弐つの遊戯卓

【五年目】 毎日頑張ってやりくりしていきてます。物書き、音ゲーと合唱やってます。最近DTMとか始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大いなるクソったれだ

抽象的な概念が強調されたときに、強く意識するのは愚鈍だろう。
頑張れと言われて、頑張ろう、これは重要だと言われて、重要だ、お前は賢いと言われて、俺は賢い、と意識するのは甚だ愚かしい。そういうことは意識するものでも、指摘されて具現するものでもない。
しかし、努力が無いと言われたら落ち込むし、それほど重要でもないと言われたら無視するし、お前は馬鹿だと言われれば塞ぎこむ。ネガティブなことを言われると、人は急激に自覚する。
何故かって、そりゃ当然のことだと思い込んでるからだろう。
頑張ってて重要で賢いことが、無意識のうちに第一前提として刷り込まれているから、その逆を言われると腹立たしく悲しい。人に良く思われて当然だと思い込んでいるから。
その当然が、打ちひしがれたときに人は世界を断絶する。
断絶してから長らくしたら、彼は何を思うのだろうか。
愁いか、満足か。
愛惜しむか、ほくそ笑むか。
関係が無くなったとき、ようやく気づくものがある。常に隣にあったが、ふいに無くなってしまってから分かるものがある。どうして帰る家がある、どうして周りに人がいる、どうして俺はこれをしているんだ、どうして俺はこれをしなければならないんだ……。
無くなってしまったものに対しての追慕がないなら、それは君にとって必要のないもの。
狂おしいくらい欲すのならば、それは君が本当に必要なもの。
どれがどっちなのかは、失ってみないと分からない。
だから、人はそれがあることを当然と思い込む。必要なのか不要なのかを知るのが怖いから。
やがて、何故当然と思い込むのかを忘れていく。
人がいつか、自分を賢いと思わなくなったとき、君は賢いと言われても不思議な顔をするだろう。
真理はいつも過去の自分に存在する。それを確認できるのは未来の自分しかいない。
芽と目に挟まれた今の自分が見ることができるのは、ない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
  1. 2011/07/10(日) 22:11:47|
  2. 尋常の日記・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遠くへ飛びたいよああああああああああああ | ホーム | 関係ないって割り切った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ka24to.blog19.fc2.com/tb.php/953-5b3769ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可児 珊士

Author:可児 珊士
大学生。
元音楽(合唱)部員。旧BASS。
ギターが欲しい年頃。
作家志望。
本陣:埼玉
カラオケ行くと声的な意味で別人化。

アイコンは柊氏より頂きましたΣd(゚∀゚d)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。