩に何を考えてるんだ俺は。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/23(水) 23:48:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<no title | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/833-16f3c19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。